紫外線サングラスの選び方!UVカットの寿命はどのくらい?

サングラス

夏の強い日差しから目を守るために使用するサングラスですが、最近では紫外線対策としても着用する人が増えていますね。紫外線対策として選ぶならどのようなサングラスがいいのか?今回はサングラスの選び方についてご紹介させていただきます。

低価格でありながらデザイン性の高いJINS(ジンズ)のサングラスにUV効果はあるのでしょうか?紫外線カットをメインに考えたときのサングラスの選び方について、まとめてみましたので参考にしてください。

スポンサードリンク

紫外線は目に悪影響があるのか?

本来、目は紫外線を防ぐ働きを持っているので、日常生活においてそれほど気にする必要はありません。ですが長時間紫外線を浴び続けると、目に良くない影響を与えてしまいます。

アウトドアのスポーツやレジャー、仕事などでも日中の多くの時間を日光の下で過ごす人にとっては、紫外線を防ぐサングラスは必須アイテムといえそうです。紫外線の影響で起こる可能性のある眼病には、このようなものがあります。

角膜炎

強い紫外線によって黒目の表面に炎症が起こり、痛みや充血などを起こします。「紫外線角膜炎」といいますが、紫外線の強い夏だけではなく、雪の反射によっても起こるので冬も注意が必要です。

白内障

多くの紫外線は角膜で吸収されるのですが、吸収されなかった紫外線は目の奥まで届き、長時間浴びることで水晶体のタンパク質を濁らせてしまいます。これが白内障で、失明の危険もある病気です。

黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)

黄斑とは目の一番奥、網膜の中心部にあります。この黄斑に異常が現れるもので、水晶体などでも防げなかった紫外線が酸化変性させることで起こります。長い年月をかけて起こるので、年齢とともに増える病気です。

翼状片(よくじょうへん)

紫外線によって白目と黒目の境界部分が傷つくことで起こるといわれています。眼精疲労や目が乾きやすくなったり、異物感などを感じるといった視力に異常が出ることもあります。

紫外線、甘くみてはいけないようですね。

紫外線カットのサングラス、選び方のポイントとは

紫外線

サングラスにおけるUVカットの表記には次のようなものがあります。

紫外線カット率

紫外線をカットできるパーセントです。数字が大きいほど紫外線をカットできるということになります。

紫外線透過率

紫外線カット率とは逆に、紫外線を通すパーセンテージをいいます。数字が少ないほうが紫外線を通さない、ということになります。紫外線透過率が0.1%となっている場合は、99%紫外線をカットするという意味です。

UV400

紫外線は種類がありそれぞれ波長が違います。UV-A、UV-B、UV-Cとあり、UV-Cが一番短く波長が280以下になります。波長が長いのがUV-Aで315〜400とされています。

ですのでUV400とはどんなに長い波長の紫外線も通しません!という意味です。

このような表記をしっかり確認して紫外線カットの高いものを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

サングラスのUVカット寿命はある?

サングラスのUVカットには、レンズにコーティング剤を塗ったものと、レンズの素材に紫外線吸収剤を練りこんである2種類があります。

コーティングされたものは、熱や摩擦などによってコーティングが剥がれるので、長くても効果があるのは5年くらいだといわれています。

特にレンズに傷がついていたりすると、そこから紫外線が容赦なく降り注いでくるので、傷がついたものは買い換えることをお勧めします。

そしてもうひとつの素材に紫外線吸収剤を練り込むものですが、残念ですがこちらも寿命は5年くらいといわれています。

吸収する効果には限界があるようで、UV効果については一部のメガネ販売店にあるUV測定器で測定してもらうという方法もあります。

紫外線対策でサングラスを選ぶとき色は関係ある?

なんとなく色が濃いほうが紫外線をカットできそうなイメージがありますが、色と紫外線は関係があるのでしょうか?ズバリ!紫外線と色は関係ありません!が、気をつけたいことがあります。暗いところでは瞳孔が開いてより多くの光を取り込もうとします。

色の濃いサングラスをかけると瞳孔が開いた状態になり、紫外線をカットできないサングラスだと紫外線をより多く取り込むことになってしまいます。

紫外線カットの効果が高いものは特に気にする必要はありませんが、紫外線対策としてはレンズの色が薄いほうが目に優しいといえます。

レンズが透明のものでも紫外線カットのメガネもあるので、サングラス自体に抵抗のある人は、UVカット効果のある伊達眼鏡をお勧めします。

サングラスの形は紫外線対策に関係ある?

サングラス種類

紫外線はサングラスと顔の隙間からも入ってきます。となると、大きいほうが効果が高いといえますね。スポーツ用などは顔との隙間が少なくなるように作られていますが、日常でスポーツ用のサングラスを着用するのは少し勇気がいります(笑)

顔からはみ出るようなサングラスも、たまにファッションとして着用している人もいますが、だいたいにして邪魔ですよね。紫外線対策は大切ですが、形についてはあまり気にしなくてもいいのではないでしょうか。

気にしすぎると防塵メガネのようなものしか使えなくなってしまいます(笑)

JINSのサングラスは紫外線対策してある?

リーズナブルでオシャレなJINSのサングラスを愛用している方も多いと思いますが、UVカットは大丈夫でしょうか?と、疑問に思ったのでJINSのHPを覗いてみました。

そこにはこのように記載されていました。

”眼鏡のレンズはUVカットも標準搭載です。目に有害な紫外線を99.9%以上カットします。”

なるほど!基本的にすべてのレンズに紫外線カットがされているんですね。JINSのサングラスであれば、デザインだけで選んでも大丈夫ということです。

まとめ

サングラスを選ぶ上でデザインはとても重要ですよね。似合う、似合わないもそうですが、気に入ったブランドやデザインが最優先になる方は多いと思います。

ですが紫外線から目を守ると考えると、デザインに紫外線カット効果もプラスして選ぶ必要があります。UV効果が5年と考えると、紫外線対策のUV効果の高いものをひとつと、ファッション性重視のサングラスを使い分けるといった使い方もあります。

夏の強い紫外線からできるだけ目は守ってあげてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ