トイレのゴキブリ対策 ゴキをトイレに流したら?

トイレのゴキブリ対策

トイレも十分ゴキブリが出現する場所です。狭いトイレという空間でゴキブリと遭遇する恐怖を味わうことがないように、トイレのゴキブリ対策は重要です。

ここでは、トイレのゴキブリ対策として、その侵入経路や対策方法、ゴキブリをトイレに流してもいいのか等をご紹介します。

スポンサードリンク

トイレへのゴキブリの侵入口はどこ?

換気口か小窓

トイレには、大抵換気口か小窓のどちらかがついています。そこからゴキブリが侵入してくる可能性があります。換気口を完全に塞いでしまうと、換気ができなくなってしまうため、フィルターを貼るのが効果的です。

ホコリも一緒にとれるので、オススメです。小窓に網戸がついていれば、必ず網戸は閉めておきましょう。網戸を隙間なくしっかり閉めることで、ゴキブリの侵入を防ぐことができます。

もしない場合は、窓枠のタイプによっては後からつけることもできますので、確認のうえ網戸を設置しましょう。窓の開けっ放しはゴキブリの侵入率を高めますので、絶対にやめましょう。

便器との接着部分

便器と床の接着されている部分に、わずかな隙間ができていることがあります。もちろん家によっては、きちんと接着されていて、隙間が空いていない場合もあります。

ゴキブリは、数ミリでも隙間があれば侵入してきますので、家のトイレに隙間がないか確認しましょう。もしわずかでも隙間があった場合は、隙間テープ等を使って塞いでおくと安心です。

トイレへのゴキブリの出入りを防ぐには?

トイレのドアの隙間

ゴキブリがすでに入り込んでしまっている場合は、ほかの部屋からトイレに逃げ込んでくることあります。トイレは、暗く湿気もあるところなので、ゴキブリが逃げ込む可能性の高い場所です。トイレのドアには、下に隙間が空いている場合があります。

そこから、ゴキブリが行き来する可能性があります。ゴキブリ対策として、隙間テープで塞いでおけば、他の場所にいたゴキブリがトイレに侵入してくることもなくなります。

ただ、トイレと他の場所の空気の入れ替えがほとんどなくなるので、冬はトイレの寒さが気になる場合があります。

スポンサードリンク

その他のゴキブリ対策方法は?

トイレの清潔を心がける

すべての場所で言えることですが、常に清潔に保っていることが大切です。特にトイレは汚れやニオイが残りやすい場所です。不潔になればなるほど、ゴキブリが出現する可能性も高くなってしまうので、定期的にトイレ掃除をするようにしましょう。

ゴキブリの嫌うニオイをつけたシートなどを使って掃除をするのもオススメです。

芳香剤として、ゴキブリが嫌いなニオイを使う

トイレに芳香剤を置いている家も多いと思いますが、その芳香剤をゴキブリが嫌いなハーブなどの種類にすれば、忌避効果が期待できます。

ゴキブリが嫌いなニオイについては、ハーブによるゴキブリ対策や、アロマによるゴキブリ対策のところで詳しくご紹介しております。

アロマによるゴキブリ対策!

ハーブによるゴキブリ対策!

ゴキブリをトイレに流してもいい?

ゴキブリを退治した後に、その死骸をトイレに流す人もいるかもしれません。基本的に、トイレにはトイレットペーパー以外は流さないこと、という決まりがありますが、ゴキブリを流してしまっても問題はないようです。

ただ、100%詰まらないとは言い切れないので、心配な人はやめておきましょう。もし、流す場合は、そのまま流してもよいですが、トイレットペーパーに包んで流すとよいでしょう。

間違っても、新聞紙や包装紙などに包んだまま流さないようにしてください。トイレに流して、トイレから大量発生したりしないの?と心配な人もいるかもしれませんが、その心配はないので安心してください。

※こちらの記事では部屋からゴキブリを永久追放する方法をまとめてご紹介しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ