エアコンの冷房とドライの違い!電気代や冷房効果は?

エアコン

みなさんはエアコンの「冷房」と「ドライ」の違いを知っていますか?冷房とドライを上手に使えば、過ごしにくい季節も快適に過ごすことができます。そこで「冷房」と「ドライ」の違いについて調べてみました。

エアコンの気になる電気代と冷房効果、節電方法をお伝えします!

スポンサードリンク

エアコンの「冷房」と「ドライ」の違いは?

エアコンにはお部屋の空気を冷やすことが目的の「冷房」と、お部屋の湿度を下げる目的の「ドライ」という機能があります。

冷房の仕組み

お部屋の中の暑い空気をエアコンの中に取り込んで冷やし、冷えた空気を再びお部屋に戻します。

ドライの仕組み

お部屋の中のじめじめとした空気をエアコンの中に取り込んで湿気を取り除き、乾いた空気をお部屋に戻します。真夏や気温が高いときは「冷房」を使い、梅雨の時期や雨で湿気が多いときは「ドライ」機能を使いましょう。

冷房とドライ、電気代がかかるのはどっち?

電気代

冷房を使うとお部屋の温度下がり、ドライを使うと湿度が下がります。冷房もドライも体に感じる温度を下げてくれるので快適に過ごせるようになります。ではこの二つの機能、どちらのほうが電気代がかかるのでしょうか?

エアコンの電気代はお使いのエアコンのドライ機能によっても変わります。ドライ機能が「弱冷房除湿」だった場合は冷房よりも電気代が安く、「再熱除湿」だった場合は電気代が高くなります。

弱冷房除湿は湿度を取り除いた空気をそのままお部屋に戻すもので、冷房をつけたときと同じお部屋の温度になります。弱冷房除湿は使う電気の量が冷房よりも少ないので、冷房に比べて電気代がかかりません。

再熱除湿はいったん冷やして湿気を取り除いた空気を再び温めてからお部屋に戻すもので、温度が下がりすぎることを防いでくれます。空気を温めるときに電気を使うため、再熱除湿の場合は冷房よりも電気代が高くなります。

お使いのエアコンのドライ機能がどちらのタイプなのかは取扱説明書に書かれていますので確認してみてください。書いていない場合はメーカーに問い合わせてみると良いですよ!

スポンサードリンク

エアコンの冷房効果を高める方法

お部屋の温度を下げようと思ってエアコンの設定温度を下げても、太陽の光が家の中にたくさん入るとなかなか温度は下がりません。

遮光カーテンやブラインドを閉めてお部屋に太陽の光が差し込まないようにすると、冷房効果を高くすることが出来ます。

また、扇風機やサーキュレーターを使ってお部屋の空気をかき混ぜれば、下のほうにたまりやすい冷たい空気をお部屋の上にも送ることが出来るので冷房効果があがります。

エアコンの電気代を安くしたいときはどうする?

設定温度

エアコンの電気代を安く抑えたいときは「自動運転設定」にしましょう。自動運転設定にすれば、お部屋の温度を自動で察知するのでエアコンの運転時間を抑えることができます。

エアコンの電気代を抑えようと思ってこまめに電源を切っていると余計に電気代がかかります。

これはエアコンがお部屋の温度を設定温度まで下げるときに電気を使うからで、こまめに電源を切ってしまうとせっかく冷やしたおい部屋の温度が上がり、もう一度温度を下げるときにたくさん電気を使ってしまうからです。

でも自動運転設定にしておけばお部屋の温度を一気に下げ、そのあとは温度を一定に保ってくれます。

まとめ

エアコンの冷房とドライを上手に使い分けて使用すれば、効率的に温度を下げたりお部屋の湿気を取り除くことができます。自動運転設定にすれば、エアコンが自分でお部屋の空気の状態を判断して運転してくれるので経済的です。

暑いのに冷房を付けずに我慢していると熱中症になってしまう危険があります。温度が高いときは冷房を使って熱中症にならないように気を付けましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ