食器棚の掃除の仕方!月一でキレイに保つ方法

食器棚

食器棚の中は、汚れていないように見えますが意外とほこりがたまっています。食器の出し入れをするときにほこりが入ってしまうのです。隠れたほこりを見逃して長期間そのままにしておくと、そこにダニが発生することもあります。

食べ物を入れる食器にダニが・・・ぞっとしますよね。食器棚にはこびりつき汚れが少ないので、掃除も簡単!しかも、1か月に1回くらい掃除すれば、きれいなままを保つことができます。ここでは、食器棚の掃除の仕方をご紹介します。

スポンサードリンク

食器棚の食器は全部出すの?

食器棚を掃除するには、中に収納している食器を出さなければなりません。まずは、出した食器を置くための場所を作ります。いつも食事をしているテーブルを消毒用のエタノールでキレイに拭いて、広いスペースを作ると良いでしょう。

次に、食器棚の中の食器を全部出します。食器の数が多くて全部出せない・・・という場合は、上の段の食器から出せる分だけ出します。上の段が終わったら下の段というように、分割して掃除しましょう。

食器棚の中を拭き掃除する

重曹水

食器棚の中の汚れの主なものは、ホコリです。ホコリなんて、乾拭きすれば、余裕でとれますよね(笑)汚れに関しては、苦戦しないと思います。食器棚でもう一つ気になるやっかいなもの、それは臭いです!

カレーやキムチなどを盛り付けたお皿は、よく洗ったつもりでも臭いが残ってしまいますよね?とくにシリコン製のものって臭いが残りやすい気がするのは、気のせいでしょうか^^;

臭いのある食器をそのまま食器棚にしまうと、中に臭いがこもってしまいます。このように、いろいろな食器からのかすかな臭いが混ざりあって、食器棚の中がなんとなく嫌な臭いになってしまうのです。

ホコリと臭いを両方一気に解決するには、消臭効果のある重曹水を使って掃除します!

重曹水の作り方は簡単!百均のスプレーボトルに水200mlと重曹小さじ2杯を入れて、良く振って溶かすだけです。

拭き掃除の手順

  • まずはキッチンペーパーで乾拭きして、棚に積もった乾いたほこりをとります。
  • お湯で濡らした布巾に重曹水をスプレーしながら、棚と壁、天井(棚の裏側)、扉の内側も忘れずに拭きます。このとき、取り外しできる棚は、取り外して拭き掃除しても構いません。

    取り外しできない場合、隅の方の汚れはハブラシや急須用のブラシなどを使って、かき出しましょう。こびりついた汚れには重曹水を直接スプレーして、しばらく置いてから拭き取ります。

  • 新しいキッチンペーパーで乾拭きします。このとき、消毒用のエタノールをスプレーしながら拭くと、除菌もできます。
  • 30分くらい食器棚の扉を開けておいて、よく乾かします。乾かしている30分の暇な時間は、重曹水を使って扉の外側を掃除しましょう!
スポンサードリンク

食器を食器棚に戻す

1か月に1回くらいしか掃除しない食器棚。このタイミングで、食器を取捨選択しながら、戻しましょう。欠けている食器や、使わない食器は、思い切って捨てることも大切です。収納するときは、使いやすさを考えます。

ポイントは次の4つ!

  • 日常よく使う食器は、自分の目の高さの棚に収納
  • 重い食器や子供の食器は下の棚に収納
  • お客様用の食器や、ストックの食器は上の棚に収納
  • タッパーやお弁当箱、シリコンケースなどの小物は、ケースにまとめて収納

掃除の後はもうひと手間、防臭

食器棚の中

余力があるならさらにひと手間。コーヒーの抽出かすを使って、防臭ができます。コーヒーの抽出かすは、天日に干してよく乾燥させます。底が広めのビンなどに入れて、食器棚の空きスペースに置いておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

食器棚の掃除の仕方をご紹介しました。キレイに整頓された清潔な食器棚は、見ていて気持ちがよいものです。これを機会に食器棚を掃除して、家事のモチベーションを上げていきましょう!

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ