革製バッグのカビの落とし方 革専用の洗濯洗剤があった?

革製バッグのカビ

革製バッグはどのように保管していますか?使わなくなると何年も押入れに眠ったままの状態で、存在すら忘れてしまうこともありますよね。

そしてある日突然「そうだ!あのバッグ使いたい!」と思い出し押入れから引っ張り出してみると、結構な量のカビが付着していた・・・なんてことはよくあるケースです。

そんなかわいそうな状態になってしまった革製バッグを、なんとか元の状態に戻せないものでしょうかー?

スポンサードリンク

カビの被害が軽いときの対処

天日干しをする必要があるので晴れた日にやりましょう。紫外線には殺菌、除菌効果があるので天日干しはカビに有効ですカビの胞子を吸い込まないようにマスクやゴム手袋を着用することを忘れないでください。

  1. カビを固く絞った雑巾で拭き取ります
  2. 水分を吸い込んでしまうのですぐに天日干しをしてください
  3. 革が乾いたら保湿クリームなどを塗って乾拭きをしてください
ポイント

紫外線が多いのが10時から14時の間くらいなので、この時間に天日干しをするのが効果的です。あまり長時間やりすぎると色あせや型崩れの原因になるのでご注意ください。

拭いただけじゃ落ちないかも?というカビの対処

バッグのカビとり

軽く拭いただけでは取れそうもないカビには、それなりの対処法でやっつけましょう。

重曹を使う

今は100円ショップなどにスプレータイプの重曹水も売ってますが、もちろん自分で作ってもコストダウンになります。

スプレーボトルに水100mlと小さじ1杯くらいの重曹を入れてよく振って混ぜます。カビにスプレーして雑巾で拭き取り、天日干しをして乾いたら乾拭きをしてください。

消毒用エタノールを使う

間違って無水エタノールを買ってきてしまったとか、家に無水エタノールしかない、と言う方もガッカリする必要はありません無水エタノールは水で薄めると消毒用エタノールと同じようになるのです。80%薄めてください。水が20mlならエタノールは80mlです。

それでは消毒用エタノールを使ったカビの落とし方についてです。まずは消毒用エタノールを目立たない部分につけてみて色落ちを確認してください。

OKだったら消毒用エタノールを雑巾に湿らせて、カビの部分を優しく叩いてください。細かい部分や隙間などには歯ブラシや綿棒などがあると便利です。

そしてカビを落としたら天日干しをしてキレイに乾かし、仕上げに保湿クリームを塗って乾拭きをしてください。

スポンサードリンク

このカビ、落とすの無理かなぁ?と思ったら専用の洗剤を使う

ここでご紹介させていただくのが「革製品用の洗濯洗剤・革るん」です。何と革製品が水洗いできるという優れものです!

革専用洗濯洗剤 革るん! 300mlセット

革専用洗濯洗剤 革るん! 300mlセット

7,900円(09/22 13:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

ネットで買っても8千円くらいするのでちょっとお高いですが、使い方はとても簡単で効果も抜群です。

  • バケツに水を入れ、そこにこの洗剤を入れて軽く混ぜます。
  • そこへスポンジを入れて洗剤を染み込ませてバッグをスポンジで優しく洗います。
  • 外側も内側も洗ったら一度軽く水で洗剤を流します。
  • 次に柔軟剤を使います。バケツに水を入れ柔軟剤を入れてバッグをその中へ入れ、全体に柔軟剤が馴染むようにします。
  • そしてまた水で流します。
  • あとはキレイに拭いて仕上げに保湿クリームを塗って乾かしてください。

 

高級バッグなんだけど、どうしよう?

ブランド品だったりすると自分でやるのも躊躇してしまいますよね。色落ちや革が傷んでしまったらどうしよう?と悩んでしまいます。

そのようなときは素直に専門の業者に任せるのが無難かもしれません。気づかなかった汚れや色の修正などをしてくれて、キレイに仕上がります。

また、ブランドの直営店があれば修理の依頼もできます。有料になりますが、一番安心してお任せできそうですね。

カビを落とした後にはメンテナンスを

革製バッグ

カビ取りが終わった後に試してみてください。除菌、殺菌効果もあり臭い消しにもなります。

  • 最後の仕上げに革用のクリームを使う以外にも、除菌や殺菌効果のあるクエン酸を使う方法もあります。

    クエン酸(酢でもOK)にオリーブオイルや椿油などをを入れ水で薄めます。これを乾いた雑巾につけてバッグの表面になじませてください。

    こうすることで除菌、殺菌に加えて油分の補強にもなります。最後に乾いた布で拭きあげてください。

  • 重曹とアロマオイルを混ぜたものをお茶パックなどに入れ、次に使うまでバッグの中に入れておく

    除菌効果のあるアロマオイルにはティートリー、レモングラス、ユーカリ、ペパーミントやラベンダーなどいろいろあります。

    アロマオイルを使うとバッグを開けた時に香りを楽しめるので、いろいろ試してみてください。

まとめ

長いこと押入れなどに眠らせている革製バッグはありませんか?

もしカビがはえてしまっても根が浅い方が落としやすいので、定期的に確認の意味でも紫外線にあててあげましょう。

根が深くなると専用洗剤を買ったり、専門業者に依頼するなどで出費もかさみます。

とは言っても、忙しかったり忘れてしまったりで、なかなかメンテナンスも難しいのが現実ですよね。革製バッグは手入れをすれば長く使えるので、上手に付き合っていきましょう。

布製バッグとナイロン製バッグのカビ対策はこちらの記事でご紹介しています。

布製バッグのカビの落とし方

ナイロン製バッグのカビの落とし方

※こちらの記事では家中のカビを撃退する方法をまとめてご紹介しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ