布製バッグのカビの落とし方 4つのアイテム

布製バッグ

前回は革製バッグのカビの落とし方についてご紹介しましたので、今回は布製バッグについてご紹介したいと思います。

革製バッグのカビの落とし方

お気に入りのトートバッグ、お持ちでしょうか?
トートバッグといえばやっぱり布製ですよね?

他にも布製のバッグにはエコバッグやショルダーバッグなどもありますが、布製は軽いし物もたくさん入るのでとても使いやすいです。

そんな布製バッグ、押入れから出してみたらカビがはえていた!なんていうことはありませんか?

丸洗いできるバッグや、洗剤を使いたくないバッグなど、いろいろなカビの落とし方について詳しくご説明させて頂きます。

スポンサードリンク

丸洗いできる布製バッグのカビの落とし方

洗濯機で洗えるバッグは洗濯ネットに入れてそのまま標準のコースで洗濯するか、もしくはゴシゴシと手洗いをしましょう。

カビがひどい場合は、酸素系漂白剤で1〜2時間くらいつけおきしてください。そして歯ブラシなどでカビをこするとさらに効果がアップします!あとは洗濯ネットに入れて普通に洗濯してください。

酸素系漂白剤は色柄ものでも使える漂白剤ですが、念のためバッグの品質表示を確認してみましょう。洗濯そのものがNGなバッグもあるので必ず確認してくださいね。

洗濯機で洗えない布製バッグのカビの落とし方

掃除道具

丸洗いできない、またはしたくない布製バッグのカビの落とし方にはいくつかの方法があります。カビを吸い込んでしまうこともあるので、マスクとゴム手袋は忘れないようにしましょう。気になる人はゴーグルなどもあると安心です!

もしピンポンが鳴って玄関のドアを開けるときは、ゴーグルは忘れずにはずしてください。びっくりされてしまいます(笑)

あとは窓を開ける、換気扇をまわすなど換気にも気をつけるようにしてください。

消毒用エタノールを使う

用意する物
  • 消毒用エタノール
  • 雑巾や布巾
  • スプレーボトル

スプレーボトルに消毒用エタノール(無水エタノールであれば水2エタノール8で薄めてください)を入れ、カビがあるところにスプレーします。一度軽く拭き取り、また同じところにスプレーしてそのまま天日干しをしてください。色落ちなどが心配な時は目立たないところで試してみましょう。

ポイントは晴れた日にやることです!天日には殺菌効果が期待できます。

重曹を使う

用意する物
  • 重曹小さじ1杯
  • 水100ml
  • 雑巾や布巾
  • スプレーボトル

スプレーボトルに水と重曹を入れてよく振って混ぜます。これをカビにスプレーして10分くらい放置して乾いた雑巾で拭き取り、そのまま天日干ししてください。

この場合もポイントは晴れた日です。日光でしっかり乾かしましょう。ひどいカビだったり臭いが気になる場合は、粉末のままの重曹を直接振りかけて一晩おいてみてください。

次の日に重曹をキレイに払い落とすとカビや臭いがとれますよ。重曹を払い落としきれないときは掃除機で吸い取ってください。

スポンサードリンク

ベンジンを使う

用意する物
  • ベンジン
  • 雑巾や布巾

ベンジンを雑巾に湿らせて目立たないところで色落ちなどを試してみてください。大丈夫だったらカビの部分を叩いてみましょう。そのあとお湯で濡らして絞った雑巾で綺麗に拭き取り、天日干ししてください。

ベンジンは使っていると気分が悪くなることもあるので、換気には十分注意をしてください。

中性洗剤を使う

用意するもの
  • 台所用の中性洗剤
  • 雑巾や布巾

中性洗剤を水で5倍くらいに薄めて、雑巾に湿らせてカビの部分を叩くようにしてください。その後固く絞った雑巾で洗剤を拭き取り天日で十分に乾かしてください。

ナイロン製バッグのカビの落とし方

まとめ

バッグはついつい油断して汚れがついたまま押入れにしまうことも多いので、そこに湿気がプラスされるとカビがはえてしまうこともよくあります。

厚手の布バッグだと湿っていても気づかないこともありますよね。もしカビてしまっても、あわててクリーニングに出す前に一度自分でカビ落としに挑戦してみましょう。

重曹やエタノール、ベンジンなどは買うにしてもでもそんなにお金はかかりませんが、ずは家にあるものでやってみてください。大事な布カバン、キレイに甦らせてあげましょう!

※こちらの記事では家中のカビを撃退する方法をまとめてご紹介しています。

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ