アパートのゴキブリ対策!出やすい環境と侵入を防ぐ方法

アパート

アパートにおいても、一軒家ほどではないですが、ゴキブリは出没します。では、アパートのゴキブリ対策は、どのようなところに気をつければいいのでしょうか?

いくつかのポイントを抑え対策をすることで、ゴキブリに遭遇しない環境を作ることができます。ここでは、アパートのゴキブリ対策として、ゴキブリの出やすい環境や侵入を防ぐ方法をご紹介します。

スポンサードリンク

アパートでゴキブリが出やすい環境とは?

木造造りのアパート

木造のアパートは、鉄筋コンクリートの建物などに比べて虫がつきやすくなります。なぜなら木材が湿気を吸うため、ジメジメとした虫が好む環境となるからであり、もちろん高温多湿を好むゴキブリの発生率も上がります。

また、木造の建物は隙間ができやすいため、ゴキブリが容易に侵入できてしまうという要因にもなっています。

1階に住んでいる

2階以上でもゴキブリが出る可能性はもちろんありますが、やはり1階が一番危険です。1階は湿気も溜まりやすく、ゴキブリにとって最適な環境になりやすいからです。

飲食店やゴミ置き場の近く

飲食店は、ゴキブリのエサとなるものが豊富にあるため、どうしてもゴキブリの発生率があがります。さらに、ゴミ置き場などがすぐそばにある場合も、ゴキブリの侵入率が上がります。生ゴミの匂いになどにゴキブリが寄ってきてしまうためです。

これらに当てはまる場所に住んでいる場合は、ゴキブリ対策をよりしっかり行うことが重要です。

アパートでゴキブリが侵入してくる場所はどこ?

玄関

人が出入りし、扉の開け閉めが多いので、ゴキブリの侵入を許す可能性があります。もちろん開けっ放しにしていると、その分侵入してくるリスクが上がります。

また、玄関の扉に備え付けられている郵便受けに郵便物をためたままにしておくと、その隙間から侵入してくることもあります。

ベランダ

洗濯などで、ベランダの窓を開けている時に侵入してくることがあります。「網戸をしているから大丈夫」と思っていても過信は禁物です。窓枠との網戸との間に隙間があいていたら、そのわずかな隙間からも侵入する可能性があります。

また、隣の家がゴキブリ対策をしていないと、隣の家からベランダ伝いにやってくる場合もあります。ベランダに植木や植物を置いている場合は、さらにリスクが上がります。

通風口

見落としがちが存在ですが、大抵アパートの各部屋にある通風口もゴキブリの侵入口となります。たいした隙間ではないですが、ゴキブリが侵入するには十分です。

換気扇

ここも見落としがちな場所になりますが、台所やお風呂、トイレなどの換気扇からも侵入されてしまいます。換気扇はしっかり外とつながっている場所なのです。

エアコン周辺

エアコンを使っていない時に、放水ホースや室外機のところから侵入してくる場合があります。

さらに、エアコン用のホースを通す穴が大きめにつくられていることが多く、室外、室内ともにその隙間が埋められていない場合は、そこからも侵入の可能性が考えられます。

排水管や排水口周辺

排水管が、水の溜まる場所(トラップ)のない形状のものだと、立派な侵入口になります。さらに、エアコンのように、排水管を通す穴の周りにも隙間がある可能性があります。

お風呂の排水口も、水が溜まらないタイプの場合は、侵入してくることも考えられます。

キッチンやシンク収納の中

キッチンの扉の中が建物の基礎部分と直接つながっている場合があります。ベニヤ板などで仕切られているタイプは、特に隙間ができやすくなります。

建物の基礎部分にゴキブリが住み着いている場合もあるので、隙間があるとそこから室内に侵入してくることにつながります。

人が出入りする場所の侵入対策は?

ハーブ

玄関やベランダなどは人も行き来するので、塞いでしまうわけにはいきません。ドアや窓をできるだけ開けっ放しにしないということも重要ですが、どうしても少し開けておきたい時もあります。

そこで便利なのが、ハーブなどのゴキブリに対して忌避効果のあるものを使う方法です。実際にハーブの植物を置いてもいいですし、ハーブを原料としたゴキブリよけの商品などいくつも市販されています。

ゴキブリが嫌いなニオイで近寄らせないようにすれば、侵入のリスクを減らすことができます。

ハーブによるゴキブリ対策!

さらに、外用の毒エサタイプの駆除剤でやっつける方法も効果的です。外に駆除剤を置ける環境であれば、より確実に仕留めることができます。

コンバットによるゴキブリ対策

ゴキブリキャップによるゴキブリ対策

スポンサードリンク

外と通じる穴からの侵入対策は?

前述したように、建物には通風口やホースの隙間など、ゴキブリの侵入を許す場所がいくつかあります。

使っていない場所や塞いでも問題ない場所はしっかりと塞ぎ、またどうしても塞げないような場所などには、アミなどでネットを張るかテープで隙間を塞ぐことが重要です。

隙間を塞ぐアミやテープなどは100均などでも売られているので、上手に活用しましょう。網目の細かいストッキングを使うのも、簡単で効果的です。換気扇は塞ぐわけにはいきませんので、換気扇カバーなどのフィルターをつけると安心です。

また、少し抵抗があるかもしれませんが、換気扇を常時つけっぱなしにしておくという方法も有効な対策の1つになります。

※こちらの記事では部屋からゴキブリを永久追放する方法をまとめてご紹介しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ