虫歯の痛みを止める応急処置 今すぐ自分でできる!

虫歯が痛い女性

「仕事中に急に虫歯が痛くなってしまった!」
「夜中に我慢できないくらい歯が痛くなった!」

こんな時、あなたはどうしますか?

虫歯が痛いということは、虫歯が進行して歯医者さんで治療しないと治らない状態です。

こんな時、すぐに歯医者さんに行ければよいのですが、痛くなったタイミングが夜中だったり、抜けられない仕事の途中だったりすると困りますよね。

虫歯の痛みは時として我慢できないほどで、仕事が手につかなかったり、眠れなくなることさえあります。そんな時に応急処置として自分でできる痛みを和らげる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

自分でできる痛みを和らげる方法

虫歯を冷やす

虫歯は、歯の血流量が多くなり神経が圧迫されることで痛くなります。冷やすことで血流を抑え、痛みを和らげます。氷のうや濡れタオルで、頬側から虫歯を冷やすのが一般的です。

氷のうや濡れタオルを使うが面倒なときは冷えピタなどの冷湿布でも代用できます。また、冷水や氷などを口に入れ、虫歯を直接冷やすことでも、痛みが和らぎます。

食べかすなどを除き、口の中をきれいにする

何かを食べた後に虫歯が痛くなった時は、食べかすが神経を圧迫して、痛みが起きたと考えられます。歯磨きをしたり、つまようじやフロスで食べかすを取り除いたり、口を水でゆすぐなどして、口の中をきれいにしましょう。

この時、注意したいのが虫歯を刺激しないようにすることです。虫歯の神経を刺激してしまうと、痛みが増してしまうことがありますので、十分気をつけて行なってください。

痛みどめ

飲み薬を飲む

市販の痛み止めを飲むのも一つの方法です。我慢できないくらい虫歯が痛んで辛いという時などには、早く効き、一時的ですが痛みを抑えることができます。

「ロキソニンS」は歯医者さんで処方される痛み止めの薬と成分が近いので、歯痛の痛み止めとして一般的です。眠くなる成分が配合されていないので、仕事や運転の前にも飲めるとされています。

虫歯に直接薬を塗る

痛み止めを飲んでも、歯痛が治まらない時は、虫歯に直接薬を塗るのも有効です。液体タイプの「新今治水」とゲル状タイプの「コンジスイQ」いう薬があり、虫歯に直接塗るので、即効性も期待でき数分で効果が現れることもあります。

もう一つ、よく知られているのが、正露丸を詰める方法です。正露丸の有効成分「木クレオソート」が、歯の神経が麻痺させ、根管の消毒もしてくれます。正露丸を痛みのある虫歯の穴に入る大きさにして、詰めるだけです。

30分程で、痛みが和らいでくるでしょう。

スポンサードリンク

手にある歯痛に効くツボを押す

手の甲と手の平に一つずつ歯痛に効くツボがあります。手の甲のツボは『合谷(ごうこく)』と呼ばれ、親指と人差し指の骨が合わさった所から少し人差し指寄りのところを触ると少しくぼんでいます。

合谷(ごうこく)

ここを強めに押すと最初は痛いのですが、その痛みが消えるまでよく揉むと効果的です。

手の平のツボは『歯痛点』と呼ばれ薬指と中指の付け根の間にあります。『合谷』と同じ様に強めにマッサージするのが効果的です。

歯痛点

ツボ押しは薬も道具も必要ないので、覚えておくと便利な応急処置法です。

歯の痛みを悪化させてしまう原因

歯をいじる

虫歯の周りの汚れを取るのはいいですが、手や舌先で必要以上に虫歯を触るのはやめましょう。ばい菌が患部に入ったり、刺激で痛みが悪化することがあります。応急処置をしたあとは、そっとしておきましょう。

熱いお風呂に入る

体温が上がると歯の血流量が増え、神経を圧迫して痛みが強くなります。どうしても入りたいときは、ぬるめのシャワーを浴びるのがおすすめです。

飲酒

お酒を飲んだり、タバコを吸う

痛みから逃れるために、お酒やタバコを摂取するのはやめましょう。どちらも歯を刺激する成分がありますので、痛みを強めることになってしまします。

熱い物や硬い物を食べる

熱い飲み物や硬い食べ物は歯に刺激や負担をかけるので、痛みが強くなる原因になります。痛みが治まるまでは、なるべく常温でやわらかいものを選んで摂取するようにしましょう。

まとめ

虫歯が痛い時の応急処置の方法を5つ紹介しましたが、いかがでしたか?急な歯痛が起こってしまった時は参考にしてくださいね。

でも、応急処置はあくまで応急処置です。痛みが和らいだとしても一時的なものなので時間ができたらすぐに歯医者さんへ行きましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ