排水口のぬめりを掃除してヌルヌルしないようにする方法

排水口のぬめり

あまり見たくないし掃除もしたくないけど、放っておくと臭いが出たり詰まったりしてしまうのが排水口。

今回はこの排水口のぬめりを取り、ヌルヌルが再び忍び寄ってくるのをシャットアウトする方法をご紹介します。カンタンな方法から体に優しい方法、目から鱗のような方法もありますので是非参考にしてください。

スポンサードリンク

まずは排水口のぬめりの正体を知ろう

みなさん、あのヌルヌルの正体は何かご存知ですか?

実は細菌やカビなどといった微生物などのかたまりなのです!排水口には細菌にとって必要な水分は常にある状態。そしてエサとなるものは、キッチンであれば油や食べ物の残りカス、洗剤などがそれにあたります。

お風呂場や洗面所なら髪の毛、皮脂の汚れや石けんカスなどがそう。排水口をキレイにするには、雑菌を除菌してこれらのエサとなるものを洗浄してしまえばいいのです。簡単にできそうですよね!

排水口のぬめりを綺麗に掃除する方法

それでは実際の掃除方法についていくつかご紹介します。是非今日からトライしてみてください。

毎日こまめにゴシゴシする

歯ブラシなどでこする習慣をつけておくと、いつもピッカピカの排水口。
こする時にクリームクレンザーなどを使ったり、時々漂白剤などをかけておくとより効果的です。

手っ取り早く専用の洗剤でお掃除

パイプ専用の洗浄剤がたくさん販売されています。液体、粉状、錠剤、など種類も豊富。排水口に入れてあとは水で流すだけなので簡単に掃除ができます。

ここで優れものをひとつご紹介します。
その名も「ピーピースルー」!少しふざけたネーミングだと思うかもしれませんが、実はプロ御用達のすごい威力。(取り扱いには注意が必要です。)

排水口の詰まりや臭いで困ったら使ってみてください。

市販のぬめり取り漂白剤を排水口に置く

排水口の上から取り付けるものと、排水口の中に吊るすものがあります。水を流すたびに洗剤が流れるので、掃除の手間も省けいつも清潔が保てます。

体と環境に優しい重曹とクエン酸を使う方法

重曹とクエン酸、どちらも100均一のお店などで購入できます。やり方は1カップの重曹とその半分の量のクエン酸を混ぜ、排水口にかけて少し水をかけます。すると発泡してくるのでそのまま1時間くらい放置。

水かお湯で流して落ちなかった汚れは歯ブラシなどで落としましょう。クエン酸の代わりに酢を使っても効果は同じです。ただ、黒くこびりついてしまったものは落ちないこともあります。
ついでに黒カビがついてしまった時の処理の方法もご紹介しましょう。

排水口まわりの黒カビをキレイに落とす方法

片栗粉と塩素系漂白剤を同じくらいの量だけ容器に入れて混ぜてペーストを作ります。塗っても落ちてこないくらいの固さに仕上げてください。これを黒カビに塗って10〜30分くらい置いて水で洗い流してください。キレイに落ちますよ!

スポンサードリンク

排水口に二度とぬめりを発生させないアフターケアについて

せっかくキレイにした排水口。雑菌を繁殖させない環境を維持するようにしましょう。

アルミホイルをくしゃくしゃっと丸める

騙されたと思ってやってみてください。使うものはアルミホイルのみ。くしゃくしゃっと丸めて排水口に入れておくだけです。(このとき排水管に落ちないようにくれぐれもご注意を)これはアルミホイルが水に触れると雑菌が嫌がる金属イオンを発生させるからです。効果のほどをお試しください。

銅を使う

銅には細菌などの繁殖を抑える効果があります。ストレーナーやゴミ受け、三角コーナーなどを銅製のものに替えることでぬめりを防ぐことができます。

キッチンを使い終わったら最後にぬるま湯を流す

排水口に油が残ったままだと冷えて固まってしまうので、ぬるま湯できれいの流してしまいましょう。油のかたまりが増えていくと雑菌もどんどん繁殖してしまいます。

クエン酸効果でぬめりを寄せ付けない

スプレー容器などにクエン酸か酢を水で溶いたものを入れておいて、こまめに排水口にスプレーすることで水垢やぬめりを抑える効果があります

まとめ

ぬめり対策には、やはりこまめなお手入れが重要です。ゴミ受けのゴミはこまめに捨てて汚れを溜めないようにすることでも効果はあります。また定期的に排水口の汚れを落とすのも重要なポイント。洗剤もいろいろな種類のものがあります。

汚れをキレイに落とした後は、雑菌を繁殖させないアフターケアをしましょう。こうした少しの手間で二度とぬめりのない環境を作ることができます。是非今日から始めてみてください!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ