空腹時にお腹がグーッと鳴るのを止める方法!

会議

会議中などの静かで大事な場面、いきなり「グーッ!」と鳴るお腹の音。集まる視線!あなたもお腹の音で恥ずかしい思いをしたことが一度はあるのではないでしょうか。

できることなら、重要な場面で鳴らないような工夫がしたいところですよね。今回はお腹が鳴るのを止める方法をご紹介します。

スポンサードリンク

お腹が鳴る原因

お腹が鳴る原因は、空腹時の胃の収縮運動や、食後の消化時、空気を飲みこむ癖(呑気症:どんきしょう)がある、胃腸にガスがたまりやすいなど様々です。また、胃腸炎などの病気が隠れていることもあります。

お腹が鳴るのを止める方法

空腹

では、お腹が鳴るのを止める方法はあるのでしょうか?止められるものなら止めたい!というのが本音ですよね。お腹の音は普段のちょっとした工夫で予防することができるのです。

姿勢をよくする

背中が丸まって前傾姿勢になっていると、胃が圧迫されてガスを腸へ押し込み、お腹が鳴る原因となってしまいます。背すじを正して胃への圧迫を少なくしましょう。

呼吸法

背すじをのばして深く呼吸をすることによって胃の収縮運動を一時的に止めることができます。鳴るかもしれない、といった予兆を感じたら深呼吸してみるとよいでしょう。

ツボ押し

合谷(ごうこく)と呼ばれる、親指と人差し指のあいだの水かきのところにあるツボは、お腹が鳴るのを止めるツボです。強めに押して刺激してみてください。

緊急時には糖分

やばいな、鳴りそうだなと感じた時には、飴やチョコレートなどの糖分をとって血糖値をあげましょう。胃腸の運動が活発になるのは、血糖値が下がったときなのです。その仕組みを逆手にとって生まれたのがこの手法です。

スポンサードリンク

食事で気を付けておきたいこと

噛むことの重要性

食事はゆっくりと、よく噛んで食べましょう。早食いは空気を飲みこむこととなるばかりか、よく噛まなかった食事が胃で消化不良を起こしてお腹が鳴る原因となってしまいます。

食事中の水分摂取

食事中に水分をとりすぎると胃液が薄まり、これも消化不良の原因となります。

炭酸飲料

炭酸飲料を飲み過ぎるとお腹にガスが溜まり、お腹が鳴る原因になってしまいます。飲み過ぎないように、飲む際は、がぶがぶ飲むのでなく少量ずつ口に含むのがよいです。

刺激物を控える

カフェインや辛いものなどの刺激物は胃の働きを乱す原因になります。胃の働きが乱れると、胃腸にガスがたまりやすい環境となってしまい、結果的にお腹が鳴るのです。

普段からコーヒーを愛飲している人などで、お腹がよく鳴るなあと感じる方は少し控えてみるとよいかもしれません。

事前に予防!低GI値の食事法

低GI値

お腹が鳴るのを直前に止めるのもいいですが、事前に予防をしていれば、いつお腹が鳴るのか?といった心配もなく、精神的な余裕も出てきます。

事前の予防法として、朝食や昼食に低GI値のものを摂取するという方法があります。

GI値とは

GI値とは、炭水化物が身体の中で分解されて糖分に変わるスピードを現した値のことで、その値が低ければ低いほどそのスピードはゆるやかになると言われています。

朝食や昼食に低GI値食品

低GI値のものを食べることによって、血糖値の急上昇が抑えられ、腹持ちも良いので、お腹が鳴るのを防いでくれます。ここぞという日の朝やお昼に低GI値のものを摂取して事前予防しておくとよいでしょう。

低GI値の食品例

  • 玄米
  • ライ麦パン
  • オートミール
  • そば
  • さつまいも
  • レンコン
  • えのき
  • しいたけ
  • ほうれん草
  • バナナ
  • ぶどう

気を付けること

低GI値の食品をとるときに気を付けたいのが、胃腸が弱っているときにとりすぎるとお腹を壊す原因となってしまうことです。これでは、グルグルとお腹が鳴ることにもなりかねません。

もし調子が悪いなと思ったときには無理せず、軽い食事を心がけましょう。

ストレスとお腹が鳴ることの関係

私たちの身体は、自律神経が乱れるとお腹が鳴るという仕組みがあります。睡眠不足や日々のストレスから来る自律神経の乱れは自覚しづらいものでもありますので、普段から運動をしてリフレッシュするなど生活習慣にも気を付けるとよいでしょう。

呑気症もストレスからくるものが多いと言われています。

まとめ

お腹が鳴るのを止める方法、いかがでしたか?普段の生活のちょっとした習慣を工夫するだけでも多くの対処法があることが分かりました。これから遭遇するであろう重要な場面でぜひ活用してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ