書留と簡易書留の違い!出し方や受け取り方は?

郵便

書留と簡易書留には一体どんな違いがあるのでしょうか?なかなか分かりにくい部分ですよね。そこで今回は書留・簡易書留の違いを紹介していきます。また、書留の出し方・受け取り方についても一緒に解説していきます。

スポンサードリンク

そもそも書留とは?

書留というのは日本郵便が提供している郵便サービスの一つで、その役割は簡単に言えば「郵便物の差し出しから相手先への到着までを記録する」といったものです。

差し出しから相手先に届くまでが記録されるということは、こちらから確実に郵便を差し出しましたよ、という記録にもなります。

書留には二種類ある

郵便局

書留には2つの種類があります。それが今回この記事のタイトルにもなっている一般書留と簡易書留ですね。

この違いが知りたくて「書留 簡易書留 違い」とか「一般書留 簡易書留 違い」などのキーワード検索でこちらにたどり着いた方もいるかもしれません。

一般書留とは?

まず書留と言えば、ほとんどの場合はこちらが該当します。正式名称を一般書留、その他に普通書留、などと呼んだりもしますね。

この一般書留は引き受けから配達までのルートの中で「どこの郵便局から差し出され、どの郵便局や配送ルートを経由地として通り、どこの配達郵便局に到着し、そして郵便局から何時何分に配達が完了したか」が記録されます。

一般書留については万が一郵便物の破損、または紛失があった際にその被害額が10万円を上限として返ってきます。

もし10万円の保証で足りない場合は、21円の追加料金を支払うと5万円ずつ補償額が増えていき、最大で100万円まで保証されます。

簡易書留とは?

簡易書留は引き受けと配達のみが記録されます。また、一般書留に比べて料金が割安な分、万が一の場合の補償額も5万円までです。もし5万円以上の価値のあるものを簡易書留で送りたい、という場合は一般書留を利用します。

スポンサードリンク

書類の出し方

結論から言うと、実は一般書留も簡易書留も、郵便物の出し方自体に大きな違いはありません。

一般書留、簡易書留いずれの場合も差し出しをする場合には郵送物を封筒に入れ、通常郵便と同じように相手先、そしてこちらの郵便番号、住所、名前などを記入します。

その後は郵便局の窓口へ出向き「一般書留でお願いします」、もしくは「簡易書留でお願いします」でOKです。なお、料金は通常の郵便料金に書留料金を加算して支払います。

一般書留は+430円、簡易書留の場合は基本料金+310円が書留の料金となりますので覚えておきましょう。一般的には、その場で送料と書留料金を現金で支払います。

書類の受け取り方

郵便配達

そんな書留書類の受け取り方ですが、ほとんど宅配便の受け取りと変わりません。配達員が来たらサインかハンコで受取完了です。

また一部クレジットカードや銀行のキャッシュカードの交付などでは、一般書留や簡易書留に更にプラスして本人限定受取郵便というサービスを利用した書類が送付されてくることもあります。

こういった場合には一般書留であれ簡易書留であれ、宛名の本人が身分証明書を提示した上でなければその郵便物を受け取ることはできないようになっています。

この場合は配達員が来るのを待つか、こちらから身分証明書を持って荷物を預かっている郵便局まで出向く必要があります。

まとめ

書留郵便には書留と簡易書留の二種類があります。一般は詳しい追跡と、万が一の場合は最大100万円まで実損額を補償してもらえるのに対し、簡易は一般より割安な代わりに追跡は簡易的で補償も5万円までとなります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ