風呂場の天井の黒カビを取る方法

黒カビ
湿度の高いお風呂の汚れ、代表といえば「黒カビ」ですよね。

ぜんそくやアレルギーの原因になるとも言われているし、真っ黒で見るからに汚らしいので、しっかり除去したいものです。

ところが、天井の黒カビとなると話は別です!塩素系漂白剤やカビキラーは、カビに対して強力な効果がある分、人間への毒性も強力です。

お風呂場の天井を見上げて、黒カビのところにシュッと洗剤を吹きかけたとき、万が一ポタポタ垂れてきた液が目に入ったりしたら・・・失明の恐れさえ出てきます。

では、天井の黒カビを安全な方法でキレイにするには、どうしたらよいのでしょうか?
そんな疑問にお答えします

スポンサードリンク

粉末の酸素系漂白剤を使って黒カビ退治

塩素系ではなく、酸素系漂白剤を使って黒カビを落とすことができます。塩素系漂白剤に比べて、黒カビを落とす力は弱いのですが、人体にはとても安全です。

酸素系漂白剤には、液体のものと粉末のものが市販されていますが、液体のものは濃度が低いものが多いため、黒カビ退治には粉末タイプを使います。

なぜ、酸素系漂白剤が塩素系漂白剤に比べて安全なのかというと、それはちょっと混みいった説明になります

酸素系漂白剤の漂白のメカニズム

酸素系漂白剤
酸素系漂白剤は、別名「過炭酸ナトリウム」といいます。過炭酸ナトリウムは、水に溶かすと「炭酸ナトリウム」と「過酸化水素」という物質に分かれます。

その水溶液は、炭酸ナトリウムの性質のおかげでアルカリ性を示します。また、過酸化水素は、アルカリ性の環境に置かれると酸素を出す性質があります。

この出てきた酸素が、汚れと結びつくことで漂白の効果を生み出しています。過炭酸ナトリウムを水に溶かすと、上記のような化学反応をした後、最終的に「炭酸」と「水」と「酸素」になります。

カビ取りの仕事を果たしたあとは、漂白の効果はなくなり、人体に害を及ぼすことがない成分だけを残すのです。酸素系漂白剤が塩素系漂白剤に比べて、安全な理由はここにありました。

スポンサードリンク

少しの工夫で、漂白効率アップ

酸素系漂白剤が安全であることはわかりましたね。でも、黒カビに対して効果が薄いようなら、意味がないじゃないか!そこで、少しだけ工夫をして漂白効率を上げてしまいましょう。

重曹をまぜてアルカリ度アップ

酸素系漂白剤に含まれている過酸化水素がもっとも漂白効果をあげるphは10.5程度といわれています。
ところが、酸素系漂白剤をただ水に溶かしただけでは、これより少しアルカリ度が弱いんです。

そこで、同じアルカリ性である重曹を混ぜてphを少し引き上げ、漂白効果をアップさせてあげましょう

お湯で溶かして分解促進

過酸化水素は、50度くらいの温度だとちょうどいい速さで分解し、漂白効果が高くなるといわれています。酸素系漂白剤を少量のお湯で溶くことで、漂白効率をあげることができます

ただし、あまり極端に熱いお湯で溶いてしまうと、過酸化水素の分解が速くなりすぎて、逆に漂白効率が落ちてしまうので注意です。

ペースト状にして作業しやすく

酸素系漂白剤を溶かすとき、ゆるゆるの液状にしてしまうと天井につけようとしたときに垂れ落ちてきたりして、作業しにくくなります。

酸素系漂白剤、重曹、お湯を混ぜ合わせるとき、ちょうどペースト状になるように粉と水の量を調節しましょう。固めのペースト状にすると、天井のカビに塗っても垂れてくることがなく、作業しやすくなります。

最後に

いかがでしょうか。
洗剤が垂れ落ちてきたりして掃除がしにくい風呂場の天井。そこに生息した黒カビを退治する方法として、人体に有毒な塩素系漂白剤を使うのではなく、酸素系漂白剤を使う方法をご紹介しました

また、酸素系漂白剤は重曹とお湯を混ぜて使うことにより、漂白効果をアップさせることができるとわかりました。

みなさんも、風呂場の天井の黒カビ退治に、ぜひこの方法を試してみてくださいね!

※こちらの記事ではお風呂が超キレイになる掃除の方法とコツをまとめてご紹介しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ