ステンレス錆の落とし方!シンクや包丁もピッカピカ

錆びたやかん

キッチンのシンクや蛇口、包丁などには、ステンレスが使われていますよね?ステンレスという名前には「汚れ(stain)がない(less)」という語源があります。その名の通り、ステンレスは錆びない金属です。それなのに、うちのシンクには錆が・・・。

錆びないはずの金属が、なぜ錆びてしまったのでしょうか?ここでは、ステンレスが錆びてしまう原因と、錆びを落としてピカピカにする方法を解説いたします。

スポンサードリンク

ステンレスが錆びてしまう原因

ステンレスというのは、鉄を主成分にクロムやニッケルを混ぜた合金のことをいいます。ステンレスが錆びないのは、この「クロム」のおかげです。クロムは、鉄の中に入ると「不動態被膜」と呼ばれる薄い膜を作ります。

クロムの作る膜は大変強く、たとえ壊れても、空気中の酸素と結合して再びよみがえります。ですから、ステンレスの表面は常に膜で覆われた状態になり、錆びないのです。ステンレスが錆びてしまうことがあるとすれば、不動態被膜が壊れた時です。

もらい錆

ステンレスのシンクに、使い終わった空き缶を長い時間おきっぱなしにすると、まるで空き缶でスタンプを押したかように、同じ形の錆の跡ができてしまいますよね?これが、もらい錆です。

ステンレスに他の金属が長く接していると、金属同士の電位の差によって不動態被膜が壊れてしまい、錆が進行するのです。もらい錆を見つけたら、できるだけ早く対処することが大切です。

酸による腐食

ステンレスの弱点は「酸」です。掃除するときに、キッチンハイターなど塩素系漂白剤を使っていませんか?調理器具の除菌などで塩素系漂白剤を使う場合は、使った後によく洗い流しましょう。

漂白剤の成分が残っていると、ステンレスを腐食させる原因になってしまいます。

ステンレス錆を研磨して落とす!

スチールウール

ステンレスの錆は、研磨して落とします。研磨剤にはいろいろありますが、錆の程度によって使い分けましょう。

歯磨き粉で落とす(軽度の錆)

付着してすぐのもらい錆は、歯磨き粉をつけてスポンジの固い方でこすります。少し体重をかけ、強めにこするのがコツです。

重曹とメラミンスポンジで落とす(軽度の錆)

少量の水で溶かした重曹をメラミンスポンジにつけてこすります。重曹は、必ず水で溶かします。お湯で溶かすと重曹が溶けすぎて、研磨の効果が薄れてしまいます。

クリームクレンザーで落とす(中等度)

ジフなどのクリームクレンザーをつけて、スポンジの固い方かアクリルたわしでこすります。落ちない場合は、ボンスターなど金属みがき用のスチールウールでこすります。

ただし、スチールウールは使い捨てにしましょう。スチールウールも金属です。ステンレスのシンクの上に置きっぱなしにすると、もらい錆の原因になるので注意してください。

専用の錆び取り剤で落とす(重度の錆)

錆び取り剤の「ピカット」という商品があります。ホームセンターやインターネットで、140gのボトルを500円前後で買うことができます。

専用の洗剤だけあって、錆がよく落ちるので、1本持っていても損はありません。

スポンサードリンク

大切なのは、錆を落とし後の仕上げ

錆を落とした後は、洗剤成分をよく洗い流します。仕上げに乾拭きをして、水分がついていない状態にしておきます。そうすることで、錆びて壊れてしまったステンレスの表面の膜が、空気中の酸素と結合し修復されます。

まとめ

いかがでしょうか。ステンレスが錆びてしまう原因と、錆びを落としてピカピカにする方法を解説しました。

  • ステンレスが錆びるのは、もらい錆や酸によって表面の膜が壊れてしまうから
  • 錆を落とすには、程度に応じて研磨剤やスポンジを変えて磨く
  • 仕上げは乾拭きして、ステンレスの表面の膜を修復させる

以上のことを参考に、ステンレスの錆を落としてピカピカにしてくださいね!

コメントを残す

このページの先頭へ