水虫のかゆみを薬なしで治す方法

水虫

昔はおじさんの病気というイメージが強かった「水虫」ですが、最近は女性でも悩んでいる方が多くいます。

水虫を治すには皮膚科の薬で治療するのが一番ですが、忙しい時など、薬を塗り忘れたり、病院に行くのを後回しにしてしまうこともありますよね。そこで、薬なしで治す方法はないのかと思い、調べてみました。

スポンサードリンク

水虫とはどんな病気?

水虫とは、白癬菌と言う真菌が足の皮膚の角質層で増殖し起こるとても痒いのが特徴の病気です。白癬菌は角質層のケラチンという成分をエサに増殖していきます。

15℃以上、湿度70%以上で急激に増殖するので、靴を長時間履いていると、足が蒸れて水虫が増殖しやすくなります。

水虫がなかなか治らないのは?

足の指

角質層は皮膚の一番外側の層で、外からの刺激や侵入から身体を守ることはできますが、菌やウイルスをやっつける免疫機能を持っていません。

角質層はターンオーバーにより、外側から順に垢として剥がれ落ちますが、白癬菌は角質のターンオーバーのサイクルよりも早く内側の角質層に侵食します。

外側の角質層にいた菌が落ちても常に一定数の菌が角質層に残っているので、なかなか治らないのです。

スポンサードリンク

白癬菌は繁殖力が強い

白癬菌は繁殖力がとても強く、薬の付け忘れや飲み忘れがあると、あっという間に増えてしまいます。症状が無いと薬を忘れがちですが、白癬菌は素早く菌糸を角質層の奥へと伸ばし続けています。

薬を塗るのは、大抵お風呂上りだと思いますが、お風呂上りは髪を乾かしたりとすることが多く「薬を塗った後は足がベタベタするから、最後にしよう」と思っているうちに忘れてしまうことって多くないですか?

なので、薬を塗る以外で水虫に効く方法を紹介します。

お風呂で足を念入りに洗う

シャワー

何よりも足を清潔に保つことが大切です。角質層のターンオーバーを助ける効果的な足の洗い方を紹介します。必要なものは足洗い専用の垢すりタオル2枚と石鹸です。

タオルは安いもので十分なので、麻(麻混も可)のものを用意し、一日交替で使い、使わない日は完全に乾かして下さい。ナイロン系のタオルは皮膚を傷つけてしまうので避けましょう。

石鹸は何でもいいですが、殺菌作用のあるものだとさらに効果的です。タオルで石鹸を泡立てて、かかと、足の側面、土踏まず、指の付け根、足の指と言う風に部分ごとに、しっかりと5~6回こすります。

身体を洗う時より少し強めにするのがポイントですが強くこすり過ぎると皮膚が傷つくので注意してください。指の間はタオルを通し、交互に引っ張って5回ずつ洗いましょう。あとは、石鹸をきれいに流しておしまいです。

こうすると、ターンオーバーよりも少し早いスピードで角質を取り除けるので、菌の繁殖速度を抑えられます。菌の数が徐々に減ることで、乾燥や低温など繁殖に都合の悪い条件が整った時に水虫菌が死滅してくれることも期待できます。

完全に死滅しなくても、症状が出なくなることはよくあるようです。

足を低温乾燥する

それともう一つ、足を洗ったあとは、充分に乾かしましょう。ティッシュなどで水分をふき取っても良いですし、ドライヤーの冷風を当てるのもおすすめです。ポイントは汗をかかないよう、サラッと仕上げることです。

乾燥している間は菌の繁殖が遅くなり、菌の数が減るのです。夏場は足が蒸れないように素足で過ごす、冬は靴下をまめに取り替えるなどの工夫も有効です。

これは逆効果!してはいけないこと

患部がひび割れや血がにじむような状態の時は足を念入りに洗うと症状が悪化します。その時はお医者さんで診察を受けましょう。また、角質層が分厚いからと言って軽石やカミソリなどで削ったりするのはやめましょう。

角質の下の層を痛めてしまいますし、皮膚を小傷だらけにすると、白癬菌が増殖しやすくなります。

その他の水虫の民間療法

昔から水虫はさまざまな民間療法が試されてきました。有名なのは、お酢、にんにくなどを患部に塗るなどの方法です。

角質の薄い部分にある白癬菌には有効ですが、角質層の奥に入り込んでしまった白癬菌には、それらのエキスが届きにくいので、やはり角質のターンオーバーを早め、白癬菌が増殖しにくい環境にするのが一番有効と言えます。

まとめ

今まで、薬を塗り忘れて水虫が治らなかったという人は、ぜひ足を念入りに洗ってみてください。 白癬菌が繁殖しづらい環境を作ることで、水虫の治りがずっとよくなるはずです。水虫を撃退してきれいな足を目指しましょう!

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ