電気、水道、ガスの引越し手続き 立会いは必要?土日もできる?

引っ越し

就職や進学さらには転勤や結婚など、さまざまなキッカケで引越しをする機会があると思います。その時に必ずしないといけないのが電気、水道、ガスなどライフラインの使用停止と使用開始の手続きです。

今回はどこに申請をしたらいいのかなど、その手続きについてご紹介しますね。

スポンサードリンク

まず注意をしたい事(手続きのタイミング)

まず、注意をしたいのは「いつ、使用停止にするか」「いつ、使用できるようにするか」です。電気、水道、ガスのライフラインは引越しの当日までは使用しますし、引っ越した先でも自分が入居した時には使用できるようにしておくことがベストです。

タイミングを間違えると、新居に入ったけど電気や水道が開通していなくて使用できない、ということになりかねません。また、使用停止のタイミングが早すぎると当日が使用できなくて最後の掃除などが出来なかった、などということになります。

使用停止のタイミングは「引越した翌日」もしくは「掃除などが終わる予定時間」にしましょう。急な引っ越しでない限り、電気、ガス、水道ともに余裕を持って手続きをして、少なくても引越し予定日の1週間前までには手続きを終えるようにしましょうね。

電気に関しての手続き

電気

まずは電気の手続きの仕方から。

どこで申込みをするの?

電話でも手続きは出来ますが、平日の20時までなど制限があります。それよりはインターネットのほうが土日や休日も関係ないので便利ですし早いですね。

現在、使用している電気の停止手続きと引っ越した先での使用開始手続きが別々にできますし、また、停止と開始の申し込みを1度にすることもできます。

使用停止を申し込む時の必要項目は「契約者名」「契約番号」「契約している種別」が必要になります。ネットで申し込む場合も、電話で申し込む場合も手元に「電気使用量のお知らせ」や検針表を準備しておきましょう。全部、書いてありますよ。

立ち合いは必要?

今まで使用した分の支払いをその場でする場合や、電気会社が立ち合って欲しいと言ってこない限り、立ち合いは基本的に必要ありません。退去する時にブレーカーを落としていけばOKです。

※ただし、電気の場合は寒冷地など、凍結を防ぐ目的で通電をしないといけない場合もありますので、そういった地域に住んでいる人は停止の申し込みの際に必ず確認をしましょう。

また、電力会社での手続きをちゃんとしていれば、引越先ではブレーカーをあげれば電気は使えます。

今までは大手の決まった電力会社しか利用できませんでした。ですが、2016年4月から電気の自由化に伴い、電力会社を自分の生活スタイルに合わせて選べるようになりました。引越しを機会に見直してみるのもいいかもしれませんね。

比べてみよう!という方は以下のホームページを参考にしてみてください。

エネチェンジ電力比較サイト https://enechange.jp/try/input

ガス

水道に関しての手続き

次に水道の手続きに関してです。

どこで申込みをするの?

水道の使用停止や開始の手続きは、現在住んでいる市区町村の役所の水道課もしくは水道局に申請となります。申請方法は電話、FAXのほか、インターネットでもOKです。

自治体によっては土日も受け付けてくれますし、24時間電話応対をしてくれるところもあります。自分が住んでいる所と引越先の水道局のホームページをみて確認してください。

申込をする時は「水道使用量のお知らせ」もしくは領収書を準備してください。そこに書かれている「調定番号」または「お客様番号」が必要になります。水道の場合は市区町村の役所内でも手続きができるところが多いです。

使用停止(閉栓)も使用開始(開栓)も、住民票の異動などで役所に行った時に、ついでに手続きをしておくのも手間が省けるのでおススメです。

どこで手続きをしたらいいのか判らない場合は住民票の転入手続きの時に市民課で聞いてみるか、総合案内で聞いてみてください。

立ち合いは必要?

基本的に必要はありません。閉栓作業の時に日割り計算した料金を支払いたい、などという場合は集金の予約をしたうえで立ち合うことになります。引越しの申し込みをした時に確認をしておくと安心です。

引っ越した先でも立ち合う必要はありません。ただ、家のポストに投函されている「水道使用開始申込書」に必要事項を記入の上、提出をしましょう。また、水が出ない場合は慌てず、外にある元栓を確認してください。

スポンサードリンク

ガスに関しての手続き

最後にガスの手続きに関してです。引っ越した先でもガスを使用する場合は引っ越し先が都市ガスなのかプロパンガスなのかを確認しましょう。その違いによってはガスコンロやガス用ファンヒーターなど使用する器具を買い換えないといけない場合もあります。

どこで申込みをするの?

契約しているガス会社に電話、FAXもしくはインターネットで申し込みをします。申し込みの時に必要な「お客様番号」は領収書にも書いてありますが請求書にも書いてありますのでどちらかを用意してください。

プロパンガスは個人商店と契約している場合もあります。そういったお店ではインターネットでの対応をしていない場合もありますので、事前に確認が必要です。

大手などでは以前は土日の対応をしていない会社が多かったようですが最近は競争も激しくなってきているためか対応してくれる会社が増えてきています。

立ち合いは必要?

ガスは会社によっては立ち合いを求められる場合もあります。マンションなどの場合、退去時に問題がなかったかを証明する目的などもあって、器具や配管に異常がないかどうかを確認するためなのです。

それは使用停止の申し込みをした時に確認しておきましょう。

開栓は配管などからのガス漏れが無いかどうか、警報機が正常に作動するかどうか、ガスの種類(都市ガスもしくはプロパンガス)と使用している器具がちゃんと対応しているものか、などの数項目を目視で安全確認をするようになっているため必ず立ち合いが必要です。

立ち合いが必要なガスの開栓について

前述したように、ガスの開栓作業には必ず立ち合いが必要です。

会社によっては土日、休日は対応していない、平日でも作業員の対応時間が限られている、対応時間の終了時間が決まっている、など融通がきかないという地域もあります。

また、3月、4月は引越しの繁忙期でもあり、申請する時期によっては自分が思っている日や時間に来てもらえない、ということになってしまいます。

そういったことを避けるためにも引っ越し先でガスを使用する場合は、できるだけ早めに開栓希望日、時間をガス会社に伝えるようにしましょう。

まとめ

基本的にはきちんと手続きをしていればガス以外は引っ越した先でもすぐに使えます。電気はブレーカーをあげれば使えますし、水道は蛇口をひねる、もしくは元栓を開ければ水が出ます。

特に、電気は夜間の照明をはじめ、携帯の充電やパソコンの起動など今の私達の生活には欠かせないものになっています。使用停止も開始も今はネットで簡単に申請できます。

きちんと申請をしないと引越しした後も料金を加算されてしまうこと(大家さんが部屋のクリーニングをした時に使用した分など)もあります。引越しが近くなると、色々とやらなければならないことも増えてきます。

ライフラインは大切ですので余裕を持って手続きをしてくださいね。

▼関連記事

電気、水道、ガス代を滞納したらいつ止まる?払えないときの対処法は?

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ