初めての一人暮らしの初期費用【学生・新社会人必見】

一人暮らし

新大学生・新社会人。新しい生活の夢にまで見た一人暮らし。

ちょっと口うるさい家族から距離を置ける自分だけの空間。宅飲み・朝帰り・友達との宿泊・自炊などなど色々と楽しみな面はありますが、現実問題として備えなければならないこともたくさんありますね。

その中でも一番はっきりした問題がお金です。「一人暮らしに一体、何にどれだけお金がかかるかわからない!」という方も多いと思います。今回は、一人暮らしの初期費用がいくらかかるのかご紹介します。

スポンサードリンク

住居の費用

家賃

一番基本的なのが家賃です。住むところによってピンキリなのですが、東京の場合は港区・渋谷区・千代田区などの家賃相場が高く、平均11万円です。これは都心部に近い、交通の便が良い、高級住宅というブランドなどの点からが高くなっています。

逆に安いところでは、葛飾区・足立区・江戸川区などがあり、こちらは平均7万円です。

上記の平均金額には家族向けの3LDK等、部屋数の多い物件の家賃も含まれるので、一人暮らしに適したワンルームは平均から1万円程引いた金額で考えると良いでしょう。契約時は初月の家賃を前もって支払うことになります。

敷金・礼金

家賃で忘れてしまいがちなのが、敷金・礼金を含む場合です。部屋によって支払う必要のない場合がありますが、入居前に敷金と礼金というものを支払う必要があります。

敷金・礼金の簡単な説明として、「敷金」=「保証金」、「礼金」=「お気持ち」となります。敷金は家賃が払えなくなった場合や、退去時の清掃費などの費用の補填として扱われるので、最終的に返金される場合もあります。

礼金は「気持ち」と表現しましたが、支払う義務があり、いかなる場合も返金されません。オーナーの懐に入ってしまいます。

仲介料

仲介料は管理会社に支払う料金のことです。賃貸物件は基本的に物件の持ち主(管理人)が不動産会社に「こんな物件を貸出します」と情報を提供して成り立っています。

不動産会社が管理人の代わりに宣伝や契約作業を行うので、そこで仲介料というものが発生します。

保険料

入居時に火災保険加入が必須の物件がほとんどです。2年ごとに更新します。地震保険など任意加入の保険も存在します。

総額

住むところだけで項目がたくさんあってげんなりしそうですが、全部まとめてみましょう。

家賃(前払い) :60,000円(仮でこの金額とします)

敷金・礼金: 120,000円(それぞれ家賃一月分)

仲介料 :60,000円(家賃一月分)

保険料(火災保険):15,000円

合計:255,000円

合計で25万5千円です。家賃だけで済むと思っていたらなんと4倍もの金額が必要となることがわかりました。

引っ越し費用

引越し

どこからどこへ引っ越すのかという距離、荷物の量、時期によって引っ越し料金は左右されるますが、大体10万円ほどになります。より遠方へ引っ越す場合は、家電類は現地で購入することをお勧めします。

また、物件によってはすでに家電が揃っているという場合もありますので、事前に調べておきましょう。

スポンサードリンク

家具家電

家電

引っ越しの時に事前に家具家電を持ってきた場合は0円です。新しく購入する場合は新生活応援セットというものがあり、6万円ほどで家電一式(冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・掃除機・洗濯機)は揃います。

家具

家電ときたらそれを置く台や布団・ベットが必要です。

寝具(布団):10,000円

ベットでもいいのですが、東京などワンルームの狭い部屋ではほとんど生活スペースが消えてしまうので、布団がおすすめです。ベットだと模様替えの時も一苦労します。

机・椅子:15,000円

大学生はもとより、社会人の方でも勉強机は必須です。

衣類収納ケース 2,000円

一人暮らしなので、タンス程大きいものである必要はありません。女性で衣類が多い!という場合でもプラスチック製の持ち運びしやすいものの方が良いでしょう。

テレビ: 35,000円

20インチの小さいサイズもありますがパソコンのモニタのようなサイズなので、最低限見やすさを考慮する場合は30インチ程が良いでしょう。

暖房機器: 10,000円

雪国では石油ストーブくらいの火力がないと死活問題ですが、東京あたりならセラミックファンヒーターでも十分暖かいです。

合計 72,000円

こだわらなければいくらでも安くできる家具類ですが、適当なものを選んでしまうと健康を害して しまうので、最低限のラインは確保したいところです。

まとめ

それでは、今までの費用をまとめてみましょう。引っ越し費用は無し、引っ越し先で家具家電を揃えた場合とします。

家賃費用: 255,000円

家電費用: 60,000円

家具費用: 72,000円

合計: 387000円

合計で38万7千円、約40万円となりました。

新大学生・新社会人にとっては用意するのに大変な金額ですので、計画的に貯金したりご家族と相談しましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ