トイレの詰まりを確実に直す裏ワザ8選

トイレ

ある日急にトイレが詰まったら・・・。

あまり想像したくはありませんが、その「ある日」は突然やってきます。何か裏技はないものか?誰もがそう思いますよね。 実はあるんです。

確実に直せる裏技が!どこのご家庭にもあるようなちょっとした道具や、専門の道具を使った直し方を8つご紹介させていただきます。

もちろん確実といっても詰まった状態によっては100%とはいえないケースもありますが、専門の業者を呼ぶ前に是非試してみてください。

スポンサードリンク

水に溶けるものが詰まったときの確実に直せる裏技

トイレットペーパーや便、それに水に流せる○○といったものが原因の詰まりには、このようなやり方をお試しください。

ホース

ホースを蛇口にセットして、ホースから出る水流で詰まりを流してしまおうというものです。便器の中の水はできるだけ除いておいて、ホースを配管の中まで入れて蛇口を回してください。洗面台などの蛇口とトイレは普通離れていると思います。

ホースは便器から外れないように固定してください。できれば蛇口をひねる人とホースを持つ人の二人でやることをオススメします。

お湯とホースのコラボ

この二つを組み合わせるともっとパワーアップします!最初に便器の水をある程度除いておいて、配管にぬるま湯を少し流します。(熱湯はNGです)こうして詰まりを柔らかくしてから、ホースを配管に入れて水を流してください。

ハンガー

クリーニングなどについてくる針金ハンガーをほどいて1本に伸ばし、先端に輪ゴムくらいの大きさの輪を作ってください。針金の先で便器に傷がつかないように作るのがポイントです。ハンガーは結構硬いので手を傷つけないように注意しましょう。

これで簡易ワイヤーの出来上がりです!配管の中にワイヤーを抜き差しして詰まりを崩していきましょう。強引に奥に入れたりすると崩しにくくなることもあるので、慎重に扱うようにしてくださいね。固形物らしき感触があったら、慎重に崩していきます。

トイレブラシ

トイレ用の洗剤を少し多めに便器に入れて、バケツで水を入れながらトイレブラシで配管の入り口あたりをツンツンしてみてください。ブラシを押し込んだり引いたりすることで水が押されて流れやすくなります。

固形物が詰まったときの確実に直せる裏技

驚く女性

ポケットに入っている携帯やスマホやなど、知らないうちに落としてしまうこともあります。また子どものおもちゃやおむつ、ナプキンなども誤って流してしまうこともありますよね。

そんなときには慌てずに、奥に流してしまわないように慎重に取り出してください。

ゴム手袋や重ねたビニール袋

浅いところにある固形物なら取り出せます。ビニール袋を使う場合は、水が侵入しないように何枚か手にかぶせて使用してください。固形物が原因でなかった場合は、拳を握って入れたり出したりしてみてください。

隙間ができないように少し奥まで手を入れるのがポイントです。スッポンを使うのと同じ原理で水が流れやすくなります。

長めのトングや割り箸

便器に傷がつかないようなトングや割り箸などで詰まったものを取り出すこともできますが、これには危険が伴います。それは固形物を誤って配管の奥に追いやってしまうことです。

水に溶けない固形物は配管の奥の方で挟まってしまうと、業者を呼ぶしかなくなります。この方法を試すときには慎重にお願いします。

スポンサードリンク

専門の道具を使って確実に直せる裏技

これからご紹介するのは通常家庭にはないものですが、お値段的にはそれほど高くないものなので、日頃からトイレが詰まりやすい、流れが悪いといったときには購入しておくと便利かもしれません。

真空式パイプクリーナー

ネットでは千円以下から販売されています。スッポンと同じような使い方ですが、真空をつくることで強い圧をかけることができます。ただし、水が飛び跳ねるのでゴミ袋などで養生してから使ってください。

1回で効果が出なくても、何度か繰り返すことで流れやすくなります。

 ワイヤー式パイプクリーナー

こちらもネットで千円前後で購入でき、トイレ以外にも様々な排水溝、排水管などに使えます。ワイヤーの先端についているらせん状のヘッドが、詰まりの原因を取り除いてくれます。

ワイヤーについてる固定ネジをゆるめてゆっくり配管の奥に入れていきます。 止まったところが詰まりの原因があるところと考えられるので、そこでハンドルを固定してワイヤーを回転させます。

ゆっくり引き抜いて先端に付いた汚れを雑巾などで拭き取り、水が流れるまで繰り返してみてください。

このほかにもラバーカップを使う方法もあります。使い方や種類については別記事でご紹介しますので、どうぞご覧ください。

まとめ

固形物が詰まっているときは、無理をすると配管の奥に流してしまうリスクもあります。落としたものに心当たりはないか、家族に確認をとってからやり方を選んでくださいね。また、やり方などによっては水が飛び跳ねたりすることもあります。

下に新聞紙や雑巾などを敷いて、ゴム手袋や使い捨てのエプロンなども着用すると心強いですね。

準備万端で確実に直せる裏技、お試しください!

※こちらの記事ではトイレの詰まりを直す様々な方法をユニークにご紹介しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ