首を寝違えた時の対処法 病院は何科に行けばいいの?

首を寝違えた女性

首が痛くて朝目が覚める事ってありませんか?

そんな時は目覚めてからが大変ですよね。首が固まったようになって他の方向に動かせなくなってしまいます。寝違えたときにどのように対処すればいいかを、予防法と併せてご紹介します。

スポンサードリンク

そもそも寝違えとはどんな状態になるの?

不自然な姿勢で寝ていたり、長時間同じ姿勢で寝ていたりすることで起こります。不自然な姿勢や、同じ姿勢が長時間続くと「すじ」に強い負担がかかり、捻挫や炎症を引き起こします。この肩や首に発生した捻挫や炎症の事を寝違えと言います。

寝違えになったら・・・

首を冷やす

寝違えになったら早く治したいですよね。自宅でできるケアをご紹介します

とにかく冷やす

寝違えた時など温めて良いのか冷やして良いのか悩みますよね。寝違えは、筋肉が炎症を起こしているので最も大切なのは冷やす事です。 痛みのある部分を冷やすと効果的です。

感覚が無くなるまで冷やし元に戻るまで休む、を繰り返します。保冷材などがなければ冷シップを貼るのも効果的です。間違って温シップを貼らないようにお気を付けください

できる限り安静に

首を痛い方向に動かすと早く治るような気がしますが、それは間違いです。無理に動かすと悪化してしまいます。 首、肩まわりの筋肉が正常に動くことが出来ず「筋肉の非常事態」に陥っているので ゆっくり休ませることが大切です。

マッサージしてはいけない

マッサージをすると早く治りそうなイメージがありますが寝違えは筋肉が緊張状態にあるのでは無く炎症を起こしているので、患部を刺激すると炎症を悪化させるので長引く可能性があります

スポンサードリンク

寝違えた時にしてはいけない事

お風呂に入るなど体を温める事は控えましょう。痛みが無くなって来たら普通に入浴しても構いませんが、痛みがある時はお勧めしません。アルコールの過剰摂取も体が温まる原因になるので控えるか、程々にしておく方が良いでしょう。

寝違えが起きやすい時期は?

飲み会

寝違えに季節や時期は関係ないと思っていませんか?実は寝違えが起こりやすい時期があるんです。忘年会や新年会の多い「12月~1月」と送別会や歓迎会の多い「3月~4月」が要注意です。

飲み会などでお酒を飲む機会が多く、酔ったまま寝ると寝返りをうつ回数が少なくなり寝違えが起きやすくなります。

何科に行けばいいのか?

寝違えになっても何科に行けば良いのか解らないからほっておく。なんて言っていませんか?そんな時は迷わず整形外科に行って下さい。その痛みが何処から来ているのか色々検査をしてくれます。

子供の場合は小児科に連れていくのが良いでしょう。子供はうまく説明できません、他の病気の可能性もあるので小児科で見てもらう方が安心です。

寝違えの予防方法

枕

寝違えを予防することは出来るのでしょうか?結論から言うと、出来ます。

  • 枕を変える、枕が硬かったり高すぎるのも寝違えの原因です。
  • 首のまわりを冷やさない、急激に冷やす事も寝違えの原因になります。
  • 筋肉が固まらないように注意する、普段筋肉を使わないと少しひねっただけでも痛くなることがあるので、日ごろからある程度の筋肉を使うよう心がけてください。 お風呂上りにストレッチをする習慣をつけると良いでしょう。
  • 起き方を変える、朝目覚めてすぐに飛び起きていませんか?首から動かさず足から動かすように起きる。勢いや反動で起き上がらずゆっくり起きる

実はストレスも寝違えの原因に

首や肩の炎症が寝違えの原因ですが、それだけではないんです。精神的なストレスも寝違いの原因になる事があります。ハードスケジュールが続いたり気になる事があると神経が昂り身体が緊張しやすい状態になっています

そんな緊張が続くとリラックス状態に切り替える事が出来にくくなり、寝ている間も緊張が続き寝違えやすくなります。忙しい真っただ中にいるとリラックスするのも難しい事かもしれないですが、一日の最後はリラックスして眠りたいですね。

寝違えは長引くと辛いですよね。正しい対処法や予防法を学んで早く回復できるよう心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ