蛍光灯がつかない原因や交換前のチェックポイント

蛍光灯

電気をつけようとしたら「あれ?蛍光灯がきれてる?!」なんてことありませんか?昨日まではついていたはずの蛍光灯が急につかなくなってしまったとき、電気がつかなくてどうしよう…と困ってしまいますよね。

そんなとき、本当にもう蛍光灯を交換するべきなのか確認するといいポイントがいくつかあります。今回は、蛍光灯がつかないときのチェックポイントをご紹介しましょう。もしかしたら、蛍光灯以外に原因があるかもしれません。

スポンサードリンク

蛍光灯がつかなくなる原因は?

そもそも蛍光灯がつかなくなる原因として何が挙げられるのでしょうか。

蛍光灯の寿命

蛍光灯がつかなくなると、ほとんどの方が寿命かな?とまずは考えると思います。蛍光灯の寿命は約2~4年程だと言われており、電気のスイッチを入れたり消したりを繰り返すとさらに短くなります。

一般的に、1回蛍光灯をつけるだけで1時間も寿命が短くなると言われています。

点灯管の寿命

点灯管とは、別名「グロー球」と呼ばれる、照明器具についている豆電球のような器具のことです。この点灯管が古くなると、定期的な放電が出来なくなり、電気がつかなくなります。

照明器具の故障

照明器具を長く使うと、配線コードを保護しているゴム素材が劣化し、電気が逃げてつかなくなります。ゴム素材の劣化はショートや漏電の原因にもなるので注意が必要です。

蛍光灯の初期不良

まれに新たに買ってきた蛍光灯がつかない場合もあります。その際には蛍光灯そのものが不良品である可能性があります。事情を話せば返品も可能なのでお店に確認してみて下さい。

蛍光灯がつかないときのチェックポイント

スイッチ

では、蛍光灯がつかないときはまず何を確認すれば良いのでしょうか。

蛍光灯がきれているか確認する

蛍光灯の両端部分が黒っぽくなったり、蛍光灯を振って音がする場合はほぼ間違いなく寿命です。その他にも、蛍光灯をつけた時にチカチカ点滅している場合も寿命の可能性が高いです。

点滅している状態のまま使用すると、通常よりも電気代が高くなるため、点滅し始めたら蛍光灯を交換するようにしましょう。

照明器具が壊れていないか確認する

照明器具の寿命は約10年と言われています。同じ照明器具を10年以上使っている場合はゴム素材の部分が劣化していないか確認をしましょう。この場合は、蛍光灯ではなく照明器具ごと交換をする必要があります。

蛍光灯の接触が悪くないか確認する

蛍光灯がつかなくなる原因として1番多いのが蛍光灯の接触不良です。蛍光灯をひねって回すか、もしくは押し込むことによって解消されるので、一度試してみてください。また、一度蛍光灯を外して再度はめ直してみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

これら以外に考えられることは?

チェックポイントのどれにも当てはまらない場合は、安定器の故障が考えられます。安定器とは、別名「バラスト」とも言われる、放電を安定させるための装置です。また、蛍光灯の点灯を助ける役割もあります。

安定器の寿命は約10年程度とされており、故障した場合は業者へ交換を依頼するようにしてください。もしくは、安定器の型番によってはホームセンターでも入手することが出来ます。

しかし、作業をするには電気工事士の資格か、資格のある人に見てもらう必要があり、さらに業者に依頼した場合は1.5~2万円程度の費用がかかるので、新しく蛍光灯を購入した方が安く済むでしょう。

まとめ

今回は蛍光灯を交換する前のチェックポイントについてご紹介しました。電気がつかなくなった場合、本当に蛍光灯の交換が必要なのか、それとも別の部品の交換が必要なのか、はたまた業者にお願いするべきなのか、しっかりと確認をしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ