安眠できる寝室のインテリアの選び方!おすすめのカラーはこれ!

寝室のインテリア

「夜は、ぐっすり眠って明日の英気を養いたい」そんな人におすすめの安眠に効果的な寝室インテリアの選び方を紹介します。お気に入りのものに囲まれて、リラックスできる空間を作れば、ゆったり眠れて、疲れも癒されますよ。

スポンサードリンク

エコロジーカラー×ナチュラルカラーで落ち着いた雰囲気に

寝る前に見た色は、安眠に大きく影響します。寝室インテリアにはリラックス効果の高いエコロジーカラーやナチュラルカラーがおすすめです。

エコロジーカラー

森林、海、山、土、砂などの自然をイメージさせる色のことで、茶系、緑系、青系などの色です。インテリアでよく使われる色としては、茶系統の木目調やベージュ、緑系のカーキ、青系統の紺色などが落ち着いた色味でコーディネートしやすい色です。

特に、青系・緑系の色は「副交感神経が優位になる」色で、安眠効果が高いので、寝室のインテリアにはぴったりです。

ナチュラルカラー

同じ白でも、真っ白ではなく生成りやオフホワイトなどの洗いざらしの布や白木の自然素材の色のことです。やわらかさや温もりを感じる色味が特徴です。

興奮する色は使わないようにしましょう

寝室には不向きな色もあります。赤やオレンジなどは、交感神経が優位になり、脳や筋肉を興奮させてしまいます。赤系色は安眠を阻害し、眠りが浅くなる可能性があるので、寝室では使わない方が無難です。

手軽に色を取り入れる

枕カバーや、シーツ、布団カバーなどは、洗い替えが必要なこともあり、気軽に色を取り入れやすいアイテムです。視界に入るところにリラックス効果の高い色のアイテムを置くことで、安眠しやすい環境になります。

余裕があれば、ラグやカーテンなどの大物も安眠効果のある色に変えれば、より高い効果が期待できます。また、観葉植物を置いて緑を足すのもおすすめです。

観葉植物には、色の効果だけでなく、空気清浄効果やマイナスイオン効果もあります。植物の世話が億劫でなければ、ぜひおすすめしたいアイテムです。

安眠に効果的な間接照明

間接照明

朝はしっかりと光を浴びることが大切ですが、夜は強い光を浴びてしまうと脳が活性化し、寝つきが悪くなります。フロアライトやライトスタンドの間接照明を利用し、寝室ではやわらかい光で過ごしましょう。

LEDキャンドルは火の心配がなく、安心して枕元にも置いておけます。キャンドルのようなほんのりした光に自然とリラックスし、入眠モードへと切り替わります。

スポンサードリンク

カーテンは厚手のものがおすすめ

薄手のカーテンだと、夜でも外の光が入ってきやすいので、脳を刺激し寝つきを悪くしてしまいます。夜に外の光をしっかり遮断できる厚手のものがおすすめです。

遮光カーテンは、朝日も遮ってしまい、睡眠サイクルが崩れる可能性があるので、使うときは注意しましょう。

シンプルなインテリアを心がける

いろいろなものが雑然と置かれている寝室では、視界にさまざまな情報が飛び込んできてしまい、雑念が取れず、脳がなかなか休まりません。ベッドや布団に寝転がった時に、すっきりとした視野になるように整理整頓を心がけましょう。

鏡に気をつけよう

寝室の鏡

意外と盲点なのが、寝室の鏡です。鏡が見える位置にあると、光が反射したり、影が動いたりして、刺激になることがあります。眠るときは、鏡にカバーをかけるのか、視界に入らない場所に置いておくのがおすすめです。

まとめ

目に優しい落ち着いた色は、ほっとする部屋をつくるのに大きな役割があります。組み合わせやすい色ばかりなので、お気に入りのアイテムを揃えて、自分だけのリラックス空間をコーディネートしてください。

ちょっとした工夫で過ごしやすい空間を作ることができるので、リフレッシュしたいときなどに、模様替えをするのもおすすめです。お気に入りの寝室ができたら、今までよりもずっと眠る時間が楽しみになりますよ。

※こちらの記事では睡眠でお悩みの方のための対処法をまとめてご紹介しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ