お風呂の追い炊きはガス代の節約になる?足し湯とどっちがお得?

お風呂

突然ですが、お風呂の追い炊きのガス代について考えたことはありますか?

いろいろと値上げが増えている昨今、ガス代もバカになりませんよね。節約のため、お湯を張り変えずに追い炊きを使っているご家庭も多いと思います。

ではこの追い炊きとは、ガス代の節約になるのでしょうか?節約の観点からいろいろとご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

追い炊き機能とは

追い炊きとは浴槽の水を設定した温度まで沸かす機能です。浴槽に張った水を一から沸かしたり、温度が下がった浴槽のお湯を温め直すときに使うことが多いと思います。これが一般的な追い炊き機能ですが、最近はさらに進化をしています。

「オートタイプ」と呼ばれるものは自動で設定温度を保ってくれるものです。常に設定温度を保つことでいつでも同じ温度のお湯に入ることができるので、家族がバラバラに入る時は便利ですよね。

そして「フルオートタイプ」といって、フルが追加されることによって、「足し湯」機能がプラスされます。これは浴槽のお湯が減った時に自動でお湯を足してくれるもので、お湯の量を気にする必要がありません。

常に温度とお湯の量が一定に保たれるという機能です。

追い炊きとお湯の入れ替えどっちがお得?

足し湯

お風呂といっても沸かし方に違いがあります。水を張ってから沸かすタイプと、給湯しながらお湯を溜めるタイプがあります。このふたつを比べた場合、ガス代が安いのは給湯タイプだと資源エネルギー庁のHPに記載されています。

水から追い炊き機能で沸かした時は、お湯が沸く時間もかかるので熱効率が悪くなり、完全に水の状態から追い炊きをするのは、不経済だといえます。

ただし、夏の暑い時は追い炊きで水から浴槽の水を沸かしても、給湯するのとそれほどガス代に変わりはないそうです。

スポンサードリンク

足し湯と追い炊きどっちが節約?

足し湯は給湯器で沸かしたお湯を継ぎ足して、設定温度までお湯を入れる方法です。残り湯を沸かし直す追い炊きとどちらが節約になるのでしょうか?

追い炊きの場合は湯船の水の温度に左右され、冷たいほど効率が悪くガス代もかかってしまいます。足し湯は水を沸かしてから浴槽に入れるので、お湯の温度と設定温度の差が少ないほどガスの消費がムダに多くなり、不経済だと言えます。

結論としては、浴槽の温度が高ければ追い炊きを、そして冷たければ足し湯が節約になりそうですね。また、追い炊き機能には保温機能がついた「オートタイプ」もあります。

決まった時間ごとに温度をチェックして、少ない燃焼で温度を一定に保つ機能なので、少ないガス代で温度を保つことができます。家族がバラバラにお風呂に入る時には節約になります。でもこれは全ての家庭に当てはまるものではありません。

家族構成、生活状況、そしてお風呂のシステムなどによって違ってきます。なんだ投げっぱなしじゃない!と怒るのはちょっと待ってくださいね。全体を通して言えることがあるので、参考にしてください。

  • 一人暮らしや、家族がだいたい同じ時間にお風呂に入れるのであればお湯を入れ直した方が節約になります。
  • 家族が多かったり、お風呂に入る時間がバラバラだと追い炊きの方が節約になります。
  • 夏場などお湯の温度がそれほど冷たくない場合は、浴槽のお湯が多ければ追い炊きを、浴槽のお湯が少なければ足し湯が節約になります。

ガス代の節約は家庭によって違い「これだ!」という正解がないので、ガス代が高いと感じていたら、お風呂の沸かし方を変えてみるのもいいかもしれませんね。

お風呂のガス代節約術

シャワー

最後にちょっとしたお風呂の節約術をご紹介します。

チリも積もれば山となる!

ガスの検針票を毎月保存しておいて、節約した方法をメモにとって比べてみると比較しやすいです。検診日からスタートしましょう!追い炊きの節約術は、まずはお風呂のふたをこまめに閉めることです。

お風呂のふたを閉めておくと、だいたい1日に6円くらい節約できるそうです。お風呂用の保温シートなども活用してください。

シャワーもバカになりません。シャワー1分のガス代、4〜5円くらいかかるそうです。シャワーの出しっ放しには気を付けましょうね。

まとめ

お風呂の追い炊きの時のガス代について、いろいろご紹介させていただきました。結論は家庭それぞれということになりましたが、一番の節約は一度お風呂を沸かしたら、追い炊き機能を使わないで家族みんなが順番にお風呂に入ることです。

でも、なかなかそうもいきませんよね。家族にも協力をしてもらって節約をしていきましょう!

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ