一軒家のゴキブリ対策!侵入経路を塞げ!

一軒家

一軒家は、マンションなどに比べてゴキブリが出やすい環境です。ゴキブリ対策をするには、家の構造や仕組みが密接に関わってきます。むやみにゴキブリ対策をしても、新たなゴキブリがどんどん増える可能性もあります。

ここでは、一軒家のゴキブリ対策として、侵入経路や対策のポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

一軒家にはゴキブリが侵入しやすい?

建築段階で作られる排水管用などの穴は、もともと少し大きめになっています。排水管を通した後に、隙間がきちんと埋められていれば問題ないのですが、そのままになっているケースもよくあります。

ゴキブリは、数ミリ程度の穴があれば簡単に侵入することができるので、これらの隙間が立派な侵入口になってしまいます。

隙間がある場所
  • キッチン・シンク
  • トイレ
  • お風呂
  • エアコン
  • 洗濯機

これらの穴を塞ぐことが、ゴキブリの侵入を防ぐことにつながります。まずは、隙間がないかどうか確認しましょう。もし隙間を発見したら、テープなどで塞ぐことをオススメします。

一軒家は床下も危険?

床下

家の床下には、基礎となる土台があります。床下は、風を通す必要があるため、床下自体を塞いでしまうわけにはいきません。しかし、この床下が、ゴキブリの住処になっていることがあります。

排水管の隙間からゴキブリが侵入してきている場合、床下からやってきていると考えられます。

排水管の隙間をしっかり塞げれば、床下からの侵入を防ぐことができますが、もし、隙間の場所がわからない場合は、床下の点検口に毒エサタイプの駆除剤を設置しておくと、効率よくゴキブリ駆除ができます。

毒エサタイプの特徴や使い方はこちらの記事をご覧ください。

ブラックキャップによるゴキブリ対策

ゴキブリキャップによるゴキブリ対策

スポンサードリンク

一軒家のゴキブリ対策のポイント

侵入してくる穴をできる限り塞ぐ

一軒家は、隙間が特に多いので、このポイントが一番難しく、重要でもあります。新しい家にゴキブリがもともと住んでいるわけではないので、ゴキブリが出るということは、どこかから侵入してきたということです。

排水管の隙間は特に一軒家では注意すべきところですが、それ以外にも網戸の隙間や玄関など、侵入する可能性のある場所はたくさんあります。穴を塞ぐのが難しい場所は、忌避効果のあるハーブなどを置くと侵入を防ぐことができます。

使っていない部屋にも注意する

一軒家の場合、アパート等に比べてあまり使用していない部屋がある場合が多いです。あまり使われない部屋は、空気の入れ替えも少なく、湿気が溜まってしまいます。

ゴキブリは、湿度が高い場所を好むので、使っていない部屋の家具の裏などに棲みつく可能性が考えられます。あまり使わない部屋には極力家具を置かないようにしたり、換気に心がけることが、ゴキブリ対策につながります。

ペットのエサは要注意

一軒家では、ペットを飼っている人も多いでしょう。ゴキブリは雑食なので、人間の食べ残しや調味料なども格好のエサになりますが、意外と忘れがちなのがペットのエサと水です。

エサをすぐに食べなかったからといって、そのまま出したままにしておくと、そのニオイにつられてゴキブリが寄ってきます。

普段清潔を心がけているはずなのに、ゴキブリが出るという場合は、ペットのエサや水が原因となっている可能性があるので、エサの管理にも注意を払いましょう。

庭があるならハーブを育てるのがオススメ

一軒家だと、庭のある家が多いと思います。しかし、その庭がゴキブリの発生源となってしまう可能性があります。湿っぽい立地に建っている場合は、なおさら注意が必要です。そこで、庭でハーブを育てることをオススメします。

ミントやレモングラスなどゴキブリが嫌うハーブは種類あるので、それを育てれば忌避効果が期待できます。

ハーブによるゴキブリ対策についてはこちらの記事を参照して下さい。

ハーブによるゴキブリ対策!効果的な使い方とメリット

【まとめ】ゴキブリ退治!部屋から永久追放する方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ