喉のイガイガによる咳を止める方法

喉がイガイガする男性

朝起きたら喉がイガイガして咳が止まらない、気づいたらなぜか喉がイガイガしている、なんて経験良くありますよね。

なぜ咳が出るのか?喉がイガイガするのか?その原因と咳を止める方法をご紹介します。

スポンサードリンク

イガイガの原因って何?

そもそも、喉がイガイガする原因って何なんでしょう?

空気の乾燥

空気が乾燥すると喉の粘膜から水分が奪われ不快感が生じ喉を保護する機能が弱まりイガイガの原因になります。

たばこ

たばこにはニコチンやタールなどと言った有害物質が含まれています。疲労やストレスから抵抗力が低下すると有害物質の刺激により喉に炎症を起こします。

アレルギー

花粉やダニの死骸など埃を吸い込んで喉に炎症を起こします。

喉の痛みをやわらげる方法

痛くなった喉、どのようにして痛みをやわらげることが出来るでしょうか?薬に頼らず自分で緩和する方法はあるのでしょうか?

喉を温める

マフラーやタートルネックなどを使って首を冷えから守りましょう。

加湿をする

乾燥している喉を潤すには加湿が一番です。もっともお手軽な加湿方法はマスクを着用する事ですので一度お試しください。

有害物質の対処

うがいを徹底する。喉の粘膜に付着した有害物質を洗い流し炎症から守ります。その他たばこやお酒が原因の場合、とにかく喉を休めるよう心がけます。ビタミンCを多く含んだ食品を積極的にとることも有効です。

自分でできる予防方法

飲み物を用意する

ある程度の痛みの緩和が出来る事は解りましたが、予防はどのようにすれば良いのでしょうか?自分でできる予防方法をご紹介します。

飲み物を携帯する

暖かい飲み物はイガイガをやわらげる効果が期待できます。保温力の高いタンブラーなどに暖かい飲み物を入れて持参するのをお勧めします。

のど飴を持参

のど飴では完全に症状はやわらぎませんが、少しの緩和なら期待できます。

気付いた時にうがいをする

うがいは埃や菌を取り除いてくれます。1日何度でも、気付いた時に行う習慣を付けておけばイガイガ緩和に効果的でしょう。

マスクをする

ウイルスだけではなく、花粉や埃など色々な物を取り除いてくれます。加湿の効果もあるので喉にとっては大変良い効果が期待できます。

その他には口で呼吸するのではなく鼻で呼吸するのも喉を守る1つの方法です。ご自身の無理のないやり方で予防を心がけて下さい。

スポンサードリンク

喉がイガイガした時は何科に行く?

風邪だとわかっていれば迷わず内科に行くのですが、熱が出るなど風邪の症状がない場合何科に行けば良いのか少し迷ってしまいますよね。喉の違和感しか症状がない場合は鼻咽喉科に行く事をお勧めします。

咳が出ている、関節が痛いなどその他の症状が出ている場合は内科に行く方が良いでしょう

咳はなぜ出るの?

喉のイガイガとセットになったように咳が出てきますよね。そもそも咳ってどうして出てくるのでしょう?呼吸をした時に喉に異物が侵入すると体内に入らないように外に押し出そうとします。

それが咳です。咳が何週間も続いたり、毎年同じ時期に咳が出るなんて症状が出た場合は何か病気のサインかもしれません、病院で受診することをお勧めします。

イガイガや咳に効果的な食べ物

はちみつ

喉がイガイガしていると食事も美味しく取れないですよね。イガイガや咳を治すのに効果的な食品をご紹介します。

大根

ビタミンCが豊富な大根は傷ついた粘膜を修復する力を持っています。 ただ、身体を冷やす食品ですので食べすぎには注意しましょう。

はちみつ

ビタミンやミネラルを豊富に含みイガイガを改善してくれます。殺菌作用もあるのでウイルスなどの炎症にも効果的です。

れんこん

れんこんに含まれる「ムチン」という成分は粘膜を保護する働きが あります。優れた保水力で喉、鼻の乾燥だけでなく、目の乾燥にも効果が期待できます。

自律神経もイガイガの原因

喉に違和感があるとまず風邪を疑う人が多いですが、ストレスが原因かも知れません。自律神経は身体の様々な機関を調整していて、強いストレスを受けるとバランスが崩れてしまします。

喉の収縮や唾液の分泌も自律神経に影響を受けるため、ストレスによりバランスが崩れると喉に違和感や不快感をあたえます。

症状が出る前に予防をしてスッキリとした喉の調子を保つよう心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ