魚焼きグリルの掃除!内部や網もキレイに!

魚焼きグリル

魚焼きグリルの掃除は、どのようにしていますか?網や受け皿は取り外して洗うけれど、内部の掃除まではしていない・・・という方も多いのではないでしょうか?

かつての私も、内部の構造がよく見えないし、掃除したことで壊してしまったらどうしよう・・・という不安があって、掃除していませんでした。こまめに掃除しなかったグリルの内部は、年数が経つほど、油汚れでギトギトになり、臭いも発生してしまいます。

ここでは、魚焼きグリルの掃除方法をご紹介します。

日常的な手入れの方法と、汚れがひどくなってしまったものを徹底的に掃除する方法の2つに分けて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

グリルの部品を取り外そう

魚焼きグリルの部品で、取り外せるものは取り外してしまいましょう。

  1. 扉を引き出せるところまで引き出します。
  2. グリルの網と受け皿を取り外します。
  3. 扉を取り外します。(扉の裏側にある金具を押しながら手前に引き上げて外すタイプが多いです。)

網、受け皿、扉の掃除

グリルの部品

取り外せる網や受け皿、扉は、取り外して掃除した方が作業が楽です。

日常の手入れ

網、受け皿、扉は使うたびに外して、食器洗い洗剤で洗います。調理してから時間が経てば経つほど、汚れは落ちにくなってしまいます。

調理後は、まだグリルが冷めきらないうちに洗ってしまいましょう。

汚れがひどい時

  • 網をひっくり返して受け皿に入れます。
  • 扉はガラス窓の部分が下になるように置きます。
  • 受け皿とガラス窓の部分に直接、重曹の粉末を振りかけて、熱めのお湯を注ぎます。
  • そのまま1~2時間つけ置きしておきます。(重曹は、油やコゲなどの酸性の汚れを中和してくれます。)
  • 網は、ふたたび重曹の粉末を振りかけながら、スチールたわしで磨きます。
  • 受け皿は、メラミンスポンジでこすります。
  • 扉は、食器洗い洗剤をつけたスポンジで洗います。
スポンサードリンク

庫内の掃除方法

魚焼きグリルのメーカーや構造にもよりますが、庫内には掃除して良い箇所と、触らない方が良い箇所があります。触らない方が良いのは、「燃焼部」と「センサー」です。

庫内の天井には、バーナー(IHの場合はヒーター)などの燃焼部があります。燃焼部を触ると、炎口がつまって燃焼不良の原因になります。

庫内の奥には過熱防止センサーがある場合があります。センサーを触ると、正しく動作しなくなる恐れがあります。

掃除できる部分は、主に側面と底面です。なお、庫内は凹凸があるので、手を傷つけないようにゴム手袋をして作業して下さいね!

日常の手入れ

  1. 台所用の中性洗剤を少し入れたお湯で布巾を濡らし、固く絞ります。
  2. 汚れを拭き取ります。
  3. 仕上げに乾拭き、または乾燥させます。

汚れがひどい時

頑固な油汚れには「重曹ホイップ」がおすすめです。重曹ホイップは、重曹1カップの中に台所用の中性洗剤とクエン酸をそれぞれ大さじ2くらい入れて、ホイップ状になるまでよく混ぜ合わせたものです。

  1. 油汚れに重曹ホイップを塗り、しばらく置きます。
  2. お湯で絞った布巾で、2回くらい水拭きします。
  3. 乾拭き、または乾燥させます。

メーカーごとに掃除方法が違う場合も

魚焼きグリルの汚れ

魚焼きグリルの内部は、メーカーによって構造や掃除方法が違う場合があります。ここに記載したのは一般的な方法です。ご自宅で使われているグリルの構造や掃除方法の詳細は、取扱説明書をみて下さい。

手元に取扱説明書がない場合は、インターネットからダウンロードすることができます。「メーカー名 取扱説明書」と検索すると、簡単に見つかります。

まとめ

いかがでしょうか。 魚焼きグリルの掃除方法をご紹介しました。魚焼きグリルの用途は、魚を焼くだけではありません。実はトーストやピザなどさまざまな料理で活用できます。

魚の油でギトギトだと、ほかの料理に魚の臭いが移ってしまいます。これを機に掃除してみて下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ