夜勤で眠れない時に眠くなる8つの対処法

夜勤

夜勤では、人が寝ている時間に起きて働かなくてはならないので、体への負担は大きく睡眠のタイミングがずれてしまいます。今回は夜間勤務の方に少しでも良い睡眠をとって頂くための方法をご紹介します。

スポンサードリンク

何故夜勤をすると眠れなくなるのか?

夜寝られなかった分朝寝ればいいだけ、と言う簡単なものではありません。本来人が持っている「寝て、起きる」と言うサイクルを乱し、体内時計が狂ってしまいます。すると、自律神経の働きがおかしくなり睡眠が取りにくくなります。

眠れるようになる方法とは

太陽の光

太陽の光を浴びない

日光は目を覚ますのに効果的で、「メラトニン」と言う眠りを誘うホルモンの分泌を抑えてしまいます。通勤の途中などはサングラスをかけたり帽子をかぶるなどしてなるべく日光にあたらないようにして下さい。

規則正しい食生活を送る

夜勤だから食事はしない!ではなく、夜勤だからこそ時間を考えてしっかり3度の食事を摂って下さい。きちんと食べる事で体内のリズムが整い眠りにつきやすくなります。

消化に良いものを食べる

食べると言っても寝る前にドカ食いをしたり消化に悪いものを食べると、胃が活発に動き消化にかなりのエネルギーを使ってしまいます。すると、身体を休める事が出来なくなり疲れが取れにくくなります。効率良く消化できるものを食べるように心がけて下さい。

脳を冷やす

昼間に寝られない要因の一つに体温が上昇しているからと言う事があります。身体や脳の温度が高いと寝られなくなるので、冷却シートや氷枕などで脳を冷やすと深部体温が下がり安眠できるかもしれません。

アロマオイルを焚く

アロマオイルには心を落ち着かせ安眠に誘う作用があります。ラベンダーやカモミール、 マジョラムなどのオイルを焚いておくと良いでしょう。また、ハーブティーを飲む事もアロマオイルと同じ作用があるのでお勧めです。

深い眠りを誘うアロマの使い方

夜勤中に15分ほどの仮眠を取る

長く寝てしまうと余計に疲れが出てしまい、家帰ってからの睡眠の妨げになりますので 15分から20分程度横にならずに仮眠することをお勧めします。

脳がスッキリし仕事の効率も上がり、帰ってからもしっかり睡眠を取ることが出来るでしょう。

お風呂に入る

お風呂に入るとリラックスして副交感神経が優位に立ち眠りやすくなります。40℃程のぬるめのお湯に30分程度入るとリラックスできるので、寝る1~2時間前に入ることをお勧めします。

しかし、寝るまでに時間がない方がお風呂につかると体温が上昇したままなので眠りにつけません。ゆっくりお風呂につかりたいとは思いますが、シャワーだけにしておいた方が眠りにつきやすくなります。

夜に寝ているのと似た環境にする

昼間に寝る時でも、夜に寝ていると思わせるような環境を作ってあげる事が大切です。 カーテンを閉め、それでも明るければアイマスクを付ける。音がうるさければ耳栓をする など、環境づくりも安眠には大切です。

スポンサードリンク

眠れない時に睡眠薬の服用は良いの?

睡眠薬は脳内にある眠りを引き起こす神経伝達物質の働きを増強させる事で眠らせます。とても良く効く代わりに副作用も出やすいのが特徴です。

依存性が強い、肝臓に負担をかける、服用を続けると急には止められなくなる、などの副作用があります。

睡眠薬は持続性がないので使い続ける必要がありとどんどん効き目が悪くなっていき、強い薬を使うようになり無くては寝られないなどの依存を引き起こします。そこで、睡眠薬ではなく休息サポートのサプリをお勧めします。

サプリは薬のように医薬品ではなく食品なので依存性や副作用はありません。その分即効性もありませんが体質改善を手助けしてくれます。ゆっくりと睡眠の質を改善して薬に頼らずに安眠を手に入れて下さい。

まとめ

眠りたいのに眠れない、明日も仕事があるのに眠れない・・・なんて事になると精神的にも追い詰められていきますよね。睡眠は薬を服用しなくても少しの努力と心の持ち方で改善できると思います。

今回の記事が少しでも皆さんの安眠のためにお役に立てれば幸いです。

【まとめ】寝たいのに眠れないときの対処法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ