アルミホイルの裏表の違いと正しい使い方

アルミホイル

アルミホイルを使おうとした時に、「これって裏表あるの?どっちを下にした方がいいの?」と疑問に感じたことはありませんか?アルミホイルをよく見てみると、面によって少し違って見えますよね。

どちらの面が表なの?使い方に違いがあるの?など、アルミホイルの裏表の違いや正しい使い方についてご紹介します。

スポンサードリンク

アルミホイルに裏表はあるの?

結論から言うと、アルミホイルに裏表はありません。一見、光沢があってツルツルしている面と少し曇って光沢のない面があるので、裏表があるように見えますよね。この違いは裏表の違いではなく、アルミホイルを作る過程によるものです。

アルミホイルは圧延機のロールで引き伸ばして作られるのですが、薄く伸ばすのにも限界があるため2枚重ねて伸ばされます。伸ばされた後に1枚ずつに剥がされたものがアルミホイルとなります。

この時にロールに接していた方がアルミホイルのツルツルした光沢のある面、もう1枚のアルミとくっ付いていて剥がされた方が少し曇っている面となるのです。

このように、アルミホイルを作るなかで自然と違いが出来ただけで、裏表を分けるためではありません。

アルミホイルの使い方

ホイル焼き

アルミホイルには裏表がないので、基本的にどちらの面を使っても違いはありません。しかし、調理器具によっては光沢のある面を使った方が良い場合があります。

フライパンにアルミホイルを敷いて使う時には、光沢のある面でも光沢の無い面でも熱の伝わる量は変わらないため、どちらを使っても特に違いはありません。

しかし、オーブンやオーブントースターでアルミホイルを使用するときには光沢のある面を内側にして使った方が良いと言われています。それは、光沢のある面を内側にすることによって熱の反射率が上がり、熱を通しやすくするからです。

また、光沢のない面は少しデコボコしており、表面積が光沢のある面より多くなっています。その為食材にくっついたりアルミが溶けだしてしまう可能性が光沢面より高く、光沢の無い面を外側にした方が良いとされています。

ただ、この違いはほとんど気にすることはなく、どちらの面を使ったとしても問題はありません。なので、ホイル焼きなど見栄えを良くしたいときには、光沢のある面を外側にして使っても良いですね。

スポンサードリンク

アルミホイルの意外な活用術

普段はオーブンやオーブントースターで食材を焼く時に包んだり、フライパンに敷いたりして使いますが、その他にも色々な使い方があります。最後に、知っておくと便利なアルミホイルの活用術をご紹介します。

急速冷凍

お肉や魚などの食材をサランラップに包んで冷凍保存することがあると思います。その時に、サランラップの上からさらにアルミホイルで包んで冷凍庫へ入れると、冷気が伝わりやすくなり短時間で急速に冷凍することが出来ます。

排水口の掃除

アルミホイルを軽く丸めて1~2cmぐらいの大きさにした玉を3~4個作って、シンクの排水口のゴミ取り部分に入れてみてください。アルミには雑菌が増えるのを抑える効果があるので、ぬめりや嫌な臭いを抑えることが出来ます。

アルミホイルは使用済みのものを使っても構いません。

ハサミや包丁の切れ味を復活させる

アルミホイルを数枚重ねてハサミや包丁といった刃物で10回ほど切ると、切れ味が戻ります。研石が無くても出来るので楽ですよね。

まとめ

今回は、アルミホイルの裏表や使い方を中心にご紹介しました。光沢のある面と無い面の違いが出来た理由は意外と単純で、使う上でも特に違いは無いことが分かりましたね。

また、アルミホイルは調理以外にも役に立つ便利なアイテムです。アルミホイルの意外な点が知れたのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ