自分に合った正しいベッド・マットレスの選び方

ベッド

ベッド・マットレスってきちんと選んでいますか?いざ買おうと思っても、何を基準に選んで良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか?ベッド・マットレスは人生の1/3を過ごす場所とも言われています。

1度買うと長く使うものなので、自分に合ったものを選んで快適な睡眠環境を作りましょう。

スポンサードリンク

ベッド・マットレスを選ぶ理由

私たちは、睡眠時のあお向けの姿勢では頭、背中、腰の3箇所が主に重力を受けることになります。自分に合わないマットレスと使っていると体への負荷が大きくなり、せっかく寝ても、体の疲れが取れない、なんて事にもなってしまいます。

体への過度な負担は、眠りを浅くし、腰痛などの体調不良の原因にもなります。ベッド・マットレスは体圧を分散させて身体への負担を軽くできるものを選ぶことが何よりも大切です。

例えば、柔らかいマットレスに寝た場合は、重力を受ける3箇所が沈みすぎてしまい、不自然な姿勢になり腰痛などの症状の原因になる場合があります。反対に硬すぎる場合は、自分の体重で 背中や腰がうっ血し、寝苦しくなり、寝返りが多くなります。

使っていて心地良いと感じる硬さが、体への負担が少なく、体の凹凸をうまく支えられている硬さでもあります。ベッド・マットレスの代表的な種類を紹介しますので、自分の合ったベッド・マットレスを探す参考にしてください。

スプリングタイプのマットレス

らせん状に巻いたコイルを使用したマットレスです。

ボンネルコイルマットレス

コイルスプリングを連結させたマットレスです。適度に硬く、強い弾力があります。体を面でしっかり支えるので、硬めのマットレスが好きな方におすすめです。コイルの中は空洞なので通気性がとても良好ですが、動くと揺れが気になる場合があります。

高密度スプリングマットレス

コイルを高密度に配置したマットレスで、横揺れが少なく、耐久性が高いのが特徴です。

丈夫なため、ホテルなどでも使われています。かなり硬めの寝心地になりますので、やわらかいマットレスが苦手な方や、体重が重く、沈みこみが気になる方におすすめです。

ポケットコイルマットレス

コイルを一つずつ小さな袋に入れてあるので、体を点で支えることができます。あお向けで寝ると、体が立った時の状態に近くなるので、体にかかる圧力をうまく分散できます。寝返りのときの横揺れが少ないというメリットもあり、2人寝にもおすすめです。

価格はやや割高で、体重が重い方は、ボンネルコイルよりも体が沈みやすくなります。

スポンサードリンク

ウレタン・樹脂素材のベッド・マットレス

スプリングが入っていないタイプのマットレスです。

低反発ウレタンフォーム

もともとはNASAで考案された衝撃吸収素材です。重みや温度に反応し、ゆっくりと体が沈み、包み込まれるような寝心地が魅力です。体を圧迫しないので寝返りの回数が減り、睡眠の質が安定します。

床ずれ防止になるので、長時間ベッドに寝ている方や体重が軽い方におすすめです。ウレタン素材なので通気性はよくありません。また、気温によって硬さが変わるのが難点です。

高反発マットレス

樹脂を網目状に編んだ素材で、低反発マットレスより固めです。理想の睡眠姿勢を保ち、寝返りをサポートしてくれます。通気性が良く、夏は涼しく、冬はあたたかいのも魅力です。洗えるので、清潔に保てます。価格が若干高めなのが難点です。

マットレスを選ぶときのポイント

寝心地

マットレスを選ぶ時は、店舗へ足を運び、実際にマットレスに横になって試してみることが大切です。その時に、ぜひチェックして欲しい項目を紹介します。

寝心地

あお向けで寝たときの寝心地と体の状態をチェックします。あお向けが心地よいと感じるものを選びましょう。あお向けで寝た時に、腰とマットレスの間が2〜3cm程度になるのが理想的です。

寝返りがスムーズにできるか?

睡眠中に寝返りができないと、血流が悪くなったり、体温調節がうまくできなくなったりします。余計な筋力を使わずにスムーズに寝返りできるかをチェックしましょう。

揺れ

横揺れがひどいと睡眠が浅くなってしまうことがあります。特に2人で同じベッドで寝ていると、相手が寝返りを打つたびに揺れが起き、気になることがあります。揺れが大きいものは避けましょう。

きしみ音

寝返りを打った時など、あまりにきしみ音が気になるようだと睡眠の妨げになっています。ベッドに座る、寝返りを打つなどして、音がしないか確認しましょう。

通気性

高温多湿の日本では、通気性のよいマットレスを選ぶことが大切です。通気性が悪いと、湿気がこもり、カビの原因にもなります。アレルギー体質の方は特に注意をしましょう。

まとめ

マットレスの種類と選ぶ時のポイントを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?睡眠に大きく影響するマットレスは自分にぴったりのものを選びたいですよね。

マットレスの購入を検討している方は、ぜひ1度お店に足を運んで、お好みのマットレスをチェックしてみてください。体にあったマットレスで、よりよい睡眠が手に入りますよ。

自分に合った正しい枕の選び方!硬さ、高さ、素材

【まとめ】睡眠でお悩みの方のための対処法!ぐっすり眠ってすっきり起きる

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ