ブルーライトの睡眠への良い影響!?危険なだけじゃなかった

ブルーライト

「ブルーライトが眠れなくなる原因になる」ということは、皆さんご存知だと思います。「寝る前にスマホやPCを見てはいけない」というのは、不眠に悩む人たちにとってもはや常識なのではないでしょうか。

睡眠に悪影響を与えるものとしてすっかり定着した「ブルーライト」ですが、実は良質な睡眠にとって欠かせないものでもあるんです。今回は、あまり知られていないブルーライトの睡眠への良い影響について紹介します。

スポンサードリンク

そもそもブルーライトとは?

ブルーライトとはどんなものなのでしょうか?主にPCやスマホの液晶画面から出ている光というイメージが強く、人工的な光だと思われている人も多いと思います。実は「ブルーライト」とは自然界に存在する、とても身近なものなんです。

光の色は7色あり、波長によって色が変わります。虹が7色なのもこのためです。ブルーライトとは、自然界にある7色の光の中の「青い光」のことです。ちなみに空が青く見えるのもこのブルーライトの影響です。

私たちはPCやスマホがなくても、ずっと昔から太陽の光によってブルーライトをたっぷり浴びていたんですね。

ブルーライトに悪いイメージがついた理由

目頭を押さえる女性

7色の光の中で、ブルーライトは最もエネルギーが強いので、眼精疲労と覚醒効果があります。PCやスマホのバックライトに使われている「LED」には、ブルーライトがかなり多く含まれています。

その光を至近距離で見るため、PCやスマホを見ると、強い覚醒効果が促されます。そのため、ブルーライトを夜に浴びると目が冴えて、「眠れなくなってしまう=体に悪い」というイメージがついてしまいました。

スポンサードリンク

ブルーライトは体にいい

本来「目が冴える」ことは悪いことではなく、むしろ朝には必要なことです。「朝、青空を見るといい」と言われるのは、ブルーライトが目に入ることで、脳が活性化するためです。

ブルーライトは元気の源であるセロトニンを活性化してくれる役割があるので、むしろ昼間は積極的に浴びた方がいいのです。そして、夜に自然のブルーライトが少しずつ減っていくことで眠くなっていくのです。

午後3時まではブルーライトをたくさん浴びましょう

朝起きるときに太陽光などブルーライトを含む強い光を浴びると、睡眠ホルモンであるメラトニンが減っていき、セロトニンが活性化します。

こうすることで、体内時計もリセットされ、昼間に十分に活動することができ、夜の良質な睡眠へと繋がっていきます。

また、午後3時以降はブルーライトを控えることで、覚醒作用が弱くなり、本来人間が持っている自然な睡眠サイクルへと整っていきます。

医療現場でも利用されるブルーライト

ブルーライトは、元気の源であるセロトニンを活性化するので、医療の現場でもうつ病の治療などに積極的に利用されています。

また、体内リズムをコントロールするために、夜間の仕事などをしている人にブルーライトを含む蛍光灯の光を照射する治療もあります。

就寝前には、PC、スマホのブルーライトに気をつけましょう

それでも、PCやスマホによるブルーライトの覚醒効果は、現代人にとってはやはり無視できるものではありません。夜は、それらを使わないようにできればいいのですが、なかなかそうはいきません。

そんな時は、ブルーライトをカットするシートや眼鏡を使用することで、ある程度は覚醒効果を和らげることができます。

まとめ

ブルーライトは私たちが昔から親しんできたものです。本来であれば、身体にとって決して悪いものではありません。昼間に太陽からブルーライトをしっかり浴びて、夜はなるべく遠ざけましょう。

ブルーライトとうまく付き合っていくことで、毎晩ぐっすり眠れる睡眠サイクルができますよ。

【まとめ】睡眠でお悩みの方のための対処法!ぐっすり眠ってすっきり起きる

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ