手についた接着剤の取り方!ボンド・セメダイン・アロンアルファ

接着剤

接着剤を使って作業していて、うっかり手についてしまった!そんな失敗がよくあります。特に、瞬間接着剤が手についてしまった時は大変!慌ててティッシュで拭いたら、手にティッシュがくっついて取れなくなってしまったり。

ティッシュならまだしも、指と指がくっついて離れなくなってしまったり。指と指がくっつくと、捕らわれたような不安な気持ちになって、つい焦ってしまうんですよね(笑)

ここでは、手についた接着剤の取り方を、接着剤の種類ごとにご紹介します。知識として頭に入れておくと、いざというときに役に立ちますよ!

スポンサードリンク

木工ボンドなど、水溶性の接着剤は?

木工ボンドは乾く前は白いけれど、乾いて固まると透明になりますよね。この透明になって固まったボンドは、水にしばらく浸しておくと、また白く戻ります。木工ボンドには、水に溶ける性質があるのです。

木工ボンドが手について乾いてカピカピになってしまった場合は、手をお湯にしばらく浸して、ボンドを取れやすくしてから、石鹸で手を洗いましょう。

セメダインなど、エポキシ樹脂系の接着剤は?

金属タワシ

エポキシ樹脂系の接着剤、代表的な商品はセメダインです。エポキシ樹脂系の接着剤は、固まってしまう前なら、石鹸をつけてお湯で洗えば取れます。固まってしまうと、水にも薬剤にも強い性質があり、石鹸で洗っても簡単に取ることはできません。

クレンザーの粉末など研磨剤が入ったものを手に少し付けてでこすり取るか、軽石や金属たわしでこすり取ります。クレンザーの成分や、ゴシゴシこすることは、肌トラブルにもつながります。皮膚を痛めない程度にほどほどにしてください。

また、皮膚が弱い人は、エポキシ樹脂でかぶれてしまう場合があります。使用するときは、直接手につかないようにゴム手袋をするなどの工夫が必要です。もし、かぶれてしまった場合は、皮膚科を受診しましょう。

スポンサードリンク

アロンアルファなどの瞬間援着剤は?

アロンアルファなどの瞬間接着剤を使っていると、うっかり指と指がくっついてしまうことがあります。焦ってむりやり剥がそうとすると皮膚の皮がむけてしまうことも。慌てる気持ちはわかりますが、落ち着いて対処しましょう。

瞬間接着剤を取るには、いくつか方法があります。

熱めのお湯の中で揉みほぐす

熱めのお風呂くらい(火傷しない程度)のお湯に手を浸し、しばらく揉みます。熱めのお湯にするのは、皮膚から汗をかかせて接着剤をうかせるためです。

アセトンで溶かす

瞬間接着剤はアセトンという薬剤で溶かすことができます。コットンにアセトンをつけてこすりましょう。除光液はアセトンを主成分としている場合があるので、代用できます。

ただし、最近ではアセトンを使っていない除光液もありますので、表示を確認してください。

瞬間接着剤のはがし液を使って取る

瞬間接着剤をはがすための専用の液があります。主成分はアセトンです。100円ショップやホームセンターで買うことができます。瞬間接着剤と一緒に一本用意しておくと、いざというときに慌てずに済みますよ!

ハード接着剤はがし液 PR200 お試しミニタイプ

ハード接着剤はがし液 PR200 お試しミニタイプ

390円(08/14 20:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

どんな接着剤でも、放っておけばそのうち取れる!

皮膚科

手に接着剤がついても、慌てることはありません。どんな接着剤でも、放っておくだけで、そのうち古くなった角質と一緒に取れてきます。急を要しないときは、放っておきましょう。

ただし、ごくまれに皮膚に水ぶくれができてしまうことがあります。水ぶくれができたら、皮膚科を受診しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。接着剤の種類によって、手についたときの取り方も変わってきます。

  • 水溶性のボンドは、石鹸とお湯で取る
  • エポキシ樹脂のセメダインは、軽石や研磨剤でこすって取る
  • 瞬間接着剤は、熱めのお湯で揉みほぐすか、アセトンで溶かして取る

できるだけ、肌を傷めないような方法で取るのが大切です。薬剤をつかった後は、よく手を洗い、仕上げにハンドクリームをつけましょう。

肌にトラブルが起こった場合は、皮膚科を受診してくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ