夏風邪と思ったらインフルだった!症状や対策は?

夏風邪

「インフルエンザは、冬だけに気を付ければ良い病気」だと思っていませんか?信じられないかもしれませんが、東南アジアなどの熱帯地方では1年中インフルエンザが流行しています。

そして、日本国内でも沖縄を含む暑い地域では、夏にインフルエンザが流行することも多くなりました。冬に流行するはずのインフルエンザが、なぜ夏場にも流行するのでしょうか?そして症状などは、冬と比べて何か違いがあるのでしょうか?

この記事ではインフルエンザが夏場に流行する理由やウイルスの特徴、効果的な予防法などについてご紹介します。

スポンサードリンク

夏にインフルエンザが流行する理由

インフルエンザと言うと低温と乾燥を好むイメージがあります。しかし、これはあくまで日本国内での話です。海外、特に熱帯地域である東南アジアでは高温多湿な雨季に流行します。

雨が多い季節にインフルエンザが流行するのは「日光に当たらなくなって体内のビタミンDが不足するため」という説もありますが、一番の理由はウイルスが生き延びるために環境に適応し、自らの性質を変えた結果です。

最近では観光や仕事を探すために多くの外国人が日本を訪れ、また日本人も海外旅行に出かけるようになりました。その結果、海外のウイルスが日本に持ち込まれるようになったのです。

また、日本国内でも夏にエアコンを使用することで、低温・乾燥の2つの条件が重なってしまいます。

だから現在では、

  • 低温と乾燥を好むインフルエンザウイルス
  • 高温多湿を好むインフルエンザウイルス

この両方に気を付ける必要があります。

冬のインフルエンザとの症状の違い

熱をはかる男性

「インフルエンザと言ってもウイルスの型が違うなら、症状も違うのではないか?」そんな疑問が浮かんできそうですね。

一般的なインフルエンザの症状は、感染後数日間の潜伏期間を経て一気に発熱。38℃以上の高熱に関節や筋肉の痛み、全身の倦怠感、頭痛などに見舞われます。そして3~4日ほどで熱が下がり、1週間ぐらいで症状が治まってきます。

実は夏に流行するタイプであっても、症状はほとんど同じです。違いがあるとしたら、「夏風邪または熱中症と併発する場合がある」ということです

。つまり、夏風邪あるいは熱中症で免疫力や体力が落ちている時に、インフルエンザにも感染してしまうという事です。また、本当はインフルエンザに感染しているのに、季節の関係上夏風邪や熱中症と間違えられてしまう事もよくあります。

それは「夏にインフルエンザにかかるわけがない」という思い込みもありますが、一番の理由は夏風邪・熱中症・インフルエンザそのいずれもが発熱そして下痢という共通点を持っているためです。

見極めるポイントは、「何度以上の発熱があるか?」この1点に尽きます。インフルエンザの発熱は38℃以上が特徴です。これに対して、夏風邪や熱中症は37~38℃が平均だと言います。

だから熱を測ってみて38℃以上だった際は、インフルエンザの可能性があります。すぐに病院に行って診察を受けましょう。

スポンサードリンク

夏インフルの感染を防ぐための対処法

予防法は、免疫力を下げないこと。これが何よりも大切です!夏はとにかく暑さや夏バテなどで体力が落ちてしまいがち。免疫力が下がることで、インフルエンザに感染しやすくなってしまいます。

また、食べ物・飲み物共に冷たい物を摂り過ぎる事は、胃腸が冷える原因です。胃腸が弱るのもウイルスに付け込む隙を作ってしまうので、食事にも気をつけましょう。また、水分補給も重要です。

よく熱中症対策として取り上げられる水分補給ですが、実はインフルエンザの予防にも有効です。まず、人間の体は半数以上が水でできており、健康維持のために水分は必ず摂る必要があります。

そして水分を摂取することで喉や鼻などに生えている線毛という毛の運動が活発になり、ウイルスやばい菌が含まれた粘液を体外に排出する動きが盛んになります。だからこまめに水分を摂るようにしてください。

まとめ

今回は夏のインフルエンザについてご紹介しましたがいかがでしたか?もはや日本国内でもインフルエンザは冬だけでなく、夏場にも気をつけないといけない病気になってきています。

暑い季節でも手洗い・うがい、そして水分補給などにも気をつけてインフルエンザを防ぎましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ