きゅうりを冷凍保存で長持ちさせる方法

きゅうり

「きゅうりがいつの間にか萎びている…」

「大袋の方が安いけど、使い切れなそうだからやめとこう」

そんな経験はありませんか?きゅうりは傷むのが早く、放っておくとすぐにダメになってしまいます。

でも、常備しておくといろいろ使えて便利な野菜です。きゅうりを冷凍できればいつでも使えるし、大量購入もできます。きゅうりの冷凍は無理と思われがちですが、ちょっとしたコツで冷凍できるんですよ。

今回は、きゅうりを冷凍保存で長持ちさせる方法をご紹介します。とっても便利なので、是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

きゅうりってどんな栄養があるの?

きゅうりは、ほとんどが水分でできていると言われていますが、栄養素もちゃんと含まれています。具体的には、ビタミンC、カロチン、カリウム、そして食物繊維が含まれています。ビタミンCとカロチンには、風邪の予防に効果があります。

カリウムには高血圧予防の効果があります。食物繊維は便通に効果的です。このように、きゅうりは大事な栄養素がちゃんと含まれている野菜なのです。

冷蔵だとどれくらいもつの?

冷蔵保存

新鮮なきゅうりを手に入れても、常温だと1~2日しか鮮度がもちません。冷蔵保存であれば5日くらい新鮮さを保ちます。

しかし、冷蔵庫に入れても1週間くらい経つと、元気がなくなり、食感が悪くなったりしますので、なるべく早く食べるほうがよいでしょう。また、きゅうりを切ってしまうと、そこから乾燥していくため、さらに早く使い切る必要があります。

できるだけ長持ちさせるためには、少し面倒ですが、買ってきたら1本ずつキッチンペーパーとラップに包み保存するようにしましょう。さらに、立てて置いておくと、より長く鮮度を保てます。

スポンサードリンク

きゅうりって冷凍保存できるの?

きゅうりやトマトなどの水分が多い野菜は、そのまま冷凍すると食感が悪くなるため、冷凍できないものだと思われています。しかし、ちょっとひと手間加えれば、冷凍保存ができるようになるのです。

先述したように、冷蔵保存だと鮮度が保てるのはせいぜい1周間程度ですが、冷凍なら1ヵ月は保存できるようになります。また、以下に紹介する手順で冷凍保存すれば、食感もしっかりと守られます。

きゅうりの冷凍保存方法とは?

きゅうりは冷凍できない、と思っている人がほとんどだと思いますが、“塩”を使えば美味しく冷凍できます。

準備するもの
  • キッチンペーパー
  • ジップロック
手順
  1. 輪切りに切ります。
  2. 塩をふって、軽く揉みます。
  3. 水で塩を流してから、水気を絞ります。
  4. キッチンペーパーで拭きます。
  5. ジップロックに入れて空気を抜きます。
  6. 冷凍庫に入れて完了です。

塩で揉むのは少し面倒ですが、この工程で冷凍することにより、冷凍してもきゅうりのシャキシャキとした食感を保持することができます。使うときは、自然解凍か冷蔵庫に入れて解凍します。

冷凍する際に、使いたい量ごとに小分けにして冷凍すると、後々調理する時に便利に使えます。

まとめ

水分ばかりだと思われているきゅうりにも、ビタミンC・カロチン・カリウム・食物繊維といった栄養素が、しっかり含まれています。

冷蔵保存方法

  • 5日程度保存できます。
  • 1本ずつキッチンペーパーとラップに包み、さらに立てて保存するとより長持ちします。

冷凍保存方法

塩を使うと、シャキシャキしたままのきゅうりが保存できます。

手順
  1. 輪切りに切ります。
  2. 塩をふって、軽く揉みます。
  3. 塩を流して、水気を絞ります。
  4. キッチンペーパーで拭きます。
  5. ジップロックに入れて空気を抜きます。
  6. 冷凍庫に入れて完了です。

きゅうりが冷凍保存できれば、サラダや酢の物など、使いたい時にいつでも使えて便利です。安い時に大袋で買って、冷凍庫に常備しましょう!

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ