台所のシンクの掃除方法!30分でピカピカにするコツ

シンクの掃除をする女性

汚くなってしまった台所のシンクを、ピカピカに戻したいと思いませんか?汚ければ汚いほど、掃除をする気が失せてしまいますが、意を決してやってみて下さい。作業時間は30分。忙しい人も空き時間で掃除を終わらせることができます。

気になっていた汚れを落とすと、気持ちもスッキリ晴れやか!シンクをピカピカにすると、気持ちよく調理や食器洗いをすることができますよ。簡単な掃除方法でシンクをピカピカにするコツをご紹介します。

スポンサードリンク

シンクの汚れは2つの洗剤を使って落とす

毎日、食べた後の食器を洗うシンク。汚れの主な成分は、油汚れや石鹸カス、水垢です。これらの汚れを落とすには、重曹とクエン酸が最適です。重曹とクエン酸をまだ持っていないという方は、これを機会に用意してください。

重曹の上手な使い方と活用術

クエン酸の上手な使い方と活用術

重曹とクエン酸は、さまざまな場所の掃除で大活躍します。シンクの汚れのうち、油汚れは酸性の汚れです。アルカリ性の重曹を使えば、中和して落とすことができます。そして、石鹸カスや水垢は、アルカリ性の汚れです。

酸性のクエン酸を使えば、中和して落とすことができます。重曹は、水に少しだけ溶ける細かい粒子でできています。水に溶けて角がなくなった細かい粒子が擦り合わさることで、研磨剤のような効果を生み出します。

この効果で、シンクをピカピカにすることができます。

シンクの掃除手順

蛇口

重曹を使って油汚れを落とす

シンク全体を水で濡らし、重曹の粉末を直接ふりかけて、スポンジでクルクルとこすり洗いします。重曹の持つアルカリの性質で油汚れを中和し、研磨剤の性質で汚れを落とします。

蛇口周辺も忘れずに

凹凸のある部分は、古いハブラシや急須用のブラシを使ってこすります。蛇口の付け根の石灰化した汚れは、要らないカードを使ってこそげ取ります。

最後にスポンジとシンク全体を水でよく流します。汚れがひどい程、重曹をたっぷり使って掃除してください。

クエン酸を使って石鹸カスや水垢を落とす

油汚れが落ちたら、石鹸カスや水垢を落とします。食器洗い用のボウルなどに、200mlのお湯と小さじ1杯のクエン酸を入れ、水溶液を作ります。 分量は厳密に計らなくてもOK。

コップ1杯のお湯とスプーン1杯のクエン酸を思い浮かべながら、目見当で構いません。クエン酸の水溶液をつけたスポンジで、シンクをこすります。全体をクエン酸でこすったら、そのまま5分くらい放置してから流します。

水垢がひどい場合は、もうひと手間

クエン酸の水溶液に浸したキッチンペーパーをはりつけて、乾かないように上からラップをかけ、1時間くらい放置してみてください。

スポンサードリンク

排水口、排水管も忘れずに

排水口、排水管の汚れは、重曹とクエン酸を混ぜた時の発泡の力で落とします。

  • 排水口の周りに、大さじ4杯くらいの重曹をふりかけます
  • お湯(できれば熱湯)200mlに、クエン酸を大さじ4杯くらい溶かし、排水口に注ぎます
  • 重曹とクエン酸が化学反応して発泡するので、そのまま泡が消えるまで放置します
    (この発泡は、炭酸ガスは人体に影響がありません。)
  • 発泡の力で浮き上がってきた汚れを、スポンジや古いハブラシでこすり洗いします

排水口を掃除したら、受け皿にアルミホイルを丸めたものを入れておきましょう。アルミホイルは水と化学反応して、金属イオンを発生させます。金属イオンには殺菌作用がありますので、排水口のヌメリを予防できます。

排水口のヌメリを取る方法はこちらの記事で詳しく紹介しています。

排水口のぬめりを掃除してヌルヌルしないようにする方法

錆ているところは、どうするの?

スポンジ

缶などをシンクに置いてしまい、錆が移ってしまうことがあります。錆を落とすには、軽めに絞ったメラミンスポンジに重曹の粉末をつけて、こすり洗いします。

人差し指の先にメラミンスポンジがくるようにして、錆の部分を強めに細かくこするようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。台所のシンクを簡単にピカピカにする方法をご紹介しました。ぜひ、試してみて下さいね!また、シンクをキレイなまま維持するためには、日ごろの手入れが大切です。

食器洗いの最後に、メラミンスポンジでシンク周りをサッとこすると汚れにくくなりますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ