ベランダや植木のゴキブリ対策

ベランダ

ベランダや植木もゴキブリが生息しやすい場所です。家庭菜園をしていたり、ベランダに植木を置いたりしていたら要注意です。ここでは、ベランダや植木のゴキブリ対策として、その原因と対策、駆除方法等をご紹介します。

スポンサードリンク

ベランダや植木にゴキブリが生息しやすいのはどうして?

ベランダや植木にゴキブリが生息しやすいのには、以下に示すようにそれなりの原因があります。

ゴキブリのエサになるものがたくさんある

ゴキブリは雑食なため、土や肥料、植物自体もエサにしてしまいます。特に、肥料にはゴキブリが寄ってきやすくなると言われています。

ベランダに何も置いていなければ、ゴキブリの発生は低くなりますが、プランターなどで植物を育てていると、ゴキブリがやってくる可能性が上がります。

湿気がある

ゴキブリは乾燥を嫌い、湿気を好みます。ベランダに植木などがある場合、水やりによって適度な湿気が保たれます。そのため、ゴキブリが住み着く可能性が高まります。

さらに、水も補給できる状態になるので、その分ゴキブリにとっては住みやすい環境になってしまいます。

身を隠す場所がある

上記にゴキブリは湿気を好むと記しましたが、さらに、狭くて暗いところも好みます。そのため、鉢植えの下や、葉っぱの下は過ごしやすい場所になります。エサもあって、身を隠すことができれば、そこに住み着く可能性も高まります。

自由に侵入できる

ベランダや外の植木には、わずかな穴などから侵入する必要がなく、すぐにたどり着くことができます。室内のニオイは、外にいたら気づきにくいですが、ベランダのにおいはすぐに気づきます。

侵入するリスクもなく、エサと住みやすい環境が用意されていたら、ゴキブリが住み着きやすい場所になるというのも納得です。

ベランダや植木にいるゴキブリの駆除方法は?

植木鉢

屋外用のゴキブリ駆除剤を使う

ゴキブリ駆除剤は、基本的に室内用にできていますが、屋外向けに作られたものも売られています。屋外用のものは雨や風に強い構造になっているため、ベランダに置くには屋外用のゴキブリ駆除剤を使うと効果的です。

ゴキブリキャップによるゴキブリ対策

ホウ酸を使う

ゴキブリ駆除剤に食いつかない場合、ホウ酸をそのままベランダにまいておくのも効果的です。ホウ酸がゴキブリの体に付着するだけで効果を発揮するので、ベランダを移動する時にやっつけることができます。

また、ホウ酸を摂取しやすくしたジュースやゼリー状のものを使うと、幼虫や小さなゴキブリにも効果があります。簡単に作ることができるため、試してみるのもいいかもしれません。

ホウ酸ダンゴによるゴキブリ対策

スポンサードリンク

ベランダや植木での効果的なゴキブリ対策は?

ベランダにいるゴキブリを駆除した後は、その後発生しないための対策が必要です。具体的にどのような対策が可能かご紹介します。

ゴキブリが嫌がるにおいのハーブも一緒に育てる

ベランダでの家庭菜園や、プランターで植物を育てるのをやめるのが最もゴキブリ発生のリスクを減らせるのですが、せっかくやっているのをやめるのは、よい選択肢とはいえません。

そこで、ゴキブリが嫌がるハーブを一緒に育てることよいでしょう。ハーブにはゴキブリのほかに、様々な虫を寄せ付けない効果もあるのでオススメです。>

ハーブによるゴキブリ対策

マンションやアパートの場合は、管理人に相談する

一軒家の場合は、自ら対策が必要ですが、共同住宅に住んでいる場合、管理会社が対策してくれる場合もあります。

マンションなどの場合は、共有設備からゴキブリが発生している場合も多いので、いくら自分で対策をしてもなかなか減らないこともあります。

あまりにもゴキブリの発生がひどかったり、あきらかに隣の家が発生源になっていたりする場合は、まずは管理会社などに相談してみましょう。

※こちらの記事では部屋からゴキブリを永久追放する方法をまとめてご紹介しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ