白湯の正しい作り方と効果的な飲み方

白湯

インド発祥の伝統医学「アーユルベーダ」で、「白湯」は、正しい飲み方で飲むことで、健康になることが出来る、魔法の飲み物とされているのをご存知ですか?今、白湯を飲むことが注目されています。

たかが白湯とあなどるなかれ!様々な健康効果が期待できるのです。白湯を効果的に飲んで、ご自分の体を健康に導いていきましょう。

スポンサードリンク

効果が出る白湯の正しい作り方

体を温め、内臓機能の働きを良くし、解毒作用のある「白湯」。ここで、白湯の正しい作り方と飲み方を確認していきましょう。

白湯の正しい作り方

  1. ヤカンに水を入れる
  2. 火にかけ10分間煮沸
  3. 50℃ほどに冷ましたものを飲む

水について

ここでいう「水」とは、煮沸によりカルキを抜くので、水道水でもOKです。ミネラルウォーターを使用すれば、各種ミネラルを補給出来るので、さらに効果が高まるでしょう。

ミネラルは、ビタミンと違い、煮沸しても成分が分解してしまうことはありません。お気に入りのミネラルウォーターがあれば、試してみて下さい。

煮沸について

暑い国、インド。アーユルベーダは、インドに約4000年前から伝わる伝統医学です。4000年前のインドとは、日本は気温も湿度も水質も違います。衛生状態も日本とは大分違います。

煮沸に関しては、正式には10分ほどとされていますが、日本の衛生環境で考えると、心配される菌の煮沸の時間は、違ってくるかもしれません。

※参考までに、相乗効果として、鉄製のヤカンを使用して白湯を作れば、女性の体に不足しがちな鉄分が補給出来ます。その際には、10分の煮沸がさらに有効になるでしょう。

適当な温度

正しい白湯とは、水を煮沸してから、適度な温度まで冷ますのが基本です。煮沸して出来上がった白湯を、自然に放置して、50℃ぐらいになるまで冷まします。

効果的な飲み方

ケトル

1回に飲む量は、100ml~150mlで、全体で一日に飲む量は1リットル以内に納めましょう。水分の取りすぎは、体に必要なビタミンやミネラルを、尿と共に排出してしまう恐れがあります。

沸騰してから火を止めて、50℃くらい(ちょうど飲んで心地よい温度)まで冷まし、すする様に、少しずつ飲んでいきます。飲む時間帯は、まず、朝起きてからすぐに飲みます。白湯を飲むことで内臓を温め、体を目覚めさせていきます。

内臓を温めることで、消化吸収の働きのための準備をすることが出来るのです。

体調管理の目安

白湯を飲んだ時に美味しく感じるのは、体が良い状態の時。反対にまずく感じるのは、調子が悪い時とされています。飲みながら、今日の自分の体をチェックすると良いですね。日中は、のどを潤すように、回数を分けて飲んでみて下さい。

夜の時間帯は、体も眠るための準備に入っています。寝る前には、少量を口に含むようにすると良いでしょう。

注意すること

夜、寝る前にたくさんの量の水分をとってしまうと、利尿作用により、トイレが近くなってしまうことがあります。それによって、睡眠不足になってしまったら、本末転倒です。1日の終わりに飲む量は少量にしましょう。

スポンサードリンク

簡易的な方法

白湯を飲むことで、体質の改善も目指していけます。白湯は、長期的に続けることをおススメします。

1回ずつ100ml~150mlの白湯を作って冷まして飲むのが基本ですが、毎回の手間が面倒なもの。続けるためには、なるべく簡単な方法が続けやすいものですね。簡単な方法もあげてみます。

簡単に続けるための方法

  • マグカップに水道水150mlを入れ、電子レンジで温めて放置した物を飲む。
  • あらかじめ、ヤカンに1リットルほどの白湯を作り、ポットに入れて小分けして飲む。

まとめ

毎朝、ヤカンに水を入れて1杯の白湯を飲むことを習慣にすれば、ご自分の体調管理に役立ちます。ゆっくり白湯を飲みながら、その日のご自分の体の状態を、チェックしてみて下さい。まずは、ご自分の体の声を聞いてみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ