紫外線の照り返しによる日焼け対策!日傘は効果ある?

日傘をさす女性

上から降り注ぐ紫外線には日焼け止めのクリームや日傘、帽子などで対策している方は多いと思います。ではアスファルトの照り返しに対する対策は何かしていますか?反射される紫外線に対しても対策は必要なのでしょうか。

照り返しに対する日傘の効果や、対策についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

紫外線の反射率は?

照り返しといっても、反射される紫外線の量は少なくなるんじゃないの?と疑問を抱いているあなたは大正解です!気象庁のHPに答えが掲載されていました。地表面の状態によって反射率は異なります。

  • 草や土:10%以下
  • アスファルト:10%
  • 水面:10〜20%
  • 砂浜:10〜25%

となっています。そして雪国の方、ごめんなさい!なんと新雪の場合は80%というとんでもない反射率となっていました。夏だけではなく、雪国では冬も紫外線対策が必要なんですね。

雪国に「雪焼け」という言葉があるのは、雪の反射で焼けるからなんですね。さて、アスファルトですが反射率はたったの10%、新雪に比べるとかなり低いですよね。ですがここで気をつけたいのが降り注ぐ紫外線の量です。

確かに新雪は80%の反射率ですが、冬の紫外線は少ないのが通常です。アスファルトの反射率が10%といっても、元々の紫外線の量は夏の方が断然多くなるので、やっぱり紫外線対策はしておいた方が良さそうです。

紫外線の照り返しに日傘は効果ある?ない?

直射日光

日傘は上からの紫外線に効果のあるものです。全方向からやってくる紫外線に対して、日傘で抑えられるのは40%くらいだそうです。ビルや建物のガラスなどに反射して、あちらこちらから紫外線は襲いかかってきます。

日傘の色による効果の違い

日傘の色によっても効果は違い、白い色は紫外線を反射、黒い色は吸収します。地面から照り返した紫外線は傘の内側にぶつかり、黒い色だと吸収してくれるので、再び体に跳ね返ることはありません。

気をつけたいのが白などの淡い色です。地面から反射された紫外線は傘の内側でまた反射され、自分の顔や体に降り注いでしまいます。日傘の場合は内側の生地の色にも注目してくださいね。

日傘の素材の違いによる効果の違い

では日傘の素材によって紫外線に対する効果に違いはあるのでしょうか?実はあるんですね。紫外線対策に効果が高い順番にいうと、透けていないポリエステル、麻、綿となります。生地は厚い方が効果が高くなります。

照り返しに対して生地は特に関係ありませんが、色は濃い色を選ぶのを忘れないでくださいね。

日傘のUVカットに関することは、こちらの記事もご覧ください。

日傘に寿命があった!?UVカット効果の期間は何年?

スポンサードリンク

紫外線の照り返しに効果的なのは?

紫外線は一年中降り注いでいますが、特に多くなるのが5月から8月にかけてです。時間でいうと、朝8時から午後4時くらいまでです。紫外線は日焼けの他にもシワやシミ、たるみといった肌老化を加速させるので、しっかり予防したいものです。

照り返しにも対応できるUV対策といえば、日焼け止めですね。四方八方からくる紫外線に対策できる頼もしいアイテムです。日焼け止めにはいろいろなタイプがあります。

クリームタイプ

最もメジャーといえますね。しっかり塗ることができて落ちにくいので、高い効果が期待できます。

乳液タイプ

伸ばしやすく塗りやすいので、顔以外の場所にも使えるのがメリットです。

化粧水タイプ

肌にやさしいのがメリットですが、落ちやすいので効果はそれほど期待できません。

ジェルタイプ

敏感肌の人には刺激が強いのでお勧めできませんが、塗った後はべたつかず伸びもいいのがメリットです。

パウダータイプ

塗るのが苦手な人にお勧めで、肌へのダメージも少ないのがメリットです。ただ落ちやすいので塗り直しが必要になります。

日焼け止め

スプレータイプ

塗りにくい場所にはスプレーがお勧めです。ムラができるのと落ちやすいのがデメリットです。

敏感肌の方やお肌への影響が気になるときは、無香料や無着色、オーガニックといったものが安心です。日焼け止め以外にも照り返しに対する対策グッズはいろいろあります。

UVカットアーマー

UVカットの加工がされたインナーを着ることで、腕や足などを紫外線からカバーすることができます。冷感タイプのものもあり、長袖でも暑苦しくありません。

UVカットスプレー

衣類用のスプレーがあります。日傘などにも使えるので、常備しておくと重宝します。

UVカットのフェイスカバーやネックカバー

目から下を全部覆うフェイスカバーや、顎から下を覆うネックカバーなどあります。またUVカットの洗えるマスクなどもあります。

UVカットのアームカバーやハンドカバー

半袖を着ていてもアームカバーなどを使うことで紫外線をカットできます。手の甲だけカバーしているもだと手のひらは自由に使えるので、シーンを選ばず着けることができます。

まとめ

照り返しによる紫外線対策に効果的な日傘は、内側が黒など色の濃いのものです。そしてUVカットクリームなどのアイテムも一緒に使うとより効果がアップします。肌が露出しているところは全てに紫外線対策をした方が安心ですよね。

ネックカバーやアームカバーなどを併用することで、かなり紫外線を防ぐことができます。紫外線は蓄積されていき、ある日シミやシワとなって現れるといわれています。お肌のためにもしっかり紫外線対策をしましょうね。

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ