蚊に刺されたかゆみを一瞬で止める裏技7選

蚊

「かいぃよ~」
「このかゆみなんとかならない!?」

蚊に刺されてそう思ったことはありませんか?気をつけていても、夏のアウトドアでの活動では、蚊に刺される可能性が大いにあります。一度かいてしまうとどんどんかゆみが増していく厄介なものです。

かゆみを一瞬で止める方法を知っておけば、かき壊して悪化することもありません。そこで今回は、蚊に刺されたかゆみを一瞬で止める裏技をご紹介します。

スポンサードリンク

蚊に刺されるとどうしてかゆくなるの?

蚊は、血を吸う時に唾液を注入しています。この唾液には、刺された痛みを感じさせない作用や、血を固まりにくくする作用があります。人間の体内に蚊の唾液が入ると、アレルギー反応が起こります。この反応が、かゆみの正体です。

かゆみを止める裏技

虫さされ

かゆみ止めが手元にない時でも実践できる裏技をご紹介します。

石鹸で洗う

蚊の唾液は酸性なので、アルカリ性の石鹸で洗うことでかゆみが抑えられます。特に、刺された直後に行うと効果的なので、刺されたことに気づいたら石鹸を使って洗っておくと安心です。

刺された部分を冷やす

唾液によるアレルギー反応を、冷やすことによって抑えることができます。さらに、人は、かゆみよりも冷たさを強く感じやすいので、かゆみをごまかす効果もあります。保冷剤や冷たい水があれば、どこでもかゆみを抑えることができます。

刺された部分を温める

冷やすのとは逆に、温めても血流の減少によりかゆみを軽減させることができます。温度は50度程度がいいので、お湯をかけたり、温かいタオルを当てたりするといいでしょう。

長時間当て続けると、火傷の可能性もあるので、必要以上に当てないように気をつけることが大切です。

絆創膏を貼る

刺されたところに絆創膏を貼ることで、空気に触れなくなり、かゆみを防ぐ効果があります。かゆみがおさまるまで少し時間がかかる可能性がありますが、かかないで済むので掻き壊し防止にも役立ちます。

柑橘類の果汁を塗る

レモンなどの柑橘類の果汁や皮には、抗菌作用があります。かゆみを抑える効果も期待できるので、かゆい場所に塗ると効果的です。

塩を塗る

蚊に刺された場所は、弱酸性になっています。塩は、弱アルカリ性なので、それが中和されて、かゆみがおさまると言われています。また、かゆみの原因である蚊の唾液が外に出る効果も期待できます。

刺されたところをたたく

あまり強い力でたたくのはオススメできませんが、たたくことでかゆみを軽減させることができます。どうしてもかきたい気持ちが抑えられない時は、刺されたところをたたいてみましょう。

スポンサードリンク

蚊に刺されにくくするには?

虫除けスプレーを使う

事前に対策ができるのであれば、虫除けスプレーが一番効果的です。アウトドアで過ごす時間が長い日は、忘れずに虫除けスプレーをしましょう。

汗をこまめに拭く

汗をかくと、蚊が集まりやすくなります。シャワーを浴びるのが一番効果的ですが、それが難しい場合は、こまめに拭くだけでも効果があります。

黒っぽい服を避ける

蚊は黒い色の方に寄ってくる習性があります。白系の服を選んだ方がいいでしょう。髪も帽子などで隠しておくと黒い部分を減らすことができます。

アルコールは控えめに

アルコールを摂取すると、蚊に刺されやすくなります。アウトドアでのアルコールは程々にしたほうがよさそうです。

まとめ

蚊に刺されると、蚊の唾液に反応し、かゆみを感じます。かゆみに負けてかいてしまうと、傷になって炎症になる可能性もあります。かゆみ止めが手元にない場合は、以下の7つの方法を試してみてください。

  1. 石鹸で洗う
  2. 刺された部分を冷やす
  3. 刺された部分を温める
  4. 絆創膏を貼る
  5. 柑橘類の果汁を塗る
  6. 塩を塗る
  7. 刺されたところをたたく

かいてしまうのは悪化するだけなので、やめましょう。事前に対策ができる場合は、虫除け対策をして出かけると、かゆみに悩まされる心配も減りますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ