スッポンでトイレの詰まりを直すコツ

スッポン

トイレが詰まった、といって真っ先に思いつくのはスッポンではないでしょうか。ただ、トイレが詰まったときに使うもの、という認識はあっても、正しい使い方となるとあまりご存知ないかもしれませんね。

そこで今回はトイレ詰まりの救世主、スッポンの正しい使い方とコツについてご説明させて頂きます。ここを読めば、もうあなたは一流のスッポンの使い手です!しっかりマスターしてトイレの詰まりを解消しましょう。

スポンサードリンク

用意するもの

まずは準備から始めましょう。

スッポン以外はだいたい家庭にあるもので揃えられると思います。

  • スッポン(洋式と和式で形が少し違います)
  • ゴミ袋(45ℓくらいのもの2〜3枚)
  • バケツ
  • 灯油ポンプ(なければ水を汲み出せる小さいバケツなど)
  • 雑巾
  • ゴム手袋(ビニール袋でも代用できます)
  • マイナスドライバー(止水栓の開け閉めに使用)

スッポンには種類があり、洋式と和式では形が異なります。和式は一般的なお椀の形をしたもので、洋式は先に突起がついているものです。また、節水型の複雑な構造のトイレに適したスッポンもあります。

こちらの記事でスッポンの種類についてご確認ください。

ラバーカップに種類があった?そのトイレに合うスッポンはコレ!

スッポンでトイレの詰まりを直す手順

掃除道具

それではスッポンの使い方についてご紹介させていただきます。注意したいのが水跳ねです。気になる方は、ゴム手袋以外にも使い捨てのエプロンなども着用してください。

止水栓を止める

一般的に止水栓はマイナスドライバーで開け閉めするようになっています。止水栓を閉めて水が流れないようにしてください。

タンクの水を灯油ポンプで吸い取る

念のためにタンク内の水も抜いておきましょう。灯油ポンプなどでバケツに水を移しておきます。これは間違ってレバーをまわしたときに、便器の水が溢れてしまうのを防ぐためです。レバーを回さないという自信があれば、省略してもいいでしょう。

便器内の水を確認 

便器の中の水の量は、スッポンを排水口につけたときゴムの部分が水に隠れるくらい、だいたい便器の上面から10cm程度低いくらいの量にしてください。 水の量が多かったら、灯油ポンプを使って抜いておきます。

灯油ポンプがなければ紙コップなどで除いてください。足りなければバケツで水を足しておきましょう。

便器周りの養生をする

ゴミ袋の中央に穴を開け、そこからラバーカップの柄を通して、便器全体を覆うようにゴミ袋を被せます。残りのゴミ袋は念のため床などに敷いてください。

スッポンで詰まりを直す

さあ、いよいよ本番!スッポンで詰まりを直しましょう。排水口にラバーカップを水平に密着させゆっくり押しこんでください。押し切ったらそこで思い切って一気に引き抜きます。引き抜くときに水が飛び散りますが、きちんと養生をしておくと気兼ねなく作業に集中できます。

この動作を数回繰り返すことで詰まりが解消できます。途中で「ゴボッ」という音がしたら、もう大丈夫です。もしトイレットペーパーなどの詰まっていたものが出てきたときは、小分けにして流してください。

また水に溶けない固形物が出てきたら、絶対に流さずに取り除いてください。

バケツの水を静かに流し詰まりを確認

詰まりが解消されたかどうかを確認するために、バケツの水を少しずつ流してみましょう。排水されていけば詰まりは解消されているはずです。これで流れないときは、何か水に溶けない異物が詰まっているかもしれません。

または排水管に劣化などの原因があることも考えられます。あきらめて業者に頼むのも選択肢のひとつですね。詰まりの原因がトイレットペーパーや便の場合は、このような方法も一緒に試してみてください。

トイレの詰まりをお湯とバケツで溶かす方法

トイレの詰まりを重曹とお酢で溶かす方法

トイレの詰まりを薬剤で溶かす方法

トイレの詰まりを確実に直す裏ワザ8選

止水栓を開けて片付ける

作業が終わったら止水栓を開けてレバーを回して流してみましょう。まわりの養生を片付けて、使用したラバーカップも、バケツの水をかけて洗い流してベランダなどでしっかり乾かしておいてください。

汚物などがついたまま保管しておくと、雑菌が繁殖して虫がわくといった怖い事態になりかねません。あとはまわりの飛び跳ねた水を雑巾で拭き取って終了です。

読んだだけじゃ、どうもピンとこない?そうですよね。そのために今回は動画を用意させていただきました。

どうぞご覧ください!

コツさえつかめば、あとは簡単です。最初は少し苦労するかもしれませんが、トイレを直すためです。がんばりましょう!

スポンサードリンク

スッポンを上手に使うコツとは

基本は詰まりの原因をを押し込むのではなく、引き抜くということです。作業をするときも、詰まりを引き抜く気持ちでやってください。スッポンをゆっくり排水口に押しこんで、一気に引き抜く!「ス〜〜〜ッポンッ!」っていう感じですね。

そして重要なのが排水口にスッポンのゴムの部分をしっかりとくっつけ、密着させて空気が入らない状態にすることです。次に水を押し込むイメージでゆっくり押していき、一気に引き抜きます。

何度かやってみて効果がなければ、スッポンを押し込んだ状態で少し動かしてみてください。排水管の中の水を動かすようにフリフリしてみましょう。力に任せて勢いだけでやっても効果は上がりません。

水の流れを想像しながら、詰まったものを引き抜くイメージでやりましょう。

まとめ

忘れた頃にやってくるのも・・それは天災とトイレ詰まりです!スッポンの用意ができたら、このページのブックマークも忘れないでくださいね。

※こちらの記事ではトイレの詰まりを直す様々な方法をユニークにご紹介しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ