ダニに刺されたときの正しい対処法

ダニに刺された傷あと

「ダニに刺されたかも!?」

そう思った時、どう対処したらよいのでしょうか?ダニといっても様々な種類が存在しています。すでにダニに刺されたことのある人も、まだ刺されたことがない人も、対処法を知っていて損はありません。

間違った対処をして痕が残ったりしたら、きっと後悔します。今回は、ダニに刺されたときの正しい対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

ダニの種類と症状について

ダニは、数え切れないほどの種類が存在します。その中でも、人に影響を与える代表的なダニの種類と、ダニによる症状をご紹介します。

ツメダニ

ツメダニは、人を刺すダニです。畳やカーペットなどに潜んでいて、首から胸、お腹、足などを刺します。

症状

刺されて数時間から数日経ってから、痒み・腫れの症状が出ます。腫れが小さいため、数箇所刺されるとじんましんのように見えます。

イエダニ

ネズミや鳥に寄生しているダニです。何かのきっかけで室内に入ると、人を刺すことがあります。お腹など柔らかいところが刺されやすいです。また、皮膚の弱い女性や子供の方が刺されやすいようです。

症状

刺された直後にも痒みが出ますが、数日後に激しい痒みが出ます。噛まれたところの中心に水泡ができ、赤く腫れます。

スポンサードリンク

マダニ

血を吸うダニです。体内に危険なウィルスを保有している可能性があります。基本的に家にはいないダニですが、アウトドアなどで服についたマダニを家に持って帰ってきてしまい、刺されてしまうというケースがあります。

また、犬や猫などペットを飼っている場合、散歩などで外に連れ出したペットにマダニがつき、そのまま家にもってきてしまうとういこともあります。

症状

SFTSウィルスというウィルスをもったマダニに咬まれた場合、38度以上の高熱・下痢・嘔吐・腹痛などの症状が出ます。重症化すると命にかかわることさえもあります。

チリダニ(ヒョウヒダニ)

人を咬むダニではありませんが、アレルギーの原因になると言われているダニです。チリダニはツメダニの餌になります。そのため、チリダニが増えると、自然とツメダニが増えることにつながります。

症状

アレルギーによる湿疹が出ます。小児喘息・アトピーの原因になります。

蚊やノミに刺された時との見分け方は?

刺される部位

蚊やノミは、肌が露出している部分を刺すことがほとんどですが、ダニは服を着ているところを刺します。そのため、服の中で痒い場所があれば、ダニの可能性が高いです。

時期と時間

ダニに刺されるのは、主に夏です。時間帯は、夕方~夜がほとんどです。ただ、昼間でも部屋の中を暗くしていると、刺される可能性があります。

痒みと数

ダニに刺されると、蚊に刺された時の何倍もの痒みの症状が出ます。ダニは数箇所刺すことが多いので、一箇所にまとまった赤い斑点があったらダニの仕業である可能性が高いです。

ダニに刺されたときの対処法

塗り薬

かかない

痒くても、かかないことが何より大切です。かき壊すと雑菌が入ってしまい、悪化することがあります。また、傷になって跡が残る可能性もあります。

マダニがついていたら無理にとらない

マダニの大きさは3~8mm程度で、吸血するとさらに大きくなります。マダニに咬まれても無理にとってはいけません。ダニの体の一部が皮膚に残ってしまうことがあるからです。自分では触らずに、すぐに皮膚科で診てもらうようにしましょう。

マダニの可能性がある場合は病院で診てもらう

アウトドアの活動をした後などに、ダニに刺されたような症状がある場合、できる限り早く病院で診てもらうことが大切です。たかがダニと思って放置していると、重症化してしまう可能性があります。

家のダニには市販薬

まずは、噛まれたところを流水でよく洗います。そして、虫刺され用の塗り薬を塗りましょう。

ムヒアルファEX

この商品には、ステロイドと抗ヒスタミン剤が配合されているため、虫刺されによる痒みに効果があります。また、スーっとする成分も入っているので、それにより痒みが軽減します。

タクトプラスクリーム/ゼリー

痒み・虫刺され専用の塗り薬です。殺菌作用もあり、掻きむしってしまった場合にも効果的です。ゼリータイプはすっきりとした使い心地です。

まとめ

ダニの種類と症状
  • ツメダニ
    畳などに潜み、刺されると数時間から数日経ってから、痒み・腫れが出ます。
  • イエダニ
    柔らかい部位が刺されやすく、刺された直後に痒み、さらに数日後に激しい痒みが出ます。
  • マダニ
    危険なウィルスを保有している場合があり、ウィルスによって高熱・嘔吐などの症状が出ることがあります。
  • チリダニ(ヒョウヒダニ)
    咬まないが、アレルギー症状を引き起こす原因となる可能性があります。
蚊やノミに刺された時との見分け方
  1. 刺される部位
  2. 時期と時間
  3. 痒みと数
ダニに刺された時の対処法
  1. かかない
  2. マダニがついていても無理にとらない
  3. マダニの可能性がある場合は病院で診てもらう
  4. 家のダニには市販薬

大事なことは、ダニに刺されていても、かかないことです。痒みがどうしても我慢できない場合や、マダニかもしれないと不安な場合は病院で診てもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ