服に付いた汗の臭いや黄ばみを消す方法

脇汗を気にする男性

「なんとなく汗臭い気がする。」
「脇や襟まわりの黄ばみが気になる。」

毎日ちゃんと洗濯しているのにこんなことありませんか?
今回はそんな服についてしまってなかなか取れない、汗の臭いや黄ばみを消す方法をご紹介します。

スポンサードリンク

汗の臭いの原因

まずは、なぜ洗濯をしたのにもかかわらず汗の臭いや黄ばみが残ってしまうのか、原因をご説明しましょう。汗が臭ってしまう原因は、肌に住み着いている常在菌という細菌にあります。

通常は肌を正常に保つために働いてくれている菌ですが、これが汗と共に服に付き、服に付いた汗や皮脂、皮膚などのタンパク質を繊維上で分解しているときに出る臭いが俗に「汗臭い」といわれる臭いです。

服に付いた菌は時間とともに増殖し、繊維上でどんどん皮脂などを分解してどんどん臭いを放っていきます。つまり、洗濯の際に洗い残ってしまった皮脂などの汚れがそもそもの原因なのです。

また、洗い残った皮脂をそのままにしてしまって出来たのが黄ばみです。

皮脂などをしっかり落とす方法

臭いに顔をしかめる女性

上記のとおり、臭いや黄ばみを落とすには皮脂やタンパク質の汚れを繊維上に残さないことが大切です。では、これらを落とす方法をいくつかご紹介します。

粉末洗剤を使う

今の洗剤の主流は液体洗剤ですが、この液体洗剤のほとんどが弱酸性や中性です。皮脂やタンパク質の汚れは弱酸性なので、これを落とすには弱アルカリ性である粉末洗剤を使うのがお勧めです。

菌のえさとなる汚れをしっかり落とすことで、臭いも防げますし黄ばみも防ぐことができます。ただし、粉末洗剤は液体洗剤に比べて洗浄力が強く色落ちがしやすくなりますので、色柄物やデリケートな服の洗濯には使用を避けたほうがいいでしょう。

粉末洗剤の溶け残りが気になるという方は、下記のことに気を付けていただくと溶け残りしにくくなります。

  • 洗剤を洗濯槽内に振り掛けるように入れる。
    または洗剤をあらかじめ水で溶いてから洗濯槽に入れる。
  • 洗濯物がすべて水に浸かるようにする。
  • 洗濯物を洗濯機に詰め込みすぎない。(7~8分目程度にする)
  • お風呂の残り湯を使うなど、水温を高くする。

水温を高くすることで洗浄力が増し汚れが落ちやすくなるので、特におすすめです。

漂白剤を使う

粉末洗剤ではいまいち効果を感じられなかったという方には、漂白剤で予洗いを試してください。

漂白剤には塩素系と酵素系の二種類がありますが、塩素系は漂白力が強い為、色柄物やデリケートな素材のものに使うと色落ちしたり服を傷めてしまうことがあります。塩素系を使う場合は、白物のみに限定しましょう。

今回は酵素系のものを使った方法をご紹介します。酵素系の漂白剤にも液体タイプと粉末タイプの二種類がありますが、粉末タイプのほうが漂白力が高いのでお勧めです。

色柄物などに使う場合は念の為、目立たないところに水に溶いた漂白剤を付けて色が落ちないかテストしてから行いましょう。

では、手順はこちらです。

手順1

バケツなどに張った40~50度のお湯に漂白剤を規定量入れて溶かす。  

手順2

洗濯物を漬けて30分~1時間漬け置きする。  

手順3

通常通り洗濯をする。

漬け置きするお湯の温度は高ければ高いほうが効果は期待できますが、その分生地へのダメージは多少増えてしまいます。

重曹を使う

漂白剤に漬けるのは心配という服にお勧めの方法が、重曹水に漬けるというものです。重曹で臭いを中和でき、服を傷める心配もありません。

手順はこちらです。

手順1

水1ℓに小さじ5の重曹を溶かし、重曹水を作る。  

手順2

重曹水に洗濯物を漬けて30分ほど漬け置きする。  

手順3

通常通り洗濯をする。

漂白剤ほど強力な方法ではありませんが、デリケートな生地の服などには良い方法です。

お酢を使う

お酢にも臭いを中和する作用があるので便利です。重曹は買ってもほかに使い道が思いつかない…といった方でも、お酢なら調味料として常備されている方も多いと思います。

手順は以下の通りです。

手順1

水200mlに大さじ2のお酢を溶かす。  

手順2

洗濯物を漬けて30分ほど漬け置きする。  

手順3

通常通り洗濯をする。

お酢は柔軟剤代わりにもなりますし、洗濯後の服からお酢のにおいがすることもありません。また殺菌効果も期待できます。こちらも漂白剤を使うのがためらわれる服に良い方法です。

ミョウバンを使う

ミョウバンにも臭いを中和する働きがあります。また、ミョウバンもお酢と同様殺菌効果が期待できます。ただし、ミョウバンは水に溶けるのに時間がかかる為、あらかじめミョウバン水を作っておいて下さい。

ミョウバン水の作り方はこちら。

手順1

500mlの空のペットボトルに水道水と15gのミョウバンを入れる。

手順2

ペットボトルを良く振る。

手順3

2~3日冷暗所に置いてミョウバンをしっかり溶かす。

水道水で作ることで一カ月ほど保存が効きます。ミネラルウォーターでも作ることができますが、塩素の殺菌効果がない為その分保存期間は短くなります。 このミョウバン水を洗濯のすすぎの際に50~100ml洗濯機に入れるだけです。

柔軟剤の投入口にあらかじめ入れておくのがお勧めです。柔軟効果も期待出来、タオルなどがふんわりとし吸水もよくなります。ただし普段香り付きの柔軟剤を使っている方は、柔軟剤とミョウバン水を一緒に入れると柔軟剤の香りが薄くなることがあります。

香りを楽しみたい場合は、別で洗濯をされるのがお勧めです。また、洗剤と一緒に入れてしまうと中性化してしまい洗浄力や消臭力が落ちてしまう為、洗濯機に入れる際は必ず別々に入れるようにしましょう。

スポンサードリンク

予防方法

Tシャツなどの洗濯機で洗えるものは自宅で洗濯できますが、スーツや学生服などは洗濯機でじゃぶじゃぶ洗うわけにはいきませんよね。普段のお手入れにひと手間加えるだけで臭いを予防できますので、ご紹介します。

スチームアイロンを当てる

脇などの臭いや黄ばみの気になるところにスチームアイロンを当て、蒸気で殺菌することで菌の繁殖を防ぎます。スチームアイロンを当てた後は、陰干しをして湿気をしっかり飛ばしましょう。

重曹水、お酢、ミョウバン水をスプレーする

上記でご紹介した重曹水、お酢、ミョウバン水をそれぞれの方法で作り、スプレー容器に移して脇などの臭いや黄ばみの気になるところにスプレーして陰干しします。 ミョウバン水は無臭で殺菌効果もある為、スプレーとして一番使いやすいと思います。

汗脇パット

臭いや黄ばみのそもそもの原因である皮脂やタンパク質の汚れを服に付けないようにする為、汗脇パットを付けるというのもお勧めです。使い捨てのタイプや下着に付ける布製のものが市販されています。また男性であれば肌着を着るというのもいいですね。

防水スプレー

脇などに服の内側から防水スプレーをかけておけば、服に汗が染み込むことはありません。ただし、この場合は下着や肌着などで汗が吸収できるようにしておく必要があります。

ご自宅で洗えない場合

クリーニング店のハンガー

スーツや学生服などはスプレーなどでいくら予防策を打っていたとしても汚れを落とせているわけではない為、時間とともに臭いや黄ばみが気になるなど、完全にそれらを消すことはできません。

その為、定期的にクリーニング店へ持ち込むことをお勧めします。ただし、スーツや学生服のクリーニングでよく行われるドライクリーニングでは、皮脂やタンパク質の汚れを落とすことはできません。

これらの汚れを落とすにはウェットクリーニングを指定する必要があります。ただしこの方法は元々ドライクリーニングを推奨しているものに水を使うので、それなりの技術を要します。その為、信頼できるクリーニング店を探してお願いするようにしましょう。

まとめ

せっかく洗濯をした服から嫌なにおいがするのは気分が下がってしまいますよね。ちょっとしたひと手間や普段使っているものを変えるだけで、お気に入りの服をさわやかに着ることができます。どれもとても簡単な方法ですので、ぜひ試してみてください。

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ