フローリングに敷いた布団のカビ対策

フローリングに敷いた布団

フローリングはカビとは無縁だと思っていませんか?そんなことはありませんよ!一晩にかく汗は大人でコップ1杯にもなります。しかも布団は温められているので、カビにとっては居心地のいい場所になってしまいます。

今回はフローリングに布団を敷いて寝るときの、思わぬ落とし穴であるカビ対策についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

直接布団をフローリングに敷かない

直接フローリングに布団を敷いて寝ると、フローリングが濡れていたという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。朝起きたときにちょっと布団を持ち上げると、フローリングが濡れていてあ〜らびっくり!と思ったことはありませんか?

この原因は結露です。布団にしみた汗が下へ下へと流れ、フローリングまで落ちるとそこで結露となり、これが毎晩繰り返されることになります。この結露の対策は、フローリングの上に直接布団を敷かないことです。

すのこ

通気性は良くなりますが、すのこも木製なので湿気を含みやすく、結局はすのこ自体がカビてしまいます(泣)。定期的にすのこも干したり、すのこの下の風通しを良くする工夫が必要になります。

ちなみにカビにくい材質はヒノキや桐です。購入するときには材質も確認してください。

除湿シート

除湿シートはフローリングと布団の間に挟んで使用します。使われている素材によって効果に違いがあり、シリカゲルが素材のものは値段は手ごろですが、吸収できる量が少ないようです。

やはりお値段が高めのベルオアシスなどの方が吸収能力は高くなっています。こまめに除湿シートを乾燥させることができるのであれば、シリカゲルでも良いかもしれませんね。

新聞紙

くしゃくしゃっと一度丸めておくと吸収能力が上がります。湿気は吸い取ってくれますが毎日取り替えなければならず、新聞の文字が布団に写ってしまうのがデメリットです。

段ボール

吸収力もあり、断熱性もあるので結露対策には効果的です。毎日取り替える必要がありますが、いくつか用意しておくとローテーションで使いまわしができるので便利です。

バスタオル

バスタオルは吸収力が高いですが、毎日干さなければバスタオルもカビてしまいます。梅雨の時期などは干しても乾きにくいので、注意をするようにしてください。

ござ

水分を吸収してもカビにくく、乾きやすいのがメリットです。しかも丸めておけるので場所を取りません。カビにくいとはいってもたまには干して除湿する必要があります。

コルクマット

100円ショップなどにつなげて使えるものも売られていて、手軽に手に入ります。コルクマットの内部の気泡が空気の層を作るうえ、コルクも吸収性と断熱性に優れているので、水分や熱の放出に優れています。

布団を敷きっぱなしにしない

すのこ

フローリングの上に布団を敷きっぱなしにしておくと、ホコリやゴミなども溜まりやすくなり、ホコリにはカビの胞子やダニなども含まれています(恐ろしいですねぇ〜)。

布団を敷きっぱなしにしないで、敷いている周りは特にキレイにしておきましょう。

スポンサードリンク

布団を干す

やっぱり天日で干すのが一番ですね!天日干しした布団はフカフカして、太陽の良い匂いに包まれて寝るのはとても気分がいいものです。

室内干し

外に干せない場合は室内に干すだけでも効果があります。ソファーなどにかけておいたり、すこし布団をめくっておくだけでもカビ対策になります。

また、布団を敷く場所を時々ずらしてみるのも良いかもしれませんね。

布団乾燥機を使ってみる

場所がない!などで布団を移動させることができないときは布団乾燥機を使ってみましょう。フローリングの上に直に敷き布団を敷いたまま布団乾燥機を使うと、結局敷き布団の湿気がフローリングの上にたまってしまうので、カビ対策にはなりません。

敷き布団とフローリングの間に布団乾燥機を入れて使うようにしてください。すのこなどで隙間があるときは、掛け布団と敷き布団の間に入れて使用しても大丈夫です。

カバーをこまめに洗濯する

布団カバーが汚れているとカビだけではなくダニの発生率も高くなります。こまめに洗濯することもカビ対策のひとつです。

どれかひとつの対策だけをとっていても、いつかはカビが出てくる可能性が高いです。その日の汗はその日のうちに逃がしておくのがカビない基本です。いくつかの対策を組み合わせて、部屋に合った方法でカビ対策をとってみてください。

【まとめ】カビ対策 家中のカビを撃退する方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ