リュックの長くて余った紐をキレイにまとめる方法

リュックの余った紐

リュックを背負っている時に、「紐が長すぎて邪魔!なんとかしたい!」と思ったことはありませんか?ブラブラとしていてなにかと邪魔になりますし、汚したりしないかも心配になりますよね。

また、お子さんがいる方は何かに紐が巻き込まれて怪我や事故に繋がるのではないかと心配になることもあるのではないでしょうか。今回は、そんなリュックの余った紐のまとめ方についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

リュックの余った紐をまとめる方法

リュックの紐が気になる時に、紐の余った部分を切ったり、輪ゴムで止めるという人もいます。しかし、切ってしまっては長さを変えたい時に逆に長さが足りなくて困ってしまったり、輪ゴムでまとめるのも見た目がちょっとダサくなりますよね。

そんな時に便利なグッズが販売されているのはご存知でしょうか。いくつかオススメのアイテムをピックアップしてみました。

WEB DOMINATOR ウェブドミネーター

WEB DOMINATOR

ウェブドミネーターは、長すぎて余っている紐をたたんで収納するのはもちろんのこと、リュックの外側部分に小物を固定する時にも役立つアイテムです。Amazonでも簡単に購入することが出来るので嬉しいですよね。

ウェブドミネーターが4個入って788円になります。カラーバリエーションもブラック系だけではなく、グリーン系やブラウン系もあるので、リュックにあわせて色を選ぶことが出来ますよ。

使い方はとても簡単で、紐の余った部分をウェブドミネーターの本体部分に巻き付けて、ゴムで止めるだけなので、誰でも楽にリュックの紐をまとめることが出来ます。

また、ウェブドミネーターはリュックの紐をまとめるだけではなく、ケーブルやアンテナの固定などにも使えますので、買っておくと何かと便利です。

テープクリップ

モンベル(mont-bell)から販売されているクリップです。カラーバリエーションはブラックのみとなりますが、20mm・25mm・30mm・38mmとサイズの種類は豊富にあります。

使い方は、余っているベルトと余っていないベルトをクリップで止めるようにして装着するだけと簡単ですが、クリップをはめるのに少しだけ力が必要です。リュックだけではなくウエストバッグにも使えますよ。

ワンタッチバンド

100円均一ショップ「ダイソー」で販売されている便利グッズです。ワンタッチバンドは、本来は長いコードやケーブルをまとめるために使用される商品ですが、自由に好きな長さにカットして使えるため、リュックの紐をまとめる時にも役立つアイテムです。

マジックテープでできており、余っているベルトの部分をクルクル巻き上げて輪の中にバンドを通して包むだけと誰でも簡単に使用できます。見た目もスッキリして見えますよ。

スポンサードリンク

からまないゴム

からまないゴム

100均や薬局、コンビニなどで売られている、髪の毛を束ねる時に使用する小さいゴムです。からまないゴムであれば、買わなくても既に手元にある方もいるのではないでしょうか。

このゴムを使えば、輪ゴムを使って紐をまとめるよりも目立たないですし、見た目も良いですよね。ただ、ゴムが切れてしまう恐れがあるので、1本だけでまとめるのではなく何本かまとめて使用することをオススメします。

余った紐を切る(おすすめ)

これまで紹介したような便利グッズを使わずに、余った紐をまとめる方法はズバリ『余った紐を切る』です。余分な長さだけを切り、先端が毛羽立たないように火であぶって完成です。

あぶっても紐が燃えだすことはないのですが、十分に気をつけてくださいね。

まとめ

今回は、リュックの余った紐のまとめ方についてご紹介しました。リュックから垂れる余った紐をまとめるだけで、気になってイライラしなくなりますし、見た目もスッキリしますよね。簡単に出来る方法ばかりなので是非試してみてくださいね。

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ