食中毒を予防する痛まない弁当の作り方

お弁当

スポンサードリンク
季節問わず、お弁当を持って出かける方はやはり食中毒が気になりますよね。

しっかりご飯やおかずを冷ましてからお弁当箱に詰めるなど、痛まない工夫をしている方がほとんどだと思います。

ここでは、改めて食中毒を予防するお弁当の詰め方について確認していきましょう。

お弁当を作るときには食中毒予防を意識しよう

スポンサードリンク

食中毒の予防として、最初に意識することは事前の準備になります。

まな板の消毒や包丁の消毒も当然ですが、食材を触る手が汚れていては意味がありません。

しっかり手洗いをしてからお弁当作りを始めましょう。

さっと水で流すだけではなく、石鹸を使うことを意識することです。

食材も鮮度のいいものを使うことが理想ですが、作り置きを詰める方も多いと思います。

おかずを詰める紙カップなどは、必要以上に触らないよう意識することが大切です。余計な雑菌を防ぐことになります。

お弁当箱も毎日同じものを使うよりは、ローテーションで使えるようにいくつか用意しておき、きちんと消毒ができているものを使うように心がけましょう。

木製のお弁当箱を使っている方は、きちんと乾燥させることが大切です。

食中毒を予防するお弁当の詰め方の基本

腹痛
対応方法として1番有名なのは、ご飯やおかずをしっかり冷ましてからお弁当箱に詰めるということではないでしょうか。

これを基本にしている方がほとんどだと思います。

その際は、どんな風にそれぞれの熱を冷ましているかが重要になります。

お弁当箱にご飯を詰めてから冷ます方もいますが、その際は底に水分が貯まってしまうため、あまりお勧めしません。

できればご飯もおかずも別なお皿で冷ましてから、お弁当箱に詰めるようにするといいですね。

食中毒予防の安全性が高まります。

食中毒予防に効果のある梅干しをお弁当に使う

梅干し
最近は苦手な方も多い梅干しですが、梅干しに含まれるクエン酸に制菌作用があるため食中毒予防としてお弁当に入れる方が多いですね。

しっかり冷ましたお弁当に、大きさは問わず梅干しを1個入れます。

種類もあまり問いませんが、お菓子として販売されているものよりは漬物コーナーにある梅干しがお勧めです。

甘みの強いものよりは、きちんとした酸味のあるものがいいようです。

梅干しに含まれるクエン酸の制菌作用は実験でしっかりと確認されているため、苦手でなければ食中毒予防としてお弁当に活用しましょう。

市販の抗菌シートをお弁当に使って食中毒予防

実際に、子供のお弁当に利用しているという方が多いのが市販の抗菌シートだと思います。

キャラクターがプリントされたものもあり、スーパーでも手に入るため、大人のお弁当より子供に使う方が多いようです。

食中毒予防という点で言うと、これだけでは効果が薄れてしまうため、やはりしっかり冷まして詰めたお弁当の上に乗せ、蓋をすると効果を発揮します。

バランタイプもあるため、キャラクターが苦手な大人はこちらの方が使いやすいはずです。

まずはお弁当をしっかり冷ます。

その上で抗菌シートも使えば安心感が増します。

菌の増殖を防ぐ効果が高いので、常備しておくと便利です。

桐灰化学 スリムになったお弁当の衛生対策シートS 20枚入

桐灰化学 スリムになったお弁当の衛生対策シートS 20枚入

248円(12/18 07:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ.お弁当の食中毒予防は毎日の心掛けが大切

お弁当を毎日作る人は、丁寧な暮らしができている人でもあります。

食中毒に対しても敏感なので、予防方法についてはしっかり把握している方が多いと思います。

きちんと持ち歩きには保冷ができるバッグを使い、保冷剤を入れて必要以上にバッグの中の温度が上がらないようにするなどの工夫もしていると思います。

せっかく、美味しく食べようと作るお弁当ですので、これからも食中毒に気を付けて楽しみたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ