トイレ詰まりの意外な原因!流せるティッシュや掃除シートもダメ!

トイレ

トイレ詰まりで困ったことってありませんか?

トイレの水が溢れてきたりしたら、もう大変!

朝の忙しいときや夜遅くに詰まってしまうと、家族がトイレ難民になりかねません(笑)明らかに異物を流してしまったとわかるとき以外は、何がどう詰まって流れていかないのか・・・素人にはさっぱりわかりませんよね。

やはり流したものから追って特定するしかありません。だけど、どう考えてもトイレ詰まりの原因となるようなものは流した記憶がない・・・。一体何が原因なのでしょうか?

スポンサードリンク

何か前兆はありませんでしたか?

トイレが詰まってしまう前に何か不吉な前兆はありませんでしたか?過去に流した何かが詰まって、そこへ後から流したものがすこしずつ溜まっていくと、なにかしらの前兆が現れたりします。そんなサインを見逃さないようにしてください!

  • ゴボゴボといった異音がする
    排水管が詰まっているかもしれません。
  • 流れ方が最近おかしかった
    水の流れが悪いときは、異物が塞いでいる可能性が高いです。
  • 水をためておくところの水位が高かったり低かったりする
    水を流した後の水位に変化があれば、排水管が詰まりかけている可能性があります。

このようなサインを見逃さないようにしましょう!

トイレのどこで詰まってしまうのか?

配管

便器は水が溜まっている部分がボウルのようになっているので、水を流すことで便やトイレットペーパーなどが流れていきます。このボウルの部分の奥の見えない部分をS字トラップといいます。

上に上がって下に下がる、Sの文字のようになっているからなんですね。このS字に曲がった配管部分に異物が詰まっているのかもしれません。クネクネしているので、どうしても詰まりやすくなってしまいます。

じゃあ、まっすぐにすればいいじゃない!って思いますが、あれは下水の臭いが上がってこないようにするためです。S字にすることで水を溜めておくことができ、排水管を通って臭いの他に虫の侵入も防いでくれる大切な役割があるんです。

すみません、ちょっと脱線してしまいました(汗)さて、トイレのどこで詰まってしまうのか、ですがちょっとやっかいなのが、S字トラップを通り抜けた先の排水管で詰まってしまうケースです。

排水管に異物が詰まってしまったか、もしくは尿石などが蓄積されて排水管が狭くなってしまうことが原因です。

スポンサードリンク

どんなものが詰まってしまうのか

水に溶けないものはもちろんですが、水に溶けるものでもトイレ詰まりの原因になります。意外なこんなものに気をつけましょう。

  • 一度に大量のトイレットペーパーや流せるティッシュ、流せる掃除シートを流す
  • 大きすぎる便
  • 猫砂(トイレに流せるものでも一度に大量に流すと詰まりの原因になります)

便が巨大すぎて流れないケースって結構あるようですね。こればっかりはどうしようもありませんけど・・・。また、トイレットペーパーなども大量に流すのは詰まりの原因になります。水に溶けないものでも、溶けると思っていることが多いものもあります。

  • 普通のティッシュや小さくちぎった紙類(水には溶けません)
  • ペットの糞(性質が違うので水に溶けにくく毛も混じっています)
  • 食べ残しや嘔吐物(油分があるので排水管にこびりついてしまいます)
  • 灯油やてんぷら油など(排水管で固まってしまい、詰まりの原因になります)
  • おしりふきやウェットティッシュなど(水に流せないものを流せると勘違いする)

そして多いのがポケットから落ちたり、間違って落としてしまったものです。流されてしまってどこかで詰まっているかもしれません。

  • 携帯電話やスマホ
  • 芳香剤や洗剤のフタ
  • 雑巾
  • おもちゃ
  • おむつ
  • 生理用品
  • 使い捨てカイロ
  • 割り箸や爪楊枝

落としたことに気づかずに流してしまうこともあります。流す前に便器の中を確認するクセをつけておくと良いかもしれませんね。

原因はトイレタンクかも?

トイレタンク

節水のためにトイレタンクにペットボトルを入れている方も多いと思いますが、トイレの水量は適切に調節されています。水量を減らすと流れきれずに途中で詰まってしまう、ということもあるのでご注意ください。

詰まったものに、また次に流れてきたものが詰まり、どんどん大きくなって水の流れが悪くなっていきます。これはレバーの大小でも起こりうる現象です。大をしたのに小のレバーを流すと同じように水量が足りず、途中でつまってしまうこともあります。

最近水の流れが悪いと感じている方で、このような節水をしている場合は水量不足で詰まりが生じているかもしれません。ちなみにトイレタンクの構造はこのようになっていて、一度に流れる量が設定されています。

特に最近のトイレは節水型のものが多くなっています。以前は1回に流す量は13リットルが主流でしたが、最近では6リットルまで減っています。環境にやさしいのは良いのですが、それでトイレが詰まってしまっては本末転倒ですよね。

決められた水量で流すことをオススメします。

まとめ

トイレって意外なものでも詰まってしまうんですね。なんでも流せる処分場のようなイメージがありましたが、大きな間違いでした。基本的に流して良いものは水とトイレットペーパー、それに便の3つだけです。

一度に大量に流さず、水量も適量を守って使うことでトイレ詰まりの予防になります。今まで間違ったトイレの使い方をしてきたあなたも、これまでのことは水に流して正しいトイレの使い方をしてください!

【まとめ】トイレの詰まりを自力で直す!スッポン、薬剤、ハンガー??

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ