赤ちゃんがいるときのゴキブリ対策

赤ちゃん

赤ちゃんがいる家庭では、誤飲などの心配から、一般的なゴキブリ駆除剤を使うのに抵抗がある人が多いと思います。ここでは、赤ちゃんがいる場合のゴキブリ対策として、侵入しにくくする方法から駆除剤の選び方、駆除方法等をご紹介します。

これを読んで、赤ちゃんがいても安心なゴキブリ対策をしましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんがいる場合、駆除するより重要な対策とは?

侵入対策を万全にする

室内のゴキブリ駆除は当然大事ですが、赤ちゃんがいる場合は、駆除よりも侵入させないということを優先させるほうが安全な対策といえます。ゴキブリの侵入口となる隙間を、できる限り作らないように心がけましょう。

特に、台所周辺のシンクの下や通気口などの隙間をしっかりチェックしておくことで、ゴキブリが侵入してくる可能性を低くすることができます。

隙間のある場所や対策法はこちらの記事で紹介しています。
一軒家のゴキブリ対策!侵入経路を塞げ!

食べこぼしはすぐに拭く

赤ちゃんの世話が忙しいと、なかなか掃除をしっかり行うのは難しいですよね。しかし、食べこぼしを放置していると、それだけゴキブリがやってくるリスクが上がってしまいます。

特に、離乳食の時期などは食べこぼしも増えやすいので、こぼしたらすぐに拭くという習慣をつけるとよいでしょう。

食べ物を出したままにしない

ゴキブリが好きなニオイがすればするほど、侵入してくる可能性が高まります。バナナや玉ねぎなどのニオイは特に好きなので、できれば出しっぱなしにはせず、冷蔵庫などにしまった方が安全です。

調味料なども密閉容器に入れるとニオイが漏れなくなります。いちいち片付けるのは面倒ですが、食材は外に出しておかないということを習慣にすれば、自然とゴキブリ対策になります。

とりあえず冷蔵庫に入れておけば安全なので、うまく活用しましょう。

ゴキブリ駆除剤を選ぶ時に気をつけるポイントとは?

赤ちゃんの届かない場所

誤飲の可能性の低いものを選ぶ

赤ちゃんがいる場合のゴキブリ対策として、最も心配はやはり誤飲です。人が摂取しても、少量であれば問題ないものもたくさん売られていますが、大人と違い赤ちゃんはデリケートですので、たとえ少量でも口に入れないほうがいいでしょう。

もし、市販の駆除剤を使う場合は、赤ちゃんの口に入らないサイズのものを選ぶか、手の届かないところに置くよう心がけましょう。

極力毒性の低いものを選ぶ

市販のゴキブリ駆除剤は、種類によって使われている薬剤も異なります。毒性の低いものから、業者が使うような殺虫効果の高いものまで幅広く存在しています。

特に、毒性の高いフィプロニルが配合されているものは、高い効果は得られるものの毒性が強いため、赤ちゃんがいる場合は避けたほうが安心です。ホウ酸や重曹は比較的安全ですが、誤飲の可能性が高くなるような使い方は避けましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんがいる場合にオススメな駆除方法は?

ハッカ油スプレーを使う

ハッカ油は害がないので、赤ちゃんがいても安心して使うことができます。ハッカ油を水とエタノールで薄めれば、簡単にハッカ油スプレーを作ることができます。

ゴキブリが出そうなところにスプレーしておくだけで効果がありますので、簡単・安全のゴキブリ対策としてオススメです。

ハッカ油によるゴキブリ対策

毒エサタイプを使う場合はコンバット4Pが比較的安全

できるだけ毒性のないもので対策できればよいですが、やはり毒性がないものは効果も低くなってしまうという可能性もあります。

対策していても、結局ゴキブリが発生しては意味がないので、ある程度高い効果を発揮するものを使いたい、という人にはコンバット4Pがオススメです。

この商品は、市販で売られている薬剤の中では毒性が低く、形状も誤飲の可能性が低い構造となっています。

コンバットによるゴキブリ対策

※こちらの記事では部屋からゴキブリを永久追放する方法をまとめてご紹介しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ