日傘に寿命があった!?UVカット効果の期間は何年?

日傘をさす女性

紫外線によるシミやシワ対策として大活躍するのが日傘ですよね。夏になると日傘をさして歩いてる女性をよく見かけます。ところでこの日傘ですが、紫外線対策のUVカットの効果というのは、ずっとあるものなのでしょうか?

面倒な思いをして持ち歩く日傘に、もしUV効果がなくなっているとしたら大ショックです!日傘のUV効果の寿命とはどのくらいなのでしょうか?

スポンサードリンク

日傘のUV効果は寿命は何年?

最初に正解を答えちゃいます。

実は・・・

たったの2〜3年!

なのです。

ただし、日傘にも種類があり、少し値は張りますがUVカットの効果がある素材で作られたものは、紫外線吸収剤などを練りこんで作られているので効果は落ちません。

チタンやセラミック、カーボンといった紫外線を遮断する素材で作られている日傘も、半永久的に効果は持続します。またカーボンラミネート加工で特殊フィルムなどが貼ってある場合は、劣化しにくくUV効果も落ちにくいです。

『UPF』の表示がついたものは、紫外線対策の効果があると保証された材質を使っているという証なので、日傘を選ぶ時にはここにも注目してみましょう。効果がなくなるのはUVカット加工の日傘です。特に安い日傘は1年くらいしかもたないようです。

そうとは知らず長年同じUV加工の日傘を愛用している私は目の前が真っ暗です・・・。日焼けは防止できても紫外線はガンガン通ってたわけですね(泣)

寿命が来た日傘の見分け方とは

紫外線

残念ながらUV効果があるかないかは見た目で判断することはできません。効果が色などでわかる日傘が登場することを期待していますが・・・(笑)

UVカットの加工がされた日傘で、綿や麻などでできている日傘の場合は色あせしてきたら寿命だと思ってください。年数でいえばUVカット加工のもので、上手に使っても3年くらいが限界だと思っていた方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

UV効果がなくなるのはどうして?

UV加工されたものは、加工が落ちてしまうことでUV効果がなくなります。特に折りたたみの日傘は、使うたびに折りたたんだり広げたりと摩擦が生じます。どんどん効果が薄れてしまうんですね。

使用頻度が高かったり、雨傘として使う、洗うといったことが大きな原因になります。水に濡れたり洗剤を使ったりすることや、摩擦に弱いというのがUV加工の弱点です。どうしても汚れが気になるときは、クリーニングに出すことをおすすめします。

最近のクリーニング店はUVカット加工をしてくれるお店も増えているので、そういったお店を探してみてください。UVカット効果のある素材でできている日傘は、水洗いもOKです。色あせに注意してしっかり乾燥させておきましょう。

寿命が過ぎた日傘はどうする?

高かったお気に入りの日傘、UV効果がないからといって捨てるのも忍びないですよね。そんな時はスプレーを使いましょう。UVカットスプレーというものが販売されています。衣類などに使うものですが、日傘にスプレーしても同じ効果があります。

月に1度くらいスプレーすると紫外線カットの効果も上がり、色あせなどの防止にもなります。まんべんなくスプレーするのがポイントなので、裏も表もしっかりスプレーしてください。

ですが、スプレーをしても繊維の間から紫外線はやってくるので、元どおりというわけにはいかないようです。UV効果の効き目を気にしながら使うなんで面倒だわ! というあなたには「サンバリア100」の日傘をオススメします。

1万円以上するのもありますが、高いUVカット率はもちろんのこと、照り返しの反射も考慮した作り、それにデザインもかわいいものが多いのが人気の理由です。自分へのご褒美にいかがですか?

日傘の選び方

日傘

日傘には2つの大きな役目があります。遮光率とUVカット率ですが、最近は両方の効果があるものの方が多いようですね。遮光率〜%と表示されているものあるので、購入前に確認しましょう。

遮光率

直射日光を遮ることで、暑さを和らげたり日焼けを防止する効果があります。日陰が涼しいように、日傘も遮光率が高いと暑さを抑えることができます。色は白など淡い色が熱を反射しやすくなります。

素材はレースなどのものは通気性がよく、綿や麻は熱がこもりにくくなります。

UVカット率

紫外線をカットすることでシミやシワといった肌トラブルを防止します。黒い色は紫外線を吸収すると言われているので、黒などの濃い色がオススメです。紫外線は上からだけではなく、下のアスファルトに反射して襲いかかってもきます。

内側が淡い色だとそこで反射して、顔に直接紫外線を浴びることになってしまいます。内側こそ黒っぽい色を選んでください。生地も厚い方が紫外線のカット率が高くなります。

薄すぎると紫外線を通してしまうこともあるので、買うときは傘を広げてよ〜く見てから買うようにしましょう。

まとめ

UV効果に寿命があるなんて、日傘があれば紫外線対策はバッチリ!と思っていた私のような人にとっては、ガックリと肩を落としてしまう結果となりました。日傘は紫外線対策には欠かせないアイテムですが、紫外線は四方八方からやってきます。

日焼け止めのクリームなども使って、紫外線からお肌を守ってください。

▼関連記事

紫外線の照り返しによる日焼け対策!日傘は効果ある?

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ