玉ねぎを長持ちさせる保存方法

玉ねぎ
一年通して食卓に上る頻度の高い玉ねぎ。買った後は使いきるまで新鮮でおいしい状態で保存させたいですよね。でも、夏の暑い時期や一度切ってからは本当に傷みが早いのが悩みの種です。

玉ねぎは正しい保管方法を実行すれば非常に長い期間保存可能なお野菜です。どのように工夫すると長持ちさせることができるのか、ご紹介します。

スポンサードリンク

玉ねぎの天敵は湿気

あまり知られていませんが、冷蔵庫の湿度は実は90%くらいあるのです。玉ねぎは湿気に弱いため冷蔵庫での保存は不向きです

ただし新玉ねぎは別!みずみずしさを保つために冷蔵庫へ保存しましょう。とはいえ、その水分含有量から、新玉ねぎの保存期限は1週間前後です。

また最近サラダなどによくつかわれるレッドオニオンは風味がいいのですが、冷蔵で3日~4日程度するとよい香りが損なわれてしまいます。
早めに使い切りましょう。

玉ねぎは密閉されるのが嫌い

さらに、玉ねぎは空気の逃げ場がない密集した場所に置いておくとすぐに質が悪くなり、柔らかくなってしまったり腐り始めます。また、リンゴと一緒にしておくとリンゴが発するエチレンガスの作用で玉ねぎの過度な成長が進みますので要注意です。

玉ねぎを長持ちさせる保存方法とは?

湿気と密閉が苦手な玉ねぎは、常温で、風通しが良く冷暗な場所を選び、なるべく重なりあったり密集させないように保存しましょう。5度程度の低温状態で保存できるならば、4~5カ月の保存が可能です。

4個~5個入り1パックの玉ねぎを保存したいとき

ネットに入った玉ねぎ
野菜ネットは非常に保存に適したものではあるのですが、使用後のストッキングを利用してみるのも手です。穴があいたり、伝線したりではけなくなってしまったストッキングをきれいに洗って玉ねぎを入れておくとよいでしょう。

このとき、太もも部分は広く口が開きすぎて使いにくいので、膝からつま先までの部分でカットしておきます。4個~5個程度入ったら、暗い場所にタテに吊るして保存します

段ボール箱などでたくさん家にある玉ねぎを保存したいとき

新聞紙など湿気を吸い取ってくれるものに玉ねぎを包んでおきましょう。また、入れ物も箱のままよりは通気性の良いカゴの中に入れておくとより保存がききます。

使う順番も一工夫。小ぶりな玉ねぎの方が長持ちするので、大きい玉ねぎから食べるのがおすすめです

スポンサードリンク

まるごとではなく下調理した状態で長期保存したいとき

冷凍保存
  1. 野菜炒めやスープなどの具として活用したいときはスライス切りして保存
  2. カレーや出汁を取るために使いたいときはみじん切りして炒めてから保存
  3. スープそのものとして楽しみたいときは刻んだ玉ねぎを電子レンジでチン、もしくは炒めてから水と一緒にミキサーに入れ、玉ねぎペーストにしてから保存

何にでも使える冷凍保存ですが、保存容器としてプラスチックを選んでしまうとニオイ移りしてしまいますので、密閉できるビニールやそれ専用の製氷皿などを活用しましょう。また、冷凍だとしても2~3カ月前後を上限として使い切るとよいです

調味料と一緒に漬け込む

・ワインビネガーに漬ける
みじん切りにしてワインビネガーに浸しておきます。サラダドレッシングなどの材料として加えてはいかがでしょう。
・玉ねぎに少量の塩を加える
みじん切りにして分量の2%の塩を加えて混ぜ冷蔵します。簡単な炒め物や揚げ物などに使ってみるとコクが出ておいしいですよ。

まとめ

常温での場合、冷蔵・冷凍の場合と、いろいろな玉ねぎの保存方法をご紹介しましたが、買ってきた後忘れないうちにすぐ保存処理を行う癖をつけておくといいですね。

保存した玉ねぎの方が、水分などが抜けて、甘みがどんどん強くなる傾向があります。長期保存をするとどうしても一番外側の皮は固くなりますが、その部分をスープなどに入れると美味しい出汁が出るんですよ。

賢く保存をして、玉ねぎのうまみを存分に生かしたお料理を楽しみましょうね!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ