ゴキブリを二度と見ないための予防策

清潔な家

ゴキブリは1匹発見したら、何匹いるかわからないと言われ、ゴキブリが嫌いな人にとっては恐ろしい存在です。そんなゴキブリを見ないためには、徹底した予防策が必要になります。

ここでは、ゴキブリを二度と見ないための予防策として、そのポイントや具体的な方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

ゴキブリを二度と見ないために重要なポイント

侵入対策を行う

ゴキブリを家の中で発見しないためには、まず、ゴキブリを侵入させないことが最も重要です。侵入対策が万全であれば、ゴキブリを室内で発見することもほとんどなくなります。

常に空いてしまっている隙間は塞ぎ、塞ぐことのできない場所には、忌避対策をするのが効果的です。

すでに家にいるゴキブリを駆除する

すでにゴキブリがいる場合、家の中で繁殖してしまう可能性があるので、目の前に出てきたゴキブリは殺虫スプレーなどで確実に駆除しましょう。隠れている場所の特定できるゴキブリには、毒エサタイプの駆除剤が効果的です。

ゴキブリの卵にも効果のあるものを使えば、ゴキブリの根絶につながります。あまりにゴキブリがたくさん出る場合や、どこにいるのか検討がつかない場合は、バルサンなどの燻煙タイプの商品を使えば一気に駆除することが可能です。

バルサンによるゴキブリ対策

ゴキブリが住みにくい家にする

家にいるゴキブリを駆除しても、ゴキブリにとって住みやすい家は、また新たなゴキブリがやってきます。ゴキブリを二度と見ないためには、この予防策がとても重要です。

日頃からできるちょっとした対策がゴキブリ予防につながるので、具体的に何をしたらいいのかを詳しくご紹介します。

ゴキブリが住みにくい家にする予防策とは?

たまねぎ

こまめにゴミ捨てと掃除をする

当たり前なことですが、清潔な家にはゴキブリは寄り付きません。ゴキブリは雑食で、髪の毛なども食べるため、完璧にエサをなくすのは難しいですが、掃除を普段からしている場合と、していない場合では大きく違います。

また、ゴミもゴキブリを寄せ付ける原因なので、たくさんたまってから捨てるのではなく、こまめに捨てる習慣をつけることが大切です。

室内に植木を置かない

室内に観葉植物などがあると落ち着いたり癒されたりすると思いますが、ゴキブリ対策としては、避けたほうがよいでしょう。

たとえは、ゴキブリが嫌いなハーブなどを育てるのであれば、忌避効果も期待できますが、それ以外は、卵を産み付けられるなどの繁殖のリスクがあります。

ハーブによるゴキブリ対策

食べ物や調味料を放置しない

常温保存できる玉ねぎやバナナは、外に出したままにされがちですが、ゴキブリにとっては大好物なエサです。できれば密閉された場所にしまっておくことをオススメします。

油や砂糖などもゴキブリは好むものなので、密閉容器に入れるなどしてゴキブリを寄せ付けないようにする必要があります。

スポンサードリンク

ダンボールを放置しない

ダンボールはゴキブリにとっては程よい隙間が空いていて、保温性もあるので、住み着くにはちょうどいい場所です。引越しの際に使ったダンボールなどに、そのまま荷物を入れておくことはやめましょう。

また、宅配で届いたものもその都度捨てておくと、ゴキブリが住み着くリスクを減らすことができます。

湿気を溜め込まない

ゴキブリは暖かくて湿気のある場所を好みます。温度での対策は人間にとっても過酷な環境になりますので、対策しやすいのは湿度です。使っていない部屋など、風が通らない場所は、定期的に換気するようにしましょう。

湿度が高くなりやすい梅雨の時期などは、除湿機を使うのもオススメです。ゴキブリは乾燥している環境は嫌うので、極力湿度を溜め込まないように心がけましょう。

【まとめ】ゴキブリ退治!部屋から永久追放する方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ