トイレの詰まりを重曹とお酢で溶かす方法

トイレ

紙や便などが原因のトイレ詰まりには、お湯とバケツで溶かす方法を別記事でご紹介させていただきましたが、今回はその方法をパワーアップさせる方法です。ただし、このやり方も固形物が詰まった時には効果がありません。

トイレットペーパーや流せるお掃除シート、それに便などが詰まった時に有効な方法です。すっかり掃除の定番となった重曹とお酢を使うんですが、一体どのように使うのでしょうか?

スポンサードリンク

用意するもの

「トイレのつまりをお湯とバケツで溶かす方法」の記事でお湯を便器に入れて1時間放置する方法をご紹介させていただきました。そのパワーアップの方法が放置するときに重曹とお酢を入れておく方法です。

トイレの詰まりをお湯とバケツで溶かす方法

重曹とお酢が混ざることで発生するシュワシュワの炭酸ガスで、詰まったものを溶かすやり方です。

用意するものは重曹、お酢、それにお湯だけです。

  • 重曹 カップ1/4
  • お酢(クエン酸でもOK)100ml(1/2カップ)
  • お湯(熱湯は厳禁!) 50℃前後のお湯を便器の半分くらいに入るくらい

重曹とお酢で溶かす方法

お酢

先にトイレの止水栓か元栓を閉めて水道を止め、ウォシュレットなどの電源も抜いておいてください。

  1. 便器の水は最初にある程度汲み取っておいてください。

    後からお湯を入れた時に溢れるのを防止するためと、お湯の温度を下げ過ぎないためです。

    灯油を入れるポンプなどがあれば便利ですが、なければ牛乳パックや紙コップなどを利用すると、使い終わった時に処理しやすいですね。

  2. まずは便器に重曹を入れます。

    順番が大切ですよ。まずは重曹からです。

  3. 次にお酢を入れてください。
  4. 最後に便器に半分くらいのお湯を入れます。

    このとき熱湯は絶対ダメです!便器が割れてしまうことがあるので、注意をしましょう。沸騰したお湯と同じ量の水を混ぜたものがわかりやすいと思います。

    シュワシュワ〜と見るからに期待できそうな二酸化炭素の泡が発生するので、そのまま1時間くらい放置してください。すぐに流してしまうと、洗浄効果が薄れてしまうのでご注意ください。

  5. 1時間くらい経ったらラバーカップを使ってみてください。

    ラバーカップがないときは次の6へ進んでください。

    ラバーカップを使うことで流れやすくなり、詰まりが溶けているかどうかの確認にもなります。ラバーカップの上手な使い方は別記事をご覧ください。

  6. 水が流れるかどうかを確認しましょう。

    まずは少しお湯か水を入れてみてください。お湯が引いていけば、詰まりは解消されているはずです。止水栓を開けてレバーを回して水を流してみて、無事流れてくれれば終了です。

最後に便座の電源を入れるのを忘れないでください。家族の誰かが冷たい便座に座ることになってしまいます。全く流れる気配もないときは、固形物などが詰まっている可能性もあります。

別の方法を試すか、早めに業者にお任せするという選択肢もあります。

スポンサードリンク

なぜ重曹とお酢で溶けるのか

トイレ詰まりの原因として考えられるのは、トイレットペーパーなどの紙類や便、尿石などが固まったりして水に溶けにくくなっていることです。炭酸ガスにはこういったものを分解して溶けやすくする効果があります。

トイレットペーパーが詰まりの原因の場合は、水に溶けやすい性質なので重曹とお湯で詰まりを解消できることもあります。トイレットペーパーでトイレが詰まってしまう大きな原因は、トイレが節水型になっているということです。

1回で流れる水の量が少なく水圧も弱いため、大量のトイレットペーパーは詰まりやすくなります。また、最近多いのが流せる猫砂の詰まりです。一度にたくさん流さないように注意してくださいね。

まとめ

私も以前焦ったことがあります。流せるトイレシートが使うそばからボロボロ崩れてしまい、結局一度に何枚も使うハメになり、いざ流そうと思ったら流れなくなってしまったのです。「流せる」の文字にだまされてはいけませんね!

その時はバケツで水を流しただけで流れてくれましたが、みなさんも安〜いお掃除シートにはお気をつけください(笑)

※こちらの記事ではトイレの詰まりを直す様々な方法をユニークにご紹介しています。

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ