トイレの詰まりをお湯とバケツで溶かす方法

トイレ

「トイレが詰まった!」

家族からこんな悲鳴が聞こえてきたら、パニくってしまいますよね。どうしよう、自分で治せるのか、業者に頼むといくらくらいかかるのか、などいろいろな不安が頭をよぎります。ですが、案ずるより産むが易しです。まずは行動しましょう!

ということで、今回はお湯とバケツを使ってトイレのつまりを解消する方法をご紹介させていただきます。ただし、スマホなど固形物を落とした詰まりには使えない方法です。その場合には別の方法をご覧くださいね。

このやり方はトイレットペーパーなどの紙類や便などが詰まった場合に有効な方法です。

スポンサードリンク

まずはバケツで水を流してみましょう

これは水圧で詰まったものを流すやり方です。トイレットペーパーや水で流せるお掃除シートなどでも、一度に大量に流すとトイレ詰まりの原因になってしまいます。 放っておいても時間が経てば流れることもありますが、まずは水圧で流してみましょう。

便器に水が溜まっている時は、バケツで水を汲み取ってから始めてください。そのままやっても水が便器からあふれてしまう上、水流を作ることができません。

水を流して詰まりを解消する方法

床などが汚れることもあるので、心配な方は新聞紙やビニールなどを便器の周りに敷き詰めておくと良いでしょう。バケツなどに2〜3ℓの水を用意して、腰の高さくらいから流し入れてください。

いきなりザバーン!っと入れるのではなく、少しずつ流してください。便器の排水口が小さい場合は一度にたくさん入れても水流を作れないので、少しずつ高いところから水を入れることで、勢いのある水が流れていきます。

軽度な詰まりならこれを2〜3回繰り返すことで、解消できることもあります。この方法で全く効果がなければ、次への方法をお試しください。

水で流れなければ、次はお湯を使ってみましょう

バケツを持つ女性

お湯を使う上で最も大切なことは「熱湯は使ってはいけません!」ということです。熱湯を使うのは厳禁です!なぜならば、便器が割れてしまうからです。便器は分厚い陶器でできているので、熱湯をかけると膨張してしまいます。

硬い陶器が膨張するとどうなるか想像できますよね。そう、割れてしまうんです!そうなると最悪の場合、便器を買い換える羽目になってしまうので大変な出費になってしまいます。そうならないためにもお湯の温度には気をつけて下さい。

ではお湯の温度はどのくらいが適当なのでしょうか?だいたい40〜60℃くらいが適当のようですね。お風呂のお湯が40℃よりちょっと高いくらいなので、手を入れて少し熱いかな?っていうくらいでしょうか。

沸騰した水と冷たい水を同じ量で混ぜたものでも良いと思います。泡立ちすぎたら沸かし過ぎなので、冷ましてから使ってください。

スポンサードリンク
お湯を使ってトイレ詰まりを溶かす方法

便器に水が溜まっている時には、水は汲み出しておいてください。せっかくのお湯の効果が薄れてしまうし、溢れ出してしまう可能性もあります。そして水を流す時と同じように、少しずつ高い位置からお湯を流し込んでください。

便器にお湯を流して1時間くらい放置しておいて、そのあとレバーを回して水を流してみてください。すっきり流れればそれで完了です。少しでも改善されていれば、同じことを繰り返してみてください。

便器に水が溜まっていればバケツで汲み取り、お湯(50℃前後の)を便器に流し1時間放置、そして水を流す、という行為を繰り返してみましょう。

水に溶けやすいトイレットペーパーなどは水圧をかけることで流れやすくなり、お湯を使うことで溶けやすくなります。それでも流れなければ、重曹とお酢をプラスしたり、ラバーカップを使う方法もあります。

お湯を入れたときに重曹とお酢を一緒に入れておくやり方や、ラバーカップで上手にスッポンするやり方など、また別の記事でご紹介させていただきます。

トイレの詰まりを重曹とお酢で溶かす方法

まとめ

お湯とバケツを使うやり方は、あくまで紙類と便の詰まりにしか効果はありません。ですが、これで溶かせることも多いようです。ただし何かの固形物が詰まったときは、このやり方だと奥に流してしまう可能性もあり、もっと大変なことになってしまいます。

2〜3回試してみて無理だと思ったら、早めに諦めて次の作戦へ移りましょう。

※こちらの記事ではトイレの詰まりを直す様々な方法をユニークにご紹介しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ