布団のダニを駆除して発生させなくする方法

ダニ

「ダニってどうやって駆除するのが正解なの?」

「そもそも発生しないようにできないの?」

このような悩みはありませんか?ダニは、アレルギーの原因にもなる困った存在です。毎日寝る布団にダニがいっぱいいるなんて、考えたくもありません。そこで、今回は布団のダニを駆除して再発させない方法をご紹介します。

スポンサードリンク

布団を干すだけじゃダメ?

ダニ対策として、布団を干して叩いている人が多いと思います。しかし、生きているダニにとっては、残念ながら全く効果がありません。ダニは、最低でも50度以上にならないと死なないのです。直射日光に当てても、そこまでの温度にはなりません。

だから、生きているダニをやっつけたい場合は、布団を干すだけでは不十分なのです。とはえい、布団を干せば、乾燥させる効果と死骸や糞を落とす効果はあるので、布団を干すこと自体が無意味なわけではありません。

布団を干して叩くときには、ダニの死骸や糞が舞い散るので、吸い込まないように注意してください。

布団のダニを駆除するためには?

ダニの駆除に重要なのは“熱”そして“吸引”の2つです。まず、熱でダニを死滅させる必要があります。生きているうちに吸引しても、ダニは布団にしがみついていて離れません。目に見えないサイズの割に、すごい力の持ち主なのです。

死滅させてから吸引することで、はじめてダニを完全に駆除することができます。

布団のダニを駆除する方法

布団

布団乾燥機→掃除機

布団乾燥機を使い、ダニを死滅させた後に、掃除機で死骸を吸い取ります。

布団乾燥機のコツ

普通に使ったのでは、なかなか50度以上の温度にはなりません。そこで、布団乾燥機を敷布団で包み込み、さらにその上に掛け布団をかけるようにすると、熱が逃げずに全体が高温になります。

掃除機のコツ

1m2を20秒程度かけ続けるようにして、しっかり吸い込みます。やりにくい場合は、布団用掃除機ヘッド(ノズル)が売っているので、取り付けるとよいでしょう。

掃除機ヘッドはそれほど高いものではないですが、もし、お金をあまりかけたくないという場合は、ホースの吸い込み口に、ストッキングをかぶせるというやり方もあります。また、布団の表だけでなく裏も同じようにかけてください。

スチームアイロン→掃除機

スチームアイロンのコツ

ダニは薄暗いところを好むため、部屋を1時間程度暗い状態にしていると、ダニが布団の表面に出てきます。その出てきたダニに、アイロンのスチームを当ててやっつけます。

その際、少しだけ濡らした当て布の上からアイロンを当てると、布団生地の焦げつきを防止することができます。布団の頭側から足の方へ向けてかけていくと効果的です。

スチームアイロンを当てた後は、掃除機でしっかり死骸を吸い取ることを忘れずに行いましょう。

炎天下の車に放置→掃除機

炎天下の日に布団を車内に置いておけば、50度以上になるので、ダニが死滅します。布団を黒い袋に入れておくと、さらに効果的です。ただ、この方法は基本的に夏しかできません。車内から布団を出した後は、掃除機で死骸を吸い取りましょう。

コインランドリー→掃除機

コインランドリーには、布団が洗える洗濯機と布団の高温乾燥機が置いてあるところがあります。大きい布団を家の洗濯機に入れるのは大変ですが、コインランドリーは大型なので便利です。

コインランドリーで乾燥させた後も、掃除機で死骸をしっかり吸い取りましょう。

スポンサードリンク

ダニを発生させなくする対策

ダニが発生する条件は次の3つです。

  1. 温度20度〜30度、湿度60%以上
  2. ダニの餌(フケなど)がある
  3. 潜む場所と卵を産める場所がある

この条件にしないことがダニ対策につながります。では具体的にどのようなことをすればいいかご紹介します。

布団をすぐしまわない

布団に湿気がこもっていると、ダニが繁殖しやすくなってしまいます。寝ている時は、結構汗をかいているので、布団が湿っています。朝起きてすぐ布団を畳んだり、しまってしまうと、湿気がこもった状態になります。

それを防ぐために、ある程そのまま敷いておき、湿気が抜けてからしまうようにしましょう。

肌が直接触れる部分にタオルを敷く

布団カバーや枕カバーなどは頻繁に洗ったほうがよいのですが、梅雨の時期などは雨で干せない日も多くあります。そんなときは、肌が直接触れる枕やシーツの頭の部分にタオルを敷いておくとよいでしょう。

タオルであれば、取り替えも簡単ですし簡単です。

ホットカーペットを敷く

ホットカーペットは、日々の布団の湿気を乾燥させるのに使えます。また、ホットカーペットの多くには、ダニ退治の機能がついているので、布団の下にホットカーペットを敷いておけば、スイッチを入れるだけでダニ退治ができます。

除湿機を使う

湿度が高い季節には、除湿機を使うのが効果的です。クローゼットには除湿剤を入れておくのもよいでしょう。除湿機がない場合は、エアコンをドライモードにして動かすのも効果的です。

まとめ

ダニを駆除するには、布団を干すだけでは効果がありません。“熱”と“吸引”が必要です。

ダニを駆除する方法
  1. 衣類または布団乾燥機→掃除機
  2. スチームアイロン→掃除機
  3. 炎天下の車に放置→掃除機
  4. コインランドリー→掃除機
ダニを発生させない対策
  1. 布団をすぐしまわない
  2. 肌が直接触れる部分にタオルを敷く
  3. ホットカーペットを敷く
  4. 除湿機を使う

ダニを駆除し、発生させない対策をしっかりすれば、ダニに悩まされる心配がありません。毎日快適な布団で眠りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ